パリ地下鉄 3景

パリメトロ 監視モニター 6画面 ホームの様子 6景

暗い話が続いてちょっと凹みましたので、軽く街角写真を。
メトロのホーム、6フレームに6つの日常。

パリメトロ サンミシェル駅 構内に開く閉ざされた通路 金網 鍵

パリのメトロにはあちこちにこのような「穴」があって、今も機能しているものなのか・・鍵がかかっていますけど。

20年以上も昔、パリのメトロの廃構内に秘密のクラブ基地が見つかって、バーやらミニ劇場まで造ってあった・・という記事を読んだ覚えがありますが、もう検索には出てきません。
よく考えたら、もしかしたらリュックベッソン監督の映画「サブウェイ」のことかな? ちょっと見てみます。

上は Saint-Michel 駅の構内にあるもの、ちょうどこの背後側は1995年のイスラム主義のテロリストによる爆弾テロの現場で、8名の犠牲者のために今もお花が供えられています。

パリメトロ エクトールギマール アールヌーヴォーのメトロ入口ランプ

アールヌーヴォーの鬼才エクトール・ギマールのメトロ入口のランプ。

ギマールはパリ万博(1900)に合わせて建設されたメトロの外装に腕を振るいましたが、
でもそのデザインは「時代遅れ」との不評をかってしまい、のちにほとんどが取り外されてしまいました。今使われているものは、その後再評価されて復元されたものです。
(わずかにオリジナルが数駅に残っています。)

結局写真も話も暗めでしたね。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク