テロ事件2日後のルーヴル美術館で

ルーヴル美術館 ギャラリー 人混み 少女振り返る

先週の金曜日にルーヴル美術館のブティック街でテロ事件があり、
犯人はアラビア語で「神は偉大なり」と叫び刃物を振りかざしたようですが、
警備兵が腹部を撃ち取り押さえ、病院で尋問を続けているそうです。
(警備兵の一人が軽傷。)

「あ、まただ、」という奇妙な慣れとともに、規模が小さくてよかった、
なんてテロという言葉にも反応が薄くなった自分にビックリしてしまいます。

「・・月の第一日曜はパリの美術館が入館無料の日じゃなかったかしら?」
そのサービスデイもルーヴルだけは大変に混むと思っていたので、
行ったことがなかったのですけれど、ひょっとしたら空いてるかもしれない、
警備も手厚くて心配いらないと思うよ、なんて軽いノリで行ってきました。

ルーヴル美術館 ブティック街 プランタンデパート 警備兵2人

セキュリティーチェックはいつも通り、列の待ちも20分くらいで、
しかもチケットを買う手間がありませんのでスイスイと内部へ。
とはいえ、思ったよりけっこうな人出でしたよー。

ルーヴル美術館 エジプト 羊の神の彫刻 少女見上げる

娘の希望でエジプト・ギリシャ・ローマを中心に。

ルーヴル美術館 エジプトの鳥の神 石碑

エジプトの神はいつなんどきも神々しく、

ルーヴル美術館 ギリシャ 女神の人柱

ギリシャの女神も常の美しさで、

ルーヴル美術館 ローマ彫刻のギャラリー たくさんの観光客

ルーヴル美術館 フランス王の王冠

絶対見たい!と言った「フランス王の王冠・左」にちょっとガッカリし、

ルーヴル美術館 セーヌ川 芸術橋を窓から 少女の横顔

セーヌ川にかかる芸術橋をのぞむ窓で。


ルーヴル美術館の一番の見どころは、

ルーヴル美術館 セーヌ川 オルセー美術館側から

→→→ ルーヴル宮殿だと思います。
まずは外側から攻めてみます。(内側はまたのちほど。)

ルーヴル宮殿 セーヌ川沿い 

セーヌ川沿いから見たところ。
パリの真ん中にどーんと、とにかく長く広いです。
歴代フランス王の宮殿ですものね。(ヴェルサイユに移るまで。)

リヴォリ通り ルーヴル宮

リヴォリ通りから見えてきたルーヴル宮。(左)
奥に小さくデファンスの高層ビル群。

ルーヴル宮 後部宮殿

ピラミッド側でない後部宮殿です。

ルーヴル宮殿 ガラスの大ピラミッド

そのガラスの枚数が666枚だとかナンだとかで騒ぎましたねー。
正式には673枚ということで落ち着いたと聞きます。

ルーヴル宮殿 ガラスの大ピラミッド 舞踏会

謎の舞踏会。

ルーヴル宮殿 ガラスの逆さピラミッド

こちらも一部で騒がれました。地下の逆さピラミッド。
何年か前まで先端が痛んでいたのですが修理してありました。
みんなが触っちゃいますからね。
後ろはプランタンデパート、高級ブティックが入っています。

ルーヴル美術館 逆さピラミッド 観光客 写真 小さい男の子 寝そべる

この子は私がちゃんと写真を撮り終わるのをポーズを崩さず
待ってくれました。いたずらっぽい目をクルクルさせて。

ルーヴル宮殿地下 建物模型

宮殿の模型です。地下が以外にも広いです。
地下階段ホールへはファッションショー開催中に入ったことが
あります。

ルーヴル宮殿 地下 ネオンの展示

1200年ごろから14世紀まで、ルーヴル宮殿とパリ市を守った
砦の遺跡です。1980年代に掘り起こされ公開されています。
こちらは地下ブティック街にあるもの。
館内でしたらシュリー翼地下にも展示されています。

フランソワミッテラン ルーヴル地下入口 柱の説明

1984~1989年にかけて行われた「大ルーヴル計画」
この大改築を指揮したフランソワ・ミッテラン大統領の記念柱。
やっぱり名前を刻みたい、気持ちはよくわかります。

チュイルリー庭園 ルーヴル宮 噴水

チュイルリー公園からの眺めです。オシャレなお二人に
目が行っちゃったんですけど。