葉模様のガレットデロワ

ガレットデロワ 陶器のフェーヴ 葉っぱの模様 colors-france.com

パリの大先輩ブロガーの moiさんのブログ のガレットの記事を読んで、
今年はまだ手作りしてなかったわ、と思い立ち。
1月6日キリスト教の公現祭でいただくアーモンドクリームのパイです。
でも最近は12月後半から1月末まで、人と集まると必ずといっていいほどこのパイが出てきます、今期は何枚食べたことでしょう。
上の陶器のフェーヴ、実はガレットの中に仕込み忘れて焼いてしまいました。
なので「当たり!今日の王様は私!」のゲームは無し。

colors-france.com  ガレットデロワ 葉っぱの模様を描く

2枚のパイシートを上下に使います。(市販のもので、手作り面倒ですし)
葉っぱの模様を食事用のナイフ(=生地を切ってしまわない)でグルグル。
簡単なのに「わーすごい!」と驚いてもらえるお得なデザインです。
最初に中心を貫くように4本の線を引きます、あとはそれに沿って葉を描くだけ。

colors-france.com ガレットデロワ アーモンドクリーム

アーモンドクリームは、卵と柔バターとアーモンドパウダーとお砂糖で。
(+ヴァニラ、香蒸留酒など)ただ混ぜ合わせるだけでよいので簡単。
上に葉っぱのシートを乗せ、端を包み、溶き卵を塗ります。

colora-france.com ガレットデロワ 葉っぱの模様

colors-france.com 教会のクレシュ イエス生誕のジオラマ

ロワ Roi とは王様の意味なのですが、このガレットではイエス様誕生の際の訪問者、
Rois mages 東方の三博士のこと。
クリスマス前に近所の教会で飾られたクレシュ(イエス誕生のジオラマ)、
あ、三博士はまだご到着でない図です。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




ライラックのパイ

ライラックの花 チーズケーキ

ライラックのフランス名は「リラ lilas」 今とても綺麗に咲いています。
「パイ」の上に散らす予定でしたが、紫色が映えるかも、とレアチーズケーキの上に飾ってみました。

紫のライラック 

「ライラックのパイ」にピンときた方・・かつての昭和女子の皆さまですね。
いがらしゆみこ/水木杏子 両先生の「キャンディ・キャンディ」懐かしいです。

キャンディが焼きあがったパイにライラックの花びらを飾りました、伯母様を怒らせてしまったお詫びに、、そのエピソードの顛末はほろ苦いものでしたが。

フランスでは日本より2年遅れでテレビアニメが放映開始、漫画は1993年に出版されました。もちろん仏蘭西女子をも魅了して大ヒットになりました。
今もときどき話題を振られます「カンディ見てたけど、あれは・・」みたいに。

*フランスではリラ入りのお砂糖などを作りますが一応調べてみました、毒性などは全くないかと→→→日本中毒情報センターの無毒植物のリストに入っておりました。