山頂の気象台 Observatoire

フランス中央高地 エグアル山 山脈 

こちらはフランス中央高地にある Mont Aigoual エグアル山の頂にある気象台、
開設は1894年、今も現役で気象状況を分析しています。

エグアル山 塔の上のパネル 標高1571m mont aigoual

塔の上にあるパネル、放射線の先にある都市や山を表示、標高 1571m。

mont aigoual フランス中央高地 山脈

フランス中央部の山岳地帯を一望に。上5分の1は雲です。

エグアル山 百葉箱 フランス中央高地 

施設の中には入れませんでしたが、外部の機器を眺めて。あ、これは百葉箱?

フランス中央高地 エグアル山 気象台全景

気象台全景。
観光客は多く、この反対側にレストランもありました。(広い駐車場あり)

フランス中央高地 エグアル山 枯れた山

周りの風景ですが、なんだか行き倒れそうな雰囲気で、

エグアル山 フランス中央高地 枯れた山

霧が晴れることはなく、夏服のままなのは私たちだけでした。
あ、オットを勝手に載せると怒られるんですが、、

フランス中央高地 エグアル山 メンヒル

この高地にもメンヒルが立っておりました。
先史時代の巨石記念物です。この中央高地セヴェンヌ地方に集中して残っていまして、こちら過去記事です→  先史時代の巨石文化 メンヒルの里

フランス中央高地 エグアル山 セイヨウアザミ フィボナッチ数列

最後にこの地でよく見かけたセイヨウアザミ。
フィボナッチ数列でしょうか、花の下の膨らんだ所、巻き模様が美しい。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




巨岩の上の孤立村

アヴェイロン県 カントーブル村 cantobre

夏の記憶が交差しますが、こちらはフランス中央高地で偶然に通りかかった小さな村、
山間部を走行中に突然目の前に現れて、あ、寄りたい!!と。

アヴェイロン県 カントーブル村 cantobre  村の入口の門

アヴェイロン県の Cantobre カントーブル村です。
急な坂道を駆け上がり、村の入口の旧門に着きました。村内は車の乗り入れ禁止、というより狭い石畳の坂道が続くので入れません。

アヴェイロン県 カントーブル村 中世の佇まいの石造りの村 cantobre

古い石造りの家が続きます。村内の軒数は30~40軒くらいかと。

cantobre アヴェイロン県 カントーブル村 古い石造りの家々 玄関に続く石のアーチ橋

玄関に渡る石のアーチ、

アヴェイロン県 カントーブル村 石造りの階段

アヴェイロン県 カントーブル村 カトリック教会 cantobre

村の中央に建つ教会、この小さい男の子もツーリスト、その時村内には30人ほどの観光客がいたと思います。

cantobre アヴェイロン県 カントーブル村 教会 マリアとイエス像

教会のマリア様、イエス様は5歳くらいのかんじかな、

アヴェイロン県 カントーブル村 教会内部から外のテラスを見る 十字架

内部から見ますと、テラスに十字架、

アヴェイロン県 カントーブル村 教会前のテラスから渓谷を見る 十字架 cantobre

一気に展望が開けます。
有史以来、侵略者を監視するための要塞の役割を担っていた村といわれています。

cantobre アヴェイロン県 カントーブル村 古い石造りの家々

中世の趣の村をゆっくりと。この景観を守るために苦労されているのかも、外壁のメンテナンスだけでも難しいでしょうね。

ツーリストオフィスも土産店もなく(ホテルとレストランはあります)、落ち着いた静かな佇まいの村で、

アヴェイロン県 カントーブル村 木のドア 向日葵に似た花のドライフラワー cantobre

この地方の高原に咲く向日葵に似た花、茎はなく地面に咲きます。
乾燥させたものをドアに飾る家々をよく見かけました。

cantobre アヴェイロン県 カントーブル村 家の門 上に十字架

アヴェイロン県 カントーブル村 岩の上から渓谷を見下ろす cantobre

村の端にあるさらに小高い岩、昔はこの上に要塞城(アクセス超難)が建っていましたが、宗教戦争中に破壊されたそうです、残念。

cantobre アヴェイロン県 カントーブル村 岩にオーバーハング気味の集落

岩の反対側より。オーバーハング気味で岩上いっぱいに造られた集落の景色を見ることが出来ます。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




錆びのある風景 

フランス中央高地 セヴェンヌ地方 農耕地 錆びて放置された農耕具

まだまだ駆け抜けます、フランス中央高地。
牧畜と農耕がこの山岳地の主な産業で、トレッキングやキャンプのベースも多くヴァカンス地としても人気です。

フランス中央高地 セヴェンヌ地方 渓谷

「喉」と表される渓谷、最初何かと思いましたが、底を水(川)が細く流れていくからですね。トレッキングは最高に楽しいと思います。
   ….が、、、
車で急勾配のいろは坂 (車一台分、ガードレール無し)を命の縮む思いで昇り降り。
カーナビの情報はまだ危険度、道の細さまで計算してくれないのですね、山間部では要注意です。

フランス中央高地 セヴェンヌ地方 農耕地 錆びて放置された農耕具

車を飛ばして、左右に見えてくる小さな村々を訪ねるのが楽しみで、

フランス中央高地 セヴェンヌ地方 村

フランス中央高地 セヴェンヌ地方 錆びて放置された農耕具

今気になるテーマ、錆びた金属が目に優しく。朽ちた農耕具はそのまま放置されるのでしょう、耕地が広いですからね。

フランス中央高地 セヴェンヌ地方 錆びた農耕具 女の子の人形

フランス中央高地 セヴェンヌ地方 古いガソリンスタンド フランスフラン払い

フランスフラン払いのガソリンスタンド。
・・・もっと観光に役立つような物を撮りなさいよ、と言われそうですが、

フランス中央高地 セヴェンヌ地方 村の入口 十字架

フランスの村入口には必ずある十字架の標。こちらの村のものは凝っていまして、

フランス中央高地 村の入口の十字架 羊と羊飼いと麦の彫刻

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク