影絵のような廃墟・聖ジャンデヴィヌ修道院

影絵のような廃墟・聖ジャンデヴィヌ修道院 colors-france.com nikonD800 Abbaye de Saint Jean des Vignes カテドラル 廃墟

こちらはパリから100㎞ほどの距離のSoissons市にある修道院廃墟、
Abbaye de Saint Jean des Vignes です。
廃墟のカテドラルのファサードを裏側から撮った図です。
敷地内に大修道院がありましたが、その建物の多くが消滅しています。
(写真をクリックすると、より鮮明な画像がポップアップで出てきます)

影絵のような廃墟・聖ジャンデヴィヌ修道院 colors-france.com nikonD800 Abbaye de Saint Jean des Vignes カテドラル 廃墟

中庭の回廊、手前には柱の跡など建物の土台が残るのみ。
建立は11世紀から、それ以前にすでにロマネスク式の教会があったようですね。

修道院名に付いた Vignes とは葡萄畑のこと。
初期に修道士達が隣接の土地でワイン造りを始めた由来から。
ワインはキリストの血、キリスト教儀式の必需品ですからね。

<お酒ついでの余談1>
欧州の修道院では盛んにビールも造られています、
ビール?聖書に出てこないでしょ?
調べたら、中世では清潔な水がなかなか手に入らなかったそう。
修道院はその地域の総合生活センターみたいなもので、病棟が併設された所も多く、
ペスト菌やコレラ菌の汚染の心配のない「安全な飲み物」として必要だったとか。

<お酒ついでの余談2>
アルコール禁止の宗教だったら、欧州文化はどうなっていたのでしょう?
いえ、何を捻じ曲げてでも飲んじゃってそうな気がしますけど。

ベルギーの修道院とトラピストビール巡り、夏にいいですね、調べましょう。

影絵のような廃墟・聖ジャンデヴィヌ修道院 colors-france.com nikonD800 Abbaye de Saint Jean des Vignes カテドラル 廃墟

僅かに残った回廊の飾り窓、

百年戦争(14-15世紀)は外壁を要塞化してなんとか逃げ切ったのですが、
次の宗教戦争(16世紀)でユグノー派=プロテスタントにむちゃくちゃに
破壊されました。(カテドラルファサードは生き残る、)

影絵のような廃墟・聖ジャンデヴィヌ修道院 colors-france.com nikonD800 Abbaye de Saint Jean des Vignes カテドラル 廃墟

その後一部再建されて復活しましたが、修道院としての役割にトドメを刺したのは
18世紀後半フランス革命。すべての宗教関係者は追い払われ、軍の武器基地に。

装飾はところどころに残っています、雨ざらしですが。

影絵のような廃墟・聖ジャンデヴィヌ修道院 colors-france.com nikonD800 Abbaye de Saint Jean des Vignes カテドラル 廃墟

価値のある部分(装飾など)は売却、もしくは撤去され(ステンドグラスなど)
残された建物は軍事、商用に使われましたが、
1870年のフランス帝国Xプロイセン王国の戦争でまたもや大破壊。
(&撮影アシスタント)

影絵のような廃墟・聖ジャンデヴィヌ修道院 colors-france.com nikonD800 Abbaye de Saint Jean des Vignes カテドラル 廃墟

ここは台所だった場所、

その後も大切にされることなく、、、
1969年に市に所有権が移りやっと保護されることに。

影絵のような廃墟・聖ジャンデヴィヌ修道院 colors-france.com nikonD800 Abbaye de Saint Jean des Vignes カテドラル 廃墟

全盛期の図です。

影絵のような廃墟・聖ジャンデヴィヌ修道院 colors-france.com nikonD800 Abbaye de Saint Jean des Vignes カテドラル 廃墟

カテドラル正面より、このファサードは13世紀に造られたもの、何回もの修羅場を
くぐり抜け、それでも立ち続けた意志のようなものを感じます。
薄いですね、、空の透け具合が影絵そのもの。

1842年にヴィクトル・ユーゴーが友人にあてた手紙でこの半壊のカテドラルの事を
書いています。
「この廃墟のシルエットを見上げながら歩く、空を背景にまるで芝居の書割のごとく
そびえ立つ姿に感銘を受けながら。」

インスタグラムにもご訪問くださいませ。instagram merumo.colors

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク