教会のオペラ歌手コンサートで

夏の教会のクラシックコンサート 12世紀建立の聖母教会

フランスの「夏休み」はまだもう少し先なんですが(学校の終業が7月始め)、海辺や里のヴァカンス地では既に夏のイベントプログラムが始まっています。

教会でのコンサートも告知されるようになりました。
これは、ヴァカンス客の多い地方の教会で、夏の間に頻繁に行われるもの。

夏のヴァカンス地の教会コンサート オペラ歌手 ピアノ

現在巡っているフランス南西部は、シニア世代(=退職された方々)のヴァカンス客で賑わい出しています。週末には近隣どこかしらの教会でクラシックコンサートが開かれるようになりました。
チケット販売されるものから、自治体の援助による無料のもの、地元の音楽家によるボランティアなど、形はさまざまです。

夏のヴァカンス地の教会コンサート オペラ歌手

こちらはある街の教会でのオペラ曲のコンサート。
ニューヨークを拠点にするキャリアの若いオペラ歌手の皆さんは、一夏かけてフランス各地を演奏旅行するのだとか。曲目は フランス語のオペラ曲を16曲。

カメラを持って椅子に座っていたら、エレガントな男性が膝を落として話しかけてきて、
「スミマセン、カメラマンを連れていないのですが、もしお願い出来たら写真を撮っていただけませんか?」と、アメリカ英語アクセントのフランス語で。
はい、お役に立てれば、と。

教会内はほの暗く、明るい望遠レンズ(暗さに強い)であっても ISOを1600まで上げ、それでもシャッタースピードは 1/30~40、歌手の皆さんの動きの少ない一瞬を狙って。

夏のヴァカンス地の教会のコンサート オペラ歌手

あと、カメラのミラーの撥ね上がる音が気になります、「・・カッシャン!」
特に独唱の場合には。こういう時、ミラーレスカメラ(ソニーさんが驀進中)の無音設定の利点を思ったり。

夏のヴァカンス地の教会でのコンサート オペラ歌手

12世紀建立の聖母修道院の教会です。

夏のヴァカンス地の教会のコンサート オペラ歌手 12世紀建立の聖母教会

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。


夏のヴァカンスが近い・・はず。

bourjois,マスカラ,エレクトリックブルー,ヴァカンス用

Bourjois の  Holiday シリーズのマスカラ。
色の名前は Electric Blue、思いっきりのブルー、夏の太陽の下で映える色ですね。
ヴァカンス用のファッションも店頭を飾るようになってきたのに。

今日のパリ近郊、なんと暖房機が自動運転でスイッチ入ってました。寒いんです

日本でも報道されましたね、ここ数日の大豪雨。
今日は雲が分厚いだけで、雨はやんでいます。
でもセーヌ川の水位はまだ上がり続けている模様。
川のすぐ横のルーブル宮には広い地下街がありますから、搬出作業で大変だったようです。
あのガラスのピラミッドに強靭な防水圧機能があるとは思えず。
チケット売り場の大ホールも地下にあるので、想像すると恐ろしいですね。
明日パリ市内に用事で行くのですが、アチコチが閉鎖されていると思われます。
早く明るい 6月に戻ってほしい、もうすぐ夏至の日が来てしまいます。