要塞に続く洞窟階段 ラロッシュギヨン城

ラロッシュギヨン城,石灰岩の洞窟会談

以前、クロードモネの家を訪ねた帰り道に(下、その記事です。)
クロードモネの家
すぐ近くのLa Roche-Guyon城にも行ってきました。
以前から行きたかったのですが「お城見学!」と聞くと子供たちは
「えー、、」と浮かない顔をするようになり、なかなか行くことが
出来なかった場所であります。子供が田舎に行っている間にこそ。
(これが日本だと「お寺見学!」この言葉で同じ状況になります。)

パリから西へ車で一時間ちょっとのヴァルドワズ県の小さな村。
「フランスの最も美しい村、Les plus beaux villages de France」
のひとつにあげられているラロッシュギヨン村です。

城の建設は11世紀から始まりました。
このお城の見どころは、丘の上に作られた要塞に続く石灰岩の
洞窟階段です。(戦時には最後の砦となる場所です。)

ラロッシュギヨン城 ヴァルドワズ 要塞 

上の写真の中央上部が要塞です。
城の後ろの山全体が石灰岩で出来ています。
その中をくり貫いて洞窟階段が作られています。まずは城内へ。

ラロッシュギヨン城 城内部 窓

お城内部はシンプルな造り、特に装飾品などを誇示せず。

ラロッシュギヨン城 マリア様礼拝所

内部の小さなマリア様のための礼拝所です。

ラロッシュギヨン城 聖セバスティアヌス像

小部屋のドアをくぐるといきなり現れ、なかなかのインパクト。
おそらくこれは聖セバスティアヌスの像と思います。(未確認)
3世紀のローマで、キリスト教徒であることを理由に皇帝から
死刑を言い渡され、矢による拷問を受けたとされる聖人(かと。)

さて城の上階から洞窟階段へ。

ラロッシュギヨン城 石灰岩の階段 要塞

ラロッシュギヨン城 石灰岩の階段 要塞

ラロッシュギヨン城 石灰岩 要塞 鳩小屋

上は石灰岩(削りやすい)に掘られた鳩小屋の巣です。
鳩は食料として+フンは畑の肥料に重宝されました。

 

ラロッシュギヨン城 石灰岩の階段 要塞

狭くて急勾配、白亜の色が非現実感にあふれています。
これは下から見上げた図。(下っている図ではありません。)
階段はツルツルと滑りやすく、手すりにしがみつきながら。
すれ違う人と「えっまだ、まだなんですかあ??」

ラロッシュギヨン城 石灰岩の階段 扉 尋問用小窓

途中怪しげな扉などもあります、ここで内部者か敵かを見分けるわけ
ですね。尋問用の小窓でしょう、不気味さがツボに来ます。

ラロッシュギヨン城 石灰岩の階段 要塞 尋問用扉 小窓 鉄格子

ラロッシュギヨン城 石灰岩の階段 要塞

やっと要塞上部が見えてきました。足はガクガクです。

ラロッシュギヨン城 城塞上部

前面にセーヌ川、北から攻めてくる敵(特にヴァイキング)を監視する
ための施設としては3世紀からの記録があるそうです。
下にお城のフランス式庭園が見えますね。

ラロッシュギヨン城 城塞からの眺め セーヌ川 フランス式庭園

要塞上部にある、ええ、トイレです。下はお城基礎部分までの断崖絶壁。
中世の要塞城によくあるタイプのものです、冬はさぞかし寒かったかと。

ラロッシュギヨン城 要塞 トイレ 断崖絶壁

この城の見どころはもうひとつ、地下に広がる格納庫。
1994年、フランスがドイツに占領されていた時、ナチスのロンメル将軍が
この城を拠点にして活動していました。
その時にポーランド人の捕虜に命じて、地下を格納庫として改修し、
ドイツ軍の武器弾薬庫として使用しました。
このように無数のパーテーションがあり、とてつもなく広く、
迷路のように入り組んでいます。
庫内にいたのは私一人きり、途中で恐ろしくなって出口に急いだため、
写真を撮るのを忘れました。
下の写真は以下のサイトからお借りします。
http://fr.topic-topos.com/casemates-la-roche-guyon
(Merci pour la photo.)

casemates-la-roche-guyon