野の花のブーケ

紫ツメクサ 西洋タンポポなどのブーケ 少女が持つ

昔々、ある知り合いの陶芸家の方が共通の友人のパーティーのために用意してきた
ブーケの話なんですけど、色とりどりの野の花をざざーっと集めたような花束を
和紙と麻紐でラフに包んだ大きなもので、花を選ばせても只者でないセンス(失礼、)
にポーッとした記憶があります。

写真の花は今日森から持ち帰ったもの。

#なんでブーケがモノクロなのよ?
すみません・・珍しく快晴で陰影が綺麗に入ったし、、え~、

紫ツメクサ アップ

紫ツメクサ。子供の頃によく花輪の冠を作りました。

西洋タンポポ アップ

西洋タンポポ、何げないけどこの Sunny Yellow が目に鮮やかで大好き。


花曇りの日

白い野の花 

ぼんやりと曇った今日は、遠出をするより目的のないご近所散歩、
とカメラだけを抱えて。
春の野の花が愛らしい。

ブルーの野の花

黄色の野の花

ふわふわした繊維の残った花のミイラ

冬の残像、

若いラベンダー

ラベンダーは夏に向けてまっすぐに。

イチジクの若い実 枝になっている

イチジクはあと2か月くらいで旬ですね。

白いフジ棚 ターコイズ色の雨戸の家

フジとツツジの季節です。

オレンジ色のツツジ

赤ピンクのツツジ

名付けて”大女優”、そんな風格。↑↓

ピンクのツツジ

こちらは ”新人女優” ↑

一方通行の表示 窓に茶黒の猫

交通整理の猫さん。

窓の外に茶黒の美猫

凛々しい美猫です。


かぎ針編みで作る「和小物」

かぎ針編みの花 カラー 阿蘭陀海芋 めしべ トルコ石 ビーズ

コットンの糸で花の「カラー」を作ってみました。
かぎ針編みは自在に立体を作ることが出来ますので、こういう小物作りが
楽しくてしょうがないです。サイズが小さいと時間もかからないので、
編み物にときおり必要な「根性」とか「忍耐」とかいりませんし。
これは直径4cmくらいで、時間は一個30分もあれば出来上がります。
めしべにはビーズとトルコ石をテグスを使って留めました。
(カラーの和名を調べたら「阿蘭陀海芋」、海芋って・・)

かぎ針編み 和菓子 桜餅 葉っぱ

「桜餅」(ということで)和菓子の可愛いらしさは再現心をくすぐります。
検索でたくさん画像を集めて、あれこれと挑戦しています。
葉っぱは編み目の長短を使い分けてカーブを作ります、以外と簡単です。

かぎ針編み 紅梅 白梅 コットン糸 ビーズ

定番の「紅梅白梅」です。
細編みと中長編み、長編みを組み合わせてうねりのある紐状に編んで、
最後にクルクルと巻いて留めます。中央のビーズをテグスで留めて、
ちょっと細かい作業になりました。

かぎ針編み 和菓子 ひよこ うさぎ餅 東京ばな奈

これも和菓子から、左より「ひよこ」「うさぎ餅」
右は「東京ばな奈」←これはまだ食べたことないです、和菓子界の新人?
増し目、減目で微妙な曲線の立体を作っていきます。

かぎ針編み 花 菊 五弁の花 ワイヤー入り 水引

左の菊は長い花弁を細編みで作り、最後にクルクルと巻いて。
真ん中の五弁の花は、中に柔らかいワイヤーを絡ませて編みました。
ボケちゃいましたが一番右、水引をイメージした葉飾りです。

秋冬の編み物のシーズン到来です、毛糸売り場も華やかになってきました。