キュリー夫人の研究室(除染済み)

キュリーミュージアム 実験器具 キュリー夫人のワンピース

パリ5区の工科学系の研究所が集まるキャンパス内に、
かつてのキュリー夫人の研究所が今はミュージアムとして公開されています。
こちらは夫人の実験室。

実験器具 キュリーミュージアム パリ5区

ウラン鉱石から放射性物質を取り出す工程は手作業で、そのうえ防護の意識はほとんどなく、触った小物まで放射能汚染していたそうで・・
この研究所はその不安から長らく閉められていましたが、公開に向けて徹底的に除染されました。

キュリーミュージアム 実験器具 パリ5区

実験器具、数々の受賞記録(家族で5つのノーベル賞受賞)、ガン治療への貢献などが簡潔に説明され、

キュリーミュージアム ラジウム入り基礎化粧品の広告 THO-RADIA

そこそこ大きなスペースをしめる応用商品コーナー、こちらが何とも面白かったので写真をあれこれと。(キュリー夫人がプロデュースした訳ではありません)
目を奪われたのは、1933年に発売されたラジウム入りの基礎化粧品の広告。
THO-RADIA  のクリームとパウダーにはラジウムによる次の効果があるそうです、、
「肌の血行をよくし、油性肌を整え、毛穴を引き締め、しわを防ぎます。日焼けの手入れにも有効」
1937年にラジウム使用禁止令(おそらく体への)が出されたのですが、商品は1960年代まで販売されていたそう。

キュリーミュージアム ラジウム入り整髪料 パリ5区

この緑のボトルは「ブリリアンティーヌ」整髪用オイルのようです、同じくラジウム入り。ラジウム温泉というものもありますけれど・・・でもどうなんでしょうね。

キュリーミュージアム ラジウム蛍光塗料の付いた懐中時計 BILTMORE アメリカ製

こちらは夜でも針と数字が光って見えるようにと、ラジウムを塗り込んだ時計。
フェイスのロゴは Biltmore Radium アメリカ製。(反射で見にくくてごめんなさい)
ラジウムを塗る工程を手作業で行っていた工場では、工員に病気・死亡が多発して大きな訴訟問題を引き起こしたとか。

キュリーミュージアム オメガ社の腕時計のフライヤー ラジウムの蛍光塗料付き 1915年製造

オメガ社のラジウムの蛍光塗料を使った腕時計のフライヤー。(1915年)

キュリー博物館 ラジウムを含ませる給水機 1930年代 パリ5区

水道水にラジウムを含ませる給水機。(1930年代)

キュリーミュージアム 書斎 パリ5区

こちらはキュリー夫人の書斎です。

パリ5区 工科学系の研究施設 キャンパスキュリー

このミュージアムは物理・化学を中心とした現役の研究施設の中にあります。
窓の内側には実験器具を扱う白衣の研究者の皆さんの姿が。
(もちろん写真など撮りません、)

キュリーミュージアム キュリー庭園 パリ5区 キュリー夫妻の銅像

ミュージアム横のキュリー庭園、ご夫妻の銅像。

キュリーミュージアム 書斎のバルコニーにキュリー夫人の白黒全身写真

ドキッとしてしまいました、書斎のバルコニーから。
musée CURIE

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




建築家ヌーヴェル 光のミュージアム ヴェスンナ

ペリグー市 ヴェスンナミュージアム ジャンヌーヴェルのガラス建築 ローマ時代のヴィラ遺跡

フランスの建築家ジャン・ヌーヴェル氏の造ったガラスのミュージアム、ヴェスンナ
Vesunna Gallo-Roman Museum
以前ご紹介したフランス南西部ペリグー市にある
ガロローマ時代の神殿と円形闘技場(過去記事)のすぐ脇で発掘された、1~2世紀建立のローマ式ヴィラ(特権階級の邸宅)をそのまま覆うように建てられたミュージアムです。

ガロロマン時代のペリグー市の模型 1~2世紀 楕円形闘技場 神殿

その当時、1~2世紀のこの街の模型図。(館内展示)
右上に楕円形闘技場、真ん中の四角い部分が神殿、その左脇がヴィラです。

ペリグー市 ヴェスンナミュージアム ジャンヌーヴェル設計のガラス建築 ガロロマン時代のヴィラ

発掘されたヴィラをどのように保護・展示するかということで複数の建築家によるコンペが行われ、権利を受けたのはフランス南西部ロテガロンヌ県出身の
ジャン・ヌーヴェル氏。
ガラス建築で有名は氏は、パリのアラブ世界研究所(過去記事)で一躍世界に名を知らしめた建築家です。

ヴェスンナミュージアム ペリグー市 ガロロマン時代のヴィラと神殿の遺跡 ジャンヌーヴェルの建築

展示物も保存状態が良く充実しているのですが(彫刻の数々はぜひ実際にご覧になっていただきたいです)今回は光の美しく入る館内の図を中心に撮ってまいりました。
ちょっと見えづらいですが、窓の外に神殿の廃墟が見えます。(高さ24.5m)

ペリグー市 ヴェスンナミュージアム ガロロマン時代のヴィラの遺跡 ジャンヌーヴェルの建築

色鮮やかな壁画が多数そのままに発掘されまして、

ヴェスンナミュージアム ペリグー市 ジャンヌーヴェルの建築 ガロロマン時代のヴィラ 噴水の遺跡 海の生物の壁画

中央の丸い部分は噴水でした。周りには魚や貝、海の生き物の壁画が残っています。

ペリグー市 ヴェスンナミュージアム ガロロマン時代のヴィラ遺跡 ジャンヌーヴェルの建築

ペリグー市 ガロロマン時代のヴィラ遺跡 ヴェスンナミュージアム ジャンヌーヴェルの建築 人柱像

市内各地から発掘される支柱の彫刻。

ペリグー市 ヴェスンナミュージアム ガロロマン時代のヴィラ ジャンヌーヴェルの建築 柱の彫刻

ペリグー市 ヴェスンナミュージアム ジャンヌーヴェルの建築 ガロロマン時代のヴィラ遺跡 剣闘士の脚の防具

こちらは剣闘士の脚の防具。生々しく、、

ペリグー市 ヴェスンナミュージアム ガロロマン時代のヴィラ遺跡 小さなヴィーナス像

小さめの家庭用ヴィーナス像。

ペリグー市 ヴェスンナミュージアム ガロロマン時代のヴィラ遺跡 ジャンヌーヴェルの建築 マルス像

中央は軍用のヘルメットを被ったマルス像。

ペリグー市 ガロロマン時代のヴィラ遺跡 ジャンヌーヴェルの建築 アポロン像

アポロン像です。キリスト教が入る前のフランスの地なのだ、と思っても違和感をぬぐえず、

ペリグー市 ジャンヌーヴェルの建築 ガロロマン時代のヴィラ遺跡 墓標 ラテン語

これは墓標なのですが、ラテン語で事細かく事情が書かれてあったりして、親戚関係がどうのこうのと、なんだか面白いです。

ペリグー市 ガロロマン時代のヴィラ遺跡 ヴェスンナミュージアム ジャンヌーヴェルの建築 ガラスの建築

外はペリグー市の古く新しい(?)街並み。

ヴェスンナミュージアム ペリグー市 ジャンヌーヴェルの建築 ガロロマン時代のヴィラ遺跡 入口の大木

この邸宅跡は新しいビルを建てようと地面を掘り起こしたところで発見されたそうです。1959年のこと、必然的に新ビル計画は白紙に。
ミュージアムのオープンは2003年、入口の丁寧に保存された大木です。

お読みいただきましてありがとうございます。ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク