NAS導入 大量データとバックアップ

SDカード SanDisk 64GB パナソニックLumix

カメラ環境を整えたら、一枚の写真が 80MB までいってしまうようになり(数値間違えてません!)あれこれ圧縮方法を考えているのはもちろんなのですが、カメラ用 SD カードもどんどん重くなりまして、

Synology NAS 組み立て 4TBのHDDを組み込む

今までの写真データが膨大になってしまい、ウチの HD を全部集めても苦しくなってきたので、NAS を導入することになりました。(いえ、一番容量を取っているのはゲームソフト、一本で50GB とか・・)
Network Attached Storage 「ナス」LAN に接続して利用する外付けハードディスクです。
複数のデバイス、外出先からもデータにアクセス出来るようになります。
中には 4TB の HDD を組み込みまして、

Synology NAS DS115j

まずウチのデスクトップ脇に一台、あと実家にもう一台を設置予定。そちらにデータを同時にネットで送信、クラウド Backblaze日本語 も利用して二重のバックアップを取ることに。 Synology NAS

しかし、電化製品を撮っても味気なくて・・色で遊んでみました。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




無刻印ブラックキーボード

daskeyboard キーボードを打つ男性の手

「働く男の手」という写真シリーズがあったような記憶がありますが、
「働く父の手」だったかな?  定かでありません。

写真は「ヴォルデモートの手!」とつっこまれ。

このキーボードは画像加工でキー印字を消したのではなく、
こういう無刻印のキーボードであります。

Daskeyboard 社の製品で 、非常に繊細かつ丈夫に作られているプロ好みの機種で、
メカニカルキーボード = キーを底まで押さなくても反応してくれる鋭敏な仕様、
Nキーロールオーバー = 複数のキーが同時に押された場合、その押された順序に従ってすべて認識されるというスペックを持っています。

>べつに無刻印ってところに用はないよ、
Geek 向けとかそんなかんじ?

しかしキー印字がないのは不便だわ、イライライライライライライライライライライライライラ・・
タッチタイピングを完全マスターするぞ、と根性で鍛えましょうか、
(大リーグボール養成ギブス的、←知らない人多いかも。)

Daskeyboard ゲーマーから評価の高いキーボード オレンジのバックライト

こちらは同社のゲーマーに評価の高いキーボード、バックライトのオレンジは強弱調整可です、けっこう目に刺さりますので。
Nキーロールオーバーは、むしろゲームプレイで大変重要だったりします。
(仕事上ではそんなに重要でないよ、とのこと。)

「凄腕ゲーマーの手(10代)」動きは仕事師よりも大きく速く。
複数キー同時押しの激しいこと。
左端のM1~5のキーは自分でプログラムするためのもの。
戦闘ゲームなら武器チェンジ専用ですね。


屋根裏部屋の iMac G5 (2004)

iMac外枠のみ 撮影会 少女 屋根裏

2005年に渋谷の Apple Store で買った思い出の iMac なのですが、5年ほど使った後にモニター上に虹色の帯が現れて、慌てて HD の中身を移し、その後あれこれと原因を探り、おそらくマザーボードの不具合だろうと。

マック部品の中古市場で手に入れた代替マザーボード、100€くらいの出費でしたでしょうか、勇んで分解&交換作業を試みましたが、あれ?あいかわらず虹色の帯が出てきて非常にガッカリしました。ではモニターそのものに難あり、と再度見当を付けましたが、またの移植作業にとりかかる気にならず・・・

屋根裏部屋の古道具 iMac G5 

結局、屋根裏部屋にしまいこんで忘れておりました。ふと存在を思い出し。
見ての通り、居並ぶ古道具の中ではまだまだ「新顔」という風情であります。

iMac g5解体中 上部のカメラの取り外し

ちょっと分解してみましょう。上部にあるカメラを取り外しているところ。

精密作業用ねじ回しセット

こういう細かな用具にはなぜかテンション上がりますね。

外枠の外れたiMac g5

外枠が外れたところ。

屋根裏部屋撮影会 iMac g5の外枠を首にかける 少女

「外枠だけ」も面白い、と屋根裏部屋にて撮影会の Off Shot (和製英語だそうで。)
いやそれは・・○○子でしょ?

屋根裏部屋撮影会 iMac g5 の外枠を首にかける 少女 疲れている

光の加減に苦労して何度も撮り直し、マヌカン役もそろそろ疲れてきました。

さてこの iMac 、どうしましょう?