トゥールーズソーセージの煮込みとその副産物

トゥールーズソーセージ 野菜 煮込み

フランス南西部の都市トゥールーズ名産の生ソーセージと野菜を煮込んだ我が家の定番(=時短・簡単)料理です。

トゥールーズといえば、1998年、日本が初めてサッカーワールドカップに参加したときの第一戦はトゥールーズでの対アルゼンチン戦でしたね、あの時はパリから日本人応援ツアー専用のTGV(新幹線)がToulouseまで走ったんですよね、って、そんな昔のハナシを今さらですが。

トゥールーズソーセージが4本 お皿の上

ゴロンと太め。中のお肉は豪快な粗びきです。
お店によって味付けがかなり違うので好みのものを探しましょう。
トゥールーズの名物料理「カスレ」はこのソーセージと鴨肉のコンフィや
白いんげん豆をじっくりと煮込んだもの。↓↓

「Cassoulet」トゥールーズの名物料理 カスレ 

カスレは「キングオブ煮込み料理」とも呼ばれています、いつかレシピをご紹介したいと思います。(写真はWEBからお借りしました。)
激重、濃厚、濃味のクセになる美味しさで、フレンチでオススメは?と訊かれたらカスレを推してしまうかも。(他にもいろいろあるので悩むところ、)

圧力鍋にトゥールーズソーセージと野菜とにんにくパウダーを入れる

圧力鍋に脂をしいてソーセージに焼き色を付け、にんにくパウダー(生でもOK)をまぶし、お好みの野菜を投入、塩、ひたひたのお水を入れ、

色とりどりの胡椒粒

好きな香辛料を好きなだけ入れます。今回は色とりどりの胡椒、クミンシード、クローブも数本入れました。ハーブを入れてもいいかもしれません。(ゆるーく適当に)
蓋をして沸騰したら7~8分煮込んで、火を止め蒸気を抜いて出来上がり。
でも味の決め手はソーセージなので、本数を増やしたり、塩加減なども要調整です。

ラーメンの手打ち麺をパスタマシンで細切りにする

それで・・何が副産物かと申しますと、出来上がる頃に子供たちが
「ねえ、ラーメンの匂いがする!」と言いだして。
ああホントだ、ソーセージとにんにく、スパイス、野菜が作る濃厚な味がラーメンスープ風、さて作ってみるしかないですね。
こちらのスーパーで手に入る中華麺はラーメンの麺とは別物なので、
参考にさせていただいたのはこちらのレシピ、
な、なんと手打ち!生ラーメン(自家製中華麺)

パスタマシンで細切りにされた手打ちのラーメン麺

小麦粉と重曹(かんすいでなく)と塩と水をまぜ、捏ねて捏ねて捏ねて、、
パスタマシンでのばして切ったもの。
以前蕎麦を手打ちした時 ブルターニュ産のソバ粉で蕎麦打ち と違い、何の苦労もなくすんなりと細切りが出来ました。

手打ちのラーメンを自家製のスープに入れて

そして先ほどのスープに味噌やお醤油を入れて、いやなかなか普通のラーメンが出来上がって自分でもビックリしました、笑。
子「ナルトとかのせないのー?」ないですってば。


フヌイユとお肉を林檎酒で煮込みます

フヌイユ ウイキョウ 少年

美野菜です、フヌイユ、フェンネル(英)、和名はウイキョウ。

フランスの野菜界ではメジャーな存在で、値段は1kg・2~3€。
セロリのクセを抜いてほのかに上品な香りをつけたような風味です。
丸い胴体も、先のぽわぽわも、緑の茎(ちょっと固いです。)も全部
食べることが出来ます。

「フランスのお母さんの味」 お肉(豚・鶏)とフヌイユを林檎酒で
煮込んだものを記録しておきます。
また言い訳で、、私は料理の専門家でないのでおこがましいのですが、
我が家の人気料理ということで、書かせていただきます。

フヌイユ ざく切り フライパンで炒める

オリーブオイルをひいたフライパンでにんにく一片のみじん切りを
弱火で炒め、続いてザックリと切ったフヌイユ一個、玉ねぎ一個を
入れ炒めます。全部をココット鍋に移します。

豚肉 タイム セージ まぶす フライパンで焼き付ける

豚肉(鶏もおいしい)600gにセージとタイムをまぶし、塩胡椒。
フライパンで両面を焼きつけます。

ノルマンディー シードル 林檎酒 甘口

お肉もココット鍋に移し、こちらのような甘口DOUXの林檎酒を
500ccほど注ぎ、塩胡椒を適量+ローリエを一枚。
蓋をして30~40分弱火で煮込みます。

フヌイユ 豚肉 林檎酒で煮込む

お肉だけを取り出し、中火で煮汁が半分になるまで煮詰めます。
最後にお好みで生クリーム100ccほどを混ぜるのもオススメです。

フヌイユ 豚肉 林檎酒 煮込み料理

緑のぽわぽわを飾って。
林檎酒の甘さとフヌイユの香りにお肉からのコクが加わって、
濃厚なおいしさの一皿です。