遺跡の島 (モルビアン湾 ブルターニュ)

Morbihan湾 ガヴリニ島 エルランニック島 Gavrinis Er Lannic

前回のカルナック巨石群(ブルターニュ)の旅の続きです。
カルナックから車で30分のモルビアン湾(Morbihan)でまたまた遺跡を探します。
湾内には大小の島がたくさんあるのですが、上の写真は古墳のあるガヴリニ島から環状のメンヒルのあるエルランニック島を眺めた写真。ともに無人島です。
(メンヒルについての説明は 先史時代の巨石文化 メンヒルの里、過去記事です。)

Morbihan湾 湾内 カラフルなボートたち

モルビアン湾、穏やかな海でのマリンスポーツも盛ん、ヴァカンス地としても人気です。そしてブルターニュには古代巨石文化の遺跡、6000のメンヒルと1000のドルメンが現存しており、遺跡巡りも楽しい地でありまして、
(ドルメンについての説明は ご近所のドルメン 巨石墓遺跡、過去記事です。)

Morbihan湾 船で各島へ行く

この日は一番楽しみにしていたガヴリニ島の古墳 (Cairn de Gavrinis)へ向かうことに。
湾内の港からすぐそこ、中央に見える小島がガヴリニ島であります。迎えの船がやってきました、さて乗り込みます。(ガイドツアーのみ、一時間半。)

ガヴリニ島 湾内の潮の流れ Gavrinis

あっという間についてしまいました、小高い丘ひとつといった風情の小島です。

ガヴリニ古墳 Cairn de Gavrinis

入口の小屋のロッカーに手荷物を全部預け、これは遺跡を傷つけないためなのですが、カメラももちろんダメ、しかし携帯電話だけはOKと。
島の中央、ガヴリニ古墳全容です。建設は紀元前3500年前、エジプトのピラミッドよりも古いです。同時代の他の古墳と同じく特権階級のお墓でありました。
右側の小石による「覆い」のみ後世に修復されまして、後部の盛りはオリジナルです。

ガヴリニ島 ガヴリニ古墳 ガイドさん

前面、そして入口、そして我らのガイドさん。

さて入口から入ります。写真は撮れませんでしたので、モルビアンTourist officeから画像をお借りしました。
奥行きは14m、23枚の壁の石、9枚のテーブル状の石が天井を覆っています。(石の部分がドルメンというわけです。)このドルメンの特徴はご覧の通りの繊細な紋様が彫り込まれていること。(石、超固いですよ、)
冬至の日にはこの入口から太陽の光がまっすぐに奥まで差し込みます。太陽信仰ですね。

指の指紋のような、、あと明確に形状の解るデッサンが3つありました、斧、蛇、弓。
けっこう戦闘的、権力的なイメージです。
こちらの画像はカルナックTourist officeからお借りしました。

こちらでガイドさんから興味深いお話が・・
ドルメンもメンヒルも今から解明できることはもうない、と思われていたのですが、科学の更なる発達により再調査が進んでいるとのこと。それはデジタル技術によるもの、石に彫り込まれたデッサンを細密にデジタル画像(3D)に残し解析中、デッサンを彫り込んだ人が右利き左利き? 筆跡の僅かな違いから何人の職人がいたのか? さらに謎の線描が何のイメージを模したものなのか?(グーグル画像検索の最上位仕様・・?)、こういったことがおそらく解りそう、もう少しお待ちください、ということです。楽しみです。

ガブリニ島より エルランニック島を眺める 

満潮時、右より外湾から激しい潮の流れが入ります、それに逆らって多数のボートが果敢に挑戦しますが全然進めない・・。ゆえこの向かいのエルランニック(Er Lannic)島にはアクセスが大変難しく。こちらの島には環状と半円状のメンヒルが残されています。
行きたいんですけど・・
この古代遺跡が造られた当時この湾は陸地で、島々は丘であったということです。

エルランニック島 満潮に沈むメンヒル Er Lannic

船上で去り際に向いのエルランニック島(Er Lannic)を望遠レンズで。
左側に見える列石は、満潮の流れに沈みゆくメンヒルです。

ベルデ島 干潮時 潮の流れ Berder island

こちらも湾内のベルデ島 (Île Berder)、 個人所有の島ですが自由に入れます、しかし、、干潮の数時間の間だけなのですが。

ベルデ島 干潮時 道が出現 Berder island

しばらく待って道が出来ました。潮の満ち引き時間の案内板が出ています。
時間を間違え島に取り残された場合は船を呼びますが、けっこうな金額がかかるとか。

ベルデ島 夕暮れ モルビアン湾 Berder island

ベルデ島からの夕日、シルエットはオット。

モルビアン湾の夕暮れ 船の群れ Morbihan

日の暮れたモルビアン湾。


カルナック巨石群 (ブルターニュ)

紀元前3000年前の巨石文化 メンヒルの列 Carnac Bretagne

ちょっと前にフランス南部の先史時代の巨石文化 メンヒルの里を訪ねましたが、その直後方角を変え、フランス北西部ブルターニュにも「巨石」を追いかけて行って参りました。(ちょっと疲れました、)
こちらは今さら説明するまでもない、あのカルナックの列石遺跡であります。
ついに来ました、長年の夢でありましたので嬉しくて。

紀元前3000年前の巨石文化 メンヒル Carnac Bretagne

紀元前3000年ほど前、この地に住む人々は何を思ったのでしょう、こんなとんでもない重量の石を運んでは立ち上げ、運んでは立ち上げ、その数は2800個ほどを数えます。

紀元前3000年前の巨石文化 メンヒルの列石 Carnac Bretagne

4㎞くらい続くんですよ、この石の行進が。

紀元前3000年前の巨石文化 メンヒルの列石 Carnac Bretagne

今は列石を保護するために柵で囲まれております。(一部にガイドツアーで入場可。)

紀元前3000年前の巨石文化 カルナックのドルメン Carnac Bretagne

列石の中にドルメン発見(古墳墓)。ドルメンについては過去記事に書きましたのでこちらをどうぞ。 ご近所のドルメン 巨石墓遺跡

紀元前3000年前の巨石文化 ドルメン カルナック Carnac Bretagne

内側をちょっと覗いて。

紀元前3000年前の巨石文化  庭の垣根になっているメンヒル Carnac Bretagne

列石のご近所の家なのですが、メンヒルがそのまま塀に。

紀元前3000年前の巨石文化 メンヒル 密集地 クレープレストラン

こちらは列石の中央近く、巨石が密接している部分なのですが、これはおそらく入口なり表口といった場所だったのでは、と言われています。メンヒルはドルメンと違ってまだまだ謎が多いので断定は出来ないそうですが。
ここで面白いなと思ったのは、奥に見えるのはクレープレストランです。クレープ(ソバ粉)はブルターニュの名物料理。
実はこの巨石が並べられた紀元前3000年前もこの場所には必ずや「食べ物屋」があったんじゃないかと勝手に推測、表口ですしね。
お・そ・ら・く世界最古の店舗です、今も現役という点で、笑。

紀元前3000年前の巨石文化 四角く並んだメンヒル Carnac Bretagne

少し奥に入りますと、形を変えた列石遺跡があります、これは何の会場だったのかしら、今となってはわかりようがないことも多いです。

巨大メンヒル 6メートル 小さな少女二人が手で囲む Carnac Bretagne

こーんな大きなメンヒルも、6mあります。 Merci pour les petites filles!

巨石文化 古代古墳 4500年前の古墳

また脇道に、何やら案内板などがあるのですが、保護されているわけではない遺跡があるらしく、、

4500年前の古墳 Tumulus de Kercado Carnac Bretagne

はい、Tumulus de Kercado ケルカド古墳と呼ばれる古代のお墓です。
こちらとドルメンの違いなんですが、この土と石に盛られた中に巨石で組まれた「ドルメン」があるのです。
もともとドルメンはこのように覆われていました。年月とともに巨石のみが剥き出しになったものがドルメンで、運よく外側の覆いが残されたものが Tumulus チュムリュス と呼ばれる古墳という、あれややこしいですね。
この古墳は1920年代に発掘され、その際に多数の宝飾品や埋葬品と骨の一部が発見されました。特権階級のものだったのですね。綿密な解析の結果、およそ4500年以上前の物であろうと(紀元前でなく)。てっぺんにメンヒルが一基乗っています。

4500年前の古墳 Tumulus de Kercado Carnac Bretagne 内部

内部はこんなかんじで、ライトが数分間だけ付くようになっていて自由に入れます。でもけっこう怖かった、オットが入りたがらないので→「お墓じゃん。」一人でコワゴワ。奥まで6.5mあります。

ケルカド古墳を環状に囲むメンヒル Tumulus de Kercado 4500年前の古墳 Carnac Bretagne

古墳を囲んでメンヒルが環状に並んでいます。

4500年前の古墳 環状に囲むメンヒル Tumulus de Kercado Carnac Bretagne

ひとつにそっと触らせてもらい、、4500年前ですよ、4500年!

紀元前3000年前のメンヒル列石 遺跡 Carnac bretagne

メンヒルは描き込まれた図や模様といった物がほとんどなく、今も謎が多い遺跡なのですが、この地方には「この列石は、ここに進軍してきたローマ兵をこの地の聖人の一人が石に変えてしまったのだ。」という伝説があるそうです。なんだかこの話が一番すっきり腑に落ちるかな、と思ってしまいました。
(はい、それでFAで。)


ドルメン 巨石墓遺跡2

ドルメン 

森の中の道をびゅんびゅん飛ばしていましたら、
おっ! ドルメンの手書き表示の板があるではありませんか。
ドルメンは新石器時代の共同墓地の遺跡であります。

ドルメン 道の端に木の表示 DOLMEN

昔に書いた記事はこちら→  ご近所のドルメン 巨石墓遺跡

ドルメン 道の端に木の表示 DOLMEN

反対車線からも見えるように対の表示が。
ちょっとUターンよッ!と叫んで、細い小道を苦労して舞い戻り、

表示に沿って森の中へ入る 小道

わしわしと森の中へ入ります。

森の中のぽっかりとあいた空き地 ドルメンの石が連なる

あ、見えてきました。

土盛りの上に建つドルメン 崩れかけ

土盛りの上にのっていますね。
紀元前4000年~2000年の建設、、フランスでは4000基ほどが残っています。

崩れたドルメン 巨石墓 遺跡 木の切り株

崩れたドルメン 巨石墓遺跡

巨大な墓の入口だった部分を巨石で覆っていたそう。

ドルメン 巨石墓遺跡 ドラゴンの頭に似ている

ドラゴンの頭部みたいですね、ネバーエンディングストーリーのマペットに
こんなかんじの物があったような。

ドルメン ずれた上部の石

上部の蓋になっていた一枚岩は、たいていがずり落ちています、これもそう。

森の中の野花 

森の小道は春の野花で華やかでした。

森の中の野花 紫すみれ

森の中の野花 西洋たんぽぽ