街角の人々

マレ地区 段々状の小径 住み着く人 ショア記念館裏手

この段々状の小径はマレ地区  ショア記念館 ホロコーストの記憶 の後ろにありまして、
影のお二人は、夏の間はこの角にお住まいだった模様、
寝具と食器が揃っていました。

マレ地区 青い扉 道行く人

マレ地区、個性的なブティックの並ぶ一角で、

マレ地区 青い扉 道行く黄色いジャケットの女性

パリ6区 道角のポスター BERLUTI  男性モデル 靴の広告

こちらは6区だったかな・・お店も特にない静かな通りで、
夏の暑さを忘れさせた冷やかな、いえ涼やかな面々。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




ショア記念館 ホロコーストの記憶

パリマレ地区 ユダヤ人ホロコーストの記念館 ダビデの星

こちらはマレ地区にある Mémorial de la Shoah ショア記念館です。
ショアとはなかなか馴染みのない言葉なのですが、ヘブライ語で「災厄」などの意味にあたるそうで、日本ではホロコーストについての、というとよく伝わるかと思います。

1985年にフランスのクロード・ランズマン監督が撮ったドキュメンタリー映画
「ショア」の公開、この頃からフランスでも La Shoah という言葉が定着しました。その映画と監督(先日亡くなられました)についてはのちほど。

パリマレ地区 ユダヤ人のホロコーストの記念館

ユダヤ人の歴史関係の建物はいつも警備が厳重で、二重扉に荷物チェックはレントゲンを通して。撮影は禁止ということですので、これ以上の写真はありません。
中にはフランスから強制収容所に送られたユダヤ人たちの膨大な資料が展示されています。そしてヨーロッパにおけるユダヤ人の歴史についても。

パリシテ島 ユダヤ人の強制収容の記念館 セーヌ川

こちらはシテ島、ノートルダム大聖堂の裏側にある「 le Mémorial des martyrs de la Déportation 」
強制収容所に送られたユダヤ人殉教者のための記念館です。1962年に設立されましたが、おそらく旅行者にはあまり知られていないかもしれません。シテ島の端の階段を下りていくのですが、鉄枠の下はすぐ川面、セーヌが増水すると入れなくなってしまいます。
(写真撮影は許可)

パリシテ島 セーヌ川 ユダヤ人の強制収容の記念館

地下の碑。

パリシテ島 ユダヤ人の強制収容の記念館 自治体別の人数の書き込まれたフランス地図

各自治体から連行されたユダヤ人の人数を記し、

パリシテ島 ユダヤ人の強制収容の記念館

先ほどのクロード・ランズマン監督は今月2日に亡くなられて、彼のドキュメンタリー映画「ショア」をフランス/ドイツのTV局  ARTE が Youtube で特別再配信を始めました。(高画質で2部構成で9時間、フランス語版、先ほど日本のご訪問者の方から、youtube の設定で日本では閲覧できないというご連絡をいただきました。クリックされた皆さま、申し訳ございません、残念です。)

シモーヌヴェイユの本 ある人生 Une vie Simone Veil

こちらも今話題の人物、今月1日にフランスのパンテオン(フランスの偉人の墓所)に埋葬された政治家、シモーヌ・ヴェイユ氏。(亡くなったのは去年6月)
彼女はフランス人に最も敬愛された女性政治家といわれており、こちらの2007年に発刊された自伝が今再び話題になっています。
彼女はアウシュビッツ・ビルケナウからの生還者、本の多くのページで収容所での体験が語られています。(まだ読んでいる途中、)

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




ユニクロと旧貴金属再加工工場

ユニクロ マレ地区 店内の旧工場の煙突 マネキン人形

パリには数軒のユニクロ店舗がありまして、こちらはマレ地区にあるユニクロの第2号店、2014年にオープンしました。
2階から撮った図です、左の赤茶色いものは何でしょう、、

ユニクロパリ マレ地区 店内にそびえる旧工場の煙突

店内にそびえるレンガの煙突。ガラス張りの屋根を突き抜けていますね。

ユニクロパリ 店内にそびえる旧工場の煙突 

この建物は1866年から2010年まで操業していた貴金属の再加工工場を改装したもの。
工場はその後移転することに。取り壊しを検討されましたが、この雰囲気のある歴史建造物を再利用しようと計画が見直されました。そしてその後の店舗計画に名乗りをあげたのが日本のユニクロ、というお話です。

ユニクロパリ 旧工場を利用した店内 内装は片山正通氏

ファクトリーの雰囲気が生かされた内装は、インテリアデザイナーの片山正通氏(Wonderwall)によるもの。

ユニクロパリ ファサード 

入口のファサードは当時のままに、Traitement des cendres (灰取扱所) 貴金属加工業者、宝石店、時計店から出る廃棄物やゴミを焼却して、灰の中から貴金属だけを取り出す作業所だったそうです。

ユニクロパリ 地下 加工工場の道具の展示

地下1階には当時の工具が展示されています。(奥にユニクロの服、見えます?)

ユニクロパリ 少年ジャンプとのコラボ クラシカルな一室

今「少年ジャンプ」とのコラボ商品が出ているそうで、クラシカルな部屋とのミスマッチで面白く。(2階奥の事務所か居住用と思われる一室です)

ユニクロパリ マレ店 入口

正面から入った内玄関。ここからが工場の作業場スペースだったのでしょう。
「Atelier des cendres・ 灰のアトリエ」の表示を残しています。(・・多分オリジナル)

旧工場の煙突 隣の中庭公園から ロジエ=ジョゼフ・ミニュレ庭園

この煙突は通りからは見えないのですが、隣の敷地の中庭公園 Jardin des rosiers-Joseph Migneret(一般公開、入口はわかりづらいです)からはこのように。高さは30mを超えます。

旧工場の煙突 隣の中庭公園から

もうちょっと寄りまして。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク