先史時代の巨石文化 メンヒルの里

フランス中央高地 メンヒル La cham des Bondons

この夏にフランス南部の「中央高地 Massif central」へ行ってまいりました。
その中の「 La Cham des Bondons ラシャンデボンドン」という台地になっている里があるのですが、ここには先史時代の巨石記念物メンヒルが150基ほど残されています。

La cham des Bondons フランス中央高地 メンヒル

メンヒル(Menhir)はモノリスとも呼ばれ、造られたのは少なくとも4000年以上昔、あるいはもっと古いかもしれません。その目的は今もって解明されていませんが、おそらく宗教的な意味があったのでしょう、ということですけれど。

フランスの中央高地はこの辺にあります。この地図はラシャンドボンドンを含む
Parc national des Cévennes のサイトからお借りしました。

メンヒル フランス中央高地 La cham des Bondons

なだらかな曲線が続きます。

La cham des Bondons フランス中央高地 メンヒル

不思議なのはこの一帯には石灰岩しか見当たらず、メンヒルの固い石は少なくとも数キロ先の山からしか探し出せないこと。さてあの時代にどうやって運んだのでしょう、何トンあるのかしら・・

フランス中央高地 La cham des Bondons メンヒル

ぽつんとまた一つ、
過去記事で、もう一つの古代遺跡 ドルメン巨石墓遺跡 について書きました。
ドルメンの存在目的についてはかなり解明されているのですけれど。

フランス中央高地 なだらかな台地 積み石

手前は古いものじゃないです、なんで人間は石を積みたがるのでしょう?

フランス中央高地 なだらかな台地 メンヒルハイキングコース

ちょっと下り坂を行きます、こちらはメンヒルめぐりのハイキングコースが整備されていて、一周5キロ2時間の旅となります。アップダウンは激しくないですが靴だけはしっかりしたものを。私は間抜けにもサンダルを履いて行って途中で壊しました。(歩けましたけど)車は途中までしか入れません。

フランス中央高地 メンヒル La Cham des Bondons

ここのメンヒルはイギリスのストーンヘンジやフランスのカルナック列石遺跡のように円形に並んでいたり、列状になっていたりしないんです。
こんなかんじにぽつんぽつんと。こちらは珍しくペアであります。

La Cham des Bondons フランス中央高地 Cardabelle 向日葵に似た花

Cardabelle カルダベルという名の地表に咲く向日葵みたいな花をよく見かけました。ちょっと枯れ気味。

フランス中央高地 メンヒル La Cham des Bondons

La Cham des Bondons フランス中央高地 メンヒル

フランス中央高地 牛の放牧 La Cham des Bondons

なだらかな丘を活かして牛の放牧が盛んです、ミルクチョコ柄の牛。

フランス中央高地 La Cham des Bondons 台地の農地の壊れた農耕器具

農耕具が朽ち果てて、、。よく見かける鉄線は牛の逃亡除けのもので電流が流れています。一度触れてしまったことがありますが足先まで強烈にビリッときまして、でも健康には影響ないようです、多分。

フランス中央高地 La Cham des Bondons 小麦畑

小麦畑も多く美しく、のどかな里です。