Lightroom & Photoshop

ライトルーム 編集作業スクリーンショット モンパルナスタワー 豪雨

ここのところずっと楽しく学び中、Adobe社の写真編集ソフト2種であります。
上のスクリーンショットは「ライトルーム」で作業中の図。
写真は昨年夏の豪雨の日に撮った「雨のモンパルナスタワー」
Monparnasse-Bienvenüe 駅出口より見上げた図であります。
RAW(映像の生データ、1枚の容量が30MB+-)で編集するためのソフトなのに、RAWでなくjpg(自動で圧縮&補正がかかる)で撮ってしまった写真を使うのはちょっと残念ですが。

機能がてんこ盛りです。
写真の管理・編集・補正・出力を一気に引き受けてくれます。
撮影に多少失敗しても、ちょっとお願いすればたいていの△☓を補正してくれます。
プロいところでは、各カメラ・各レンズの悪い癖をよく知っていて、機種を指定すれば速やかに対処、似た構図の写真を(何百枚でも)一括修正などなど。

頼もしい。
世の中の写真を見る目を変えてくれるかもしれません。
ええ、良くも悪くも・・・冗談ですよ。

あるチュートリアルを見ていて、なるほど、と思った事がありまして、
「ライトルームは使い始めはとっつきにくいかもしれません。もし難しすぎると思われたら、まずはMicrosoftのPowerPointあたりを使いこなされてからの方がよいかと・・」
ドキュメント、ファイル、ホルダー、バックアップの管理が適格にこなせるようになってから、ということなのでしょうね。

アドビ社 フォトショップ パリ12区 パッサージュドシャンティエ 家具のアトリエ

こちらはPhotoshopで。
パリ12区のPassage du Chantier、家具のアトリエなどが並ぶ通りです。
お店のおじさんが「またカメラか・・」みたいなことを呟いたのでちょっと気が引けまして・・この通りは写真映えで有名なので、撮影目的の観光客が多いのです。でもツーリストが興味を持ちそうなお店は全然ないのですよ。

Photoshopは大昔に使っていたのですが、やはり最新バージョンの進化ぶりに驚きました、十何年のブランクで当たり前ですが。

この2種のソフトは、まずライトルームで読み込み、途中で緻密な画像編集をフォトショップにまかせ、またライトルームに戻して管理、みたいな流れが最適なようで、2つのパックセットは必然なんだなーと思いました。

Conclusion:
良いめ(+)のカメラと画像編集ソフト(常に最新版)さえあれば、
私の老後はボケ知らず・・・でしょう、多分。