我が家の田舎サラダ

フランス南西部の特産品を入れたサラダ 鴨肉の砂肝のコンフィ 野菜 チーズ

フランスのレストランでサラダを注文するときにはそのボリュームにご注意ください。
ちょっと胃が疲れたから・・とサラダを単品で頼んでみたら、大きなサラダボールいっぱいにチーズ・お肉・野菜がてんこ盛りでやってきた、という場合がほとんど、ワンプレートランチとしての大きめのサラダを用意しているレストランも多いです。

前置き長く、やっと本題です。

上の写真はオットの田舎のフランス南西部でよく食べられるサラダ、一皿だけで食事をすませたい(=料理する時間がない)時に作ります。
写真写りのために少な目の盛り付けです、サラダボールの中にはこの8倍くらいの量が入っていた、とお断りしておきます。(二人で4回おかわりしたから、)

サラダ用の野菜 ミニトマト マッシュルーム

我が家の田舎サラダとは・・なんでも好きな野菜をたくさん入れて、
後ろはマッシュルーム、こちらでは「パリのキノコ」と呼ばれています、なんで?
(今度調べます)

フランス南西部特産の鴨の砂肝のコンフィ

オラが里の名物料理、鴨肉のコンフィ(今回は鴨の砂肝)が入ります。
コンフィとは、鴨の油脂でお肉をゆっくり揚げて瓶詰や缶詰にした保存食で、フランス南西部の特産品です。
南西部の料理に使う油はとにもかくにも鴨脂、コレステロールが怖いとか言ってられません、美味しいものはみんなコレ。
その点南仏はオリーブオイルを使います、北部はバターかな、とそれぞれの地方で使う油脂もいろいろです。

フランス南西部特産品入りサラダ チーズ 鴨の砂肝のコンフィ 野菜 クルミ

全部入れます、好きな物を。
チーズ、砂肝コンフィ、野菜野菜野菜、クルミ(南西部特産!)、ガーリックパウダー(生でもよい)、ハーブ。
たっぷりのヴィネグレットソースは赤ワイン酢とクルミのオイルで。

ワールドカップ2018 フランスXベルギー戦前 パリ市庁舎前 巨大スクリーン 警察車両 警察官

今日はパリに行っていたのですが、パリ市庁舎前にいきなりパトカーが大集合、道がブロックされました。警察官は軽装備なので何でしょう? 後ろに大スクリーンが見えますね。・・と今書いている所でフランスチームが勝ったようです。

ワールドカップ2018 フランスXベルギー戦 2時間前 パリ路上 お祭り騒ぎ

試合の2時間前ですが、道路をふさぎ奇声を上げる人々があちこちに。
帰ったほうがいいかな・・と地下鉄駅に急ぎました。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




フヌイユとオレンジのサラダ

ミントの葉 フヌイユの緑の先端

過去記事で フィリップⅡ世王のパリ城壁 左岸編 で訪れたレストラン、
Un Dimanche de Paris でいただいて、それ以来よく作るようになりました。

オレンジとフヌイユを、レモン果汁とオリーブオイルのドレッシングで和えます。フヌイユはうんと薄く切って、ドレッシングに漬けて一時間ほど置くと味がよく馴染みます。
レモンでなくてもバルサミコ酢でもリンゴ酢でもお好みで。塩胡椒ハーブも同じく。
見た目も初夏の雰囲気。

フヌイユ

こちらではレギュラーな野菜ですが、日本では見かけたことがなかったと思います、日本名は茴香(ウイキョウ)だそうで。
独特の香りと甘さがあって、見た目の通りセロリに近い味と食感があります。
南仏の食前酒パスティスの香り付けにも使われていて、もしパスティスが苦手でなければ(最初はひどく気味の悪い味だと感じました、今は好きですけれど。)大丈夫かなと思いますが、若干クセのある味かもしれません。