遺跡の島 (モルビアン湾 ブルターニュ)

Morbihan湾 ガヴリニ島 エルランニック島 Gavrinis Er Lannic

前回のカルナック巨石群(ブルターニュ)の旅の続きです。
カルナックから車で30分のモルビアン湾(Morbihan)でまたまた遺跡を探します。
湾内には大小の島がたくさんあるのですが、上の写真は古墳のあるガヴリニ島から環状のメンヒルのあるエルランニック島を眺めた写真。ともに無人島です。
(メンヒルについての説明は 先史時代の巨石文化 メンヒルの里、過去記事です。)

Morbihan湾 湾内 カラフルなボートたち

モルビアン湾、穏やかな海でのマリンスポーツも盛ん、ヴァカンス地としても人気です。そしてブルターニュには古代巨石文化の遺跡、6000のメンヒルと1000のドルメンが現存しており、遺跡巡りも楽しい地でありまして、
(ドルメンについての説明は ご近所のドルメン 巨石墓遺跡、過去記事です。)

Morbihan湾 船で各島へ行く

この日は一番楽しみにしていたガヴリニ島の古墳 (Cairn de Gavrinis)へ向かうことに。
湾内の港からすぐそこ、中央に見える小島がガヴリニ島であります。迎えの船がやってきました、さて乗り込みます。(ガイドツアーのみ、一時間半。)

ガヴリニ島 湾内の潮の流れ Gavrinis

あっという間についてしまいました、小高い丘ひとつといった風情の小島です。

ガヴリニ古墳 Cairn de Gavrinis

入口の小屋のロッカーに手荷物を全部預け、これは遺跡を傷つけないためなのですが、カメラももちろんダメ、しかし携帯電話だけはOKと。
島の中央、ガヴリニ古墳全容です。建設は紀元前3500年前、エジプトのピラミッドよりも古いです。同時代の他の古墳と同じく特権階級のお墓でありました。
右側の小石による「覆い」のみ後世に修復されまして、後部の盛りはオリジナルです。

ガヴリニ島 ガヴリニ古墳 ガイドさん

前面、そして入口、そして我らのガイドさん。

さて入口から入ります。写真は撮れませんでしたので、モルビアンTourist officeから画像をお借りしました。
奥行きは14m、23枚の壁の石、9枚のテーブル状の石が天井を覆っています。(石の部分がドルメンというわけです。)このドルメンの特徴はご覧の通りの繊細な紋様が彫り込まれていること。(石、超固いですよ、)
冬至の日にはこの入口から太陽の光がまっすぐに奥まで差し込みます。太陽信仰ですね。

指の指紋のような、、あと明確に形状の解るデッサンが3つありました、斧、蛇、弓。
けっこう戦闘的、権力的なイメージです。
こちらの画像はカルナックTourist officeからお借りしました。

こちらでガイドさんから興味深いお話が・・
ドルメンもメンヒルも今から解明できることはもうない、と思われていたのですが、科学の更なる発達により再調査が進んでいるとのこと。それはデジタル技術によるもの、石に彫り込まれたデッサンを細密にデジタル画像(3D)に残し解析中、デッサンを彫り込んだ人が右利き左利き? 筆跡の僅かな違いから何人の職人がいたのか? さらに謎の線描が何のイメージを模したものなのか?(グーグル画像検索の最上位仕様・・?)、こういったことがおそらく解りそう、もう少しお待ちください、ということです。楽しみです。

ガブリニ島より エルランニック島を眺める 

満潮時、右より外湾から激しい潮の流れが入ります、それに逆らって多数のボートが果敢に挑戦しますが全然進めない・・。ゆえこの向かいのエルランニック(Er Lannic)島にはアクセスが大変難しく。こちらの島には環状と半円状のメンヒルが残されています。
行きたいんですけど・・
この古代遺跡が造られた当時この湾は陸地で、島々は丘であったということです。

エルランニック島 満潮に沈むメンヒル Er Lannic

船上で去り際に向いのエルランニック島(Er Lannic)を望遠レンズで。
左側に見える列石は、満潮の流れに沈みゆくメンヒルです。

ベルデ島 干潮時 潮の流れ Berder island

こちらも湾内のベルデ島 (Île Berder)、 個人所有の島ですが自由に入れます、しかし、、干潮の数時間の間だけなのですが。

ベルデ島 干潮時 道が出現 Berder island

しばらく待って道が出来ました。潮の満ち引き時間の案内板が出ています。
時間を間違え島に取り残された場合は船を呼びますが、けっこうな金額がかかるとか。

ベルデ島 夕暮れ モルビアン湾 Berder island

ベルデ島からの夕日、シルエットはオット。

モルビアン湾の夕暮れ 船の群れ Morbihan

日の暮れたモルビアン湾。


フィリップⅡ世王のパリ城壁 左岸編

un dimanche a paris ある日曜日のパリ 左岸のレストラン 店内にフィリップⅡ世王の城壁の塔

昔のパリにはかつて城壁が築かれていた時期がありまして(複数回)、フィリップⅡ世王(1180-1223 在位)が築いた壁の遺跡は今も街のあちこちに見かけることが出来ます。
それらを一度グルッと廻ってみたいと思い、今回はその一部を写真に撮って参りました。

ちょっと時代背景の説明を短く、、
12世紀から15世紀、フランスとイングランドの間では下心満載な政略結婚が繰り返され、領土の奪い合いがグチャグチャな、いえもうモザイク状の国境線を描いていました。
(その〆は百年戦争でイギリスとフランスはほぼ今のような形でキレイに別離。)

で、フィリップⅡ世王ですが、この王はイングランドのプランタジネット朝(互いに近親者ばかり)との間で土地の分捕り合いに励み、ほぼ今のフランス全土(+)を手に入れます。その彼が「パリをもっと守らなきゃ。」ということでこちらの城壁を築いていったわけです。

上の写真は左岸にある素敵なレストラン、ご覧の通り城壁のが店内に残されています。
この「ある日曜日のパリ」という可愛らしい名前のレストランについてはまたあとで。

18世紀に書かれたフィリップⅡ世王のパリ城壁の図 白黒

この地図は18世紀に描かれた城壁の図です。(参考Wikipedia)
パリの中心部をグルッと、丸い印は塔、四角い部分は壁です。
真ん中の島がシテ島、左端の四角い部分が二つ重なったところはルーヴル宮です。ルーヴル宮そのものが街を守る要塞でありました。印付けちゃって申し訳ないんですが、これが今回訪れたポイントです。(正確さに若干不安、)

フィリップⅡ世王のパリの城壁跡 アンシエンヌコメディー通り 地下駐車場

6区 Rue de l’Ancienne Comédie にある地下駐車場に残る壁と塔です。
徒歩用の扉は出入り自由なのですが、いえ、、気が引けました。暗がりでカメラを抱えてウロウロする自分、かなり異様に見えたことと思います。見学希望の方(いらっしゃる?)は車上荒らしに間違えられないようにワイルドな恰好などは避けた方がよろしいかと。

フィリップⅡ世王のパリ城壁 遺跡 クロヴィス通り

5区の Rue Clovis に保存されている壁の一部。

フィリップⅡ世王 パリ城壁の跡 デカルト通り アパート入口

5区 Rue Descartes のこちらの扉の奥には壁の一部が通路として使われているそう。でも見ていただける通り一般のアパートの出入り口になっています。道の向かいでカメラを持ってウロウロ「住民の方がドアを開けたら、ちょっと写真を・・とお願いしてみようかな、」でも向かいの店員さん二人がこちらを見てホラホラ☜みたいに笑ってきたので
去り際の1枚。

フィリップⅡ世王のパリ城壁跡 カルディアヌルモワーヌ通り 消防署

こちらは Rue du Cardinal-Lemoine にある消防署に残された壁の一部。
よくぞ取り壊されずに。
このすぐ近くにある郵便局には、奥の部屋にアーチ型の門が綺麗に残されているそうで訪ねてみました。小包担当の職員さん「あ、ありますよ、月に1日だけ公開しています、次回来てくださいね!」とにこやかに対応され、ええぜひに参ります。

サンジェルマン大通り パリのフィリップⅡ世王の城壁跡 壁の跡に建てられた大変に狭い建物

こちらは城壁跡に建てられた大変に狭い建物、壁の幅そのままにです。
( Bd Saint-Germain )壁がまだ存在した時期に両側のアパルトマンが建てられて、壁撤去のあとに押し込むように造られたようですね。

サンタンドレ広場 パリ6区 雨の石畳

冒頭の写真のレストラン Un Dimanche À Paris はこの石畳の続くCour du Commerce Saint-André(6区)にあります。広場というより一本の通り、おしゃれなレストランやブティックが並びます。(余談で、パリは細いヒールの靴に向かない街です、というのがおわかりいただけるかと。)

レストラン un dimanche a paris 前菜 フヌイユとオレンジとバジリックのサラダ

前菜のフヌイユとオレンジとバジルのサラダ、夏らしい爽やかさ。

レストラン un dimanche a paris メインの子牛

メインは子牛、濃厚なソースでいただきました。

レストラン un dimanche a paris デザートのケーキ レッドベリーの乗ったチーズケーキ

こちらのお店はもともとパティスリーから始まったそうで、お隣のブティックには宝石のようなケーキが並びます。お店のお姉さんに「どれがあなたのお好み?」という面倒な質問をして「どれも好きなんですけど、、(ソレハソウデスヨネ)これかしら。」とレッドベリーの乗ったチーズケーキをすすめてもらいました。
Un Dimanche À Paris

パリシテ島 コロンブ通り フィリップⅡ世王の路上の城壁跡 

こちらはシテ島(ノートルダム寺院がある島です。)の Rue de la Colombe 路上に残る壁の跡です。環状の壁からは外れていますが、セーヌ川からの海賊の侵入を防いだものかと。説明プレートも何もないのですが、他にも外国からのツーリスト二組と一緒に歩いてみたりしました。みなさんどこで情報をもらったのかしら、ちょっと聞いてみればよかったと。(自分はフランス語のwebで見つけました。)
では右岸編はまた次回に続きます。