オクシタン祭り

フランス南西部 サンシプリアン 路上を飾る花飾り

こちらはフランス南西部のサンシプリアンという古い街。
この7月の初めに開催された「オクシタン祭り」に行った時の写真です。

オクシタンとは・・
昔、フランスの南半分からイタリア北部、スペイン北部、モナコを含む地域は
オック語という言葉を話す「オクシタニア」という自治地域で、4~19世紀までゆるい自治区の立場を保ちました。(その形容詞&名詞)

フランスの北部と南部は民族・言語的にやや系統が違い、スペイン北東部(独立運動の激しい)のカタルーニャ語とオック語はほぼ同族の言葉です。
そのへんを過去記事 故郷オクシタニアの紋章 でも書きましたのでご参考に。

フランス南西部 サンシプリアン オクシタニア地方の伝統衣装を着る女性たち 

女性陣は伝統衣装で、

フランス南西部 サンシプリアン オクシタニアの紋章入りの赤いスカーフ 

男性はオクシタンの紋章入りのスカーフを、

日本にも進出しているコスメブランドの l’occitane ロクシタン、そちらも同じく同郷発の製品です。(南仏プロヴァンス寄りのイメージですね。)

フランス南西部 お祭りのフライヤー オック語で書かれている

フライヤーはオック語で・・フランス語に近いような遠いような。
「お祭り会場ではフランス語は禁止、オック語のみだって。」と聞きましたが、いえそれは無理、現役で話せる人はもう90代以上ですから。

フランス南西部 サンシプリアン 教会の時計塔 花飾り

街の中央の教会の塔、

フランス南西部 サンシプリアン お祭りの会場の屋台やレストラン アコーデオンの音楽隊

路上に屋台やレストランが席を並べ、音楽隊の方々も廻ります。

フランス南西部 サンシプリアン 肉屋の豚の看板にもオクシタンの紋章入りのスカーフ

肉屋のマスコットも、

フランス南西部 サンシプリアン 広場の舞踏会 民族音楽

広場で始まった伝統音楽の舞踏会、街の人々なんですけれど、曲ごとに全部振付が違うんですが、皆さんきっちり踊り分けています。
ポーっと見ていたらお爺さんが「アンタ!3X○○のステップ出来る??」と誘ってくれましたが、いえ出来ませんわ、、

フランス南西部 サンシプリアン 広場の舞踏会 フォークロアのミュージシャン アコーデオン

フォークロアのダンスミュージック、アコーデオンの音色が華やか。

フランス南西部 サンシプリアン 陶芸ショップ オクシタニアの紋章入り陶器

あ、知り合いの陶芸ショップのお兄さん、オクシタンの紋章のお皿一枚ください。

フランス南西部 サンシプリアン オクシタニアの紋章入りお皿

後ろの赤い水差しも昔彼が焼いたもの。

フランス南西部 サンシプリアン 丘の途中の街 夕暮れ時

日も落ちてきたので(22時過ぎ)丘の途中の街を背後に。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




古の行列 中世の夜

フランスの古い村 中世の仮装行列 松明

こちらは先日訪れたフランス南西部のある古い村。
毎夏開催される中世を偲ぶ祭祀に参加する機会に恵まれました。

フランスの古い村 教会前 集まる村人、観光客 中世の衣装

村中央の教会に集まる人々。
村人も観光客も中世の衣装をまといます。(自分は遠慮、)

フランスの古い村 中世の仮装行列 中央の教会

教会入口。日の暮れた22時過ぎ、

フランスの古い村 中世の仮装行列 松明

松明が次々と手渡され、

フランスの古い村 中世の仮装行列 松明

フランスの古い村 中世の仮装行列 松明を持つ人々

フランスの古い村 中世の仮装行列 松明を持つ人々

フランスの古い村 松明を掲げる人々 中世の仮装行列

フランスの古い村 中世の仮装行列 教会の壁にプロジェクションマッピング ツタ模様

教会の外壁にはプロジェクションマッピング。

フランスの古い村 中世の仮装行列 松明を掲げ歩く人々

村内を静かに廻りながら要所で語られる歴史、村の成り立ち、百年戦争、宗教戦争、ペスト、フランス革命・・・

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




フランスの禅寺 観照寺

ラ・コキーユ(ドルドーニュ県) 曹洞宗 寺 

フランス南西部の静かな街、ラ・コキーユ  La Coquille、
(=ホタテ貝の意味、キリスト教巡礼地の街で、ホタテ貝は巡礼者のシンボルです)
こちらに曹洞宗の禅寺があるとネットで知り、それはぜひにと訪ねてまいりました。
小さくのどかな街です。少し離れた森の中に、

ラ・コキーユ(ドルドーニュ県) 曹洞宗 寺 道場

予約もせずに突然うかがったのですが、案内板に
「お寺は毎日公開されています、どうぞお入りください」とあり、
玄関に入ったら、穏やかな空気を纏った若いお坊さんが「ご案内いたしますよ。」

ラ・コキーユ(ドルドーニュ県) 曹洞宗 寺 日本庭園

日本庭園は地元の造園会社に依頼して造ったそうで、
「日本の庭造りを一生懸命勉強しましたよー。」

曹洞宗 ラ・コキーユ(ドルドーニュ県) お堂 仏像

お堂は複数ありまして、

ラ・コキーユ(ドルドーニュ県) 寺 座禅室

こちらは座禅室。
「ZEN」という言葉はすでにフランス語にもなっていて静けさや落ち着きという意味合いを持って使われています。

曹洞宗がパリに座禅道場を開いたのが1967年。
曹洞宗 ヨーロッパ国際布教総監部 こちらのページでその経緯が説明されています。
この事務所はパリ11区にありまして、ヨーロッパの各道場(300箇所、僧侶300名!)の総監部であり、道場は併設されていないそうです。

ラ・コキーユ(ドルドーニュ県) 寺 太鼓 札幌市中央寺寄贈 佛南山観照寺

仏具の多くは日本からのお取り寄せ。

ラ・コキーユ(ドルドーニュ県) 寺 日本風の回廊

ラ・コキーユ(ドルドーニュ県) 寺 お堂 仏像

こちらは別のお堂です、(大きな建物の室内ですが)

ラ・コキーユ(ドルドーニュ県) 仏様 焼香 僧侶

一緒にお線香をあげてまいりました。(暗くて写真ブレました)
優しいお坊さんはベルギーのご出身、ちょうどワールドカップの対ベルギー戦の翌日だったので「いい試合でしたねー!」と盛り上がりました。
撮った写真をブログに上げていいですか?とサンプル画像を送りましたら、丁寧なお返事をくださいました。

ラ・コキーユ(ドルドーニュ県) 禅寺 食堂 旧カトリック修道院

建物は実は元カトリックの修道院で、こちらは食堂。

ラ・コキーユ(ドルドーニュ県) 禅寺 旧カトリック修道院 佛南山の門

門からです、後ろの建物の真ん中に十字架が残されているのが見えますでしょうか?
この建物が座禅研修生の宿泊所、数時間~数日間~~の研修にどなたでも参加出来ます。
プログラムと詳細はこちらで。
Kanshoji

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク