Nikon 最強ズームレンズ

ニコンズームレンズ 大三元 標準ズーム AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

「大三元」と呼ばれる最高峰ズームレンズ 3本のうちの 1本、
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED (最新は手振れ補正付き VR。)
こちらをいきなり手に入れてしまいました。
ちょっとずつ良いレンズを買い直していこう、と思っていましたが、
店頭での誘惑に負けまして。

ニコン 大三元で撮る木々 標準ズーム 

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED ニコン 大三元 標準ズームで撮る木々

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED ニコン 標準ズーム 大三元

「f2.8 通し」
カメラ好きにはお馴染みの魔法の言葉
簡単に言うと・・薄暗いところでもしっかり撮れるズームレンズということで。
他にも優れた点だらけのレンズなのですが、詳細はNikon-imageで。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED ニコン標準ズーム 大三元 葡萄の木

24-70mmの標準ズーム、外出に一本だけ持っていくのに便利かな・・
と思ってしまうのですが、重さは1㎏、カメラボディとの総量は2㎏。
抱えると、ウチの子は3㎏で生まれてきたわ・・とか思い出します。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED ニコン標準ズームレンズ 大三元で撮るラベンダー

綺麗な写真を撮るにはカメラボディの質でなく(そんなに差は出ないかと、)
レンズの質が大変に重要で(しみじみ実感、)
でも写真を撮る者の力量がどうにもこうにも、、(以下無言、)

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




蛇腹カメラ Kinax baby 1949-1956

屋根裏部屋のライティング 旧式カメラを構える

お宝は埃にまみれておりました。
1950年代に販売されていたフランス製のカメラ、Kinax Baby。
スイッチでビョーンと伸びる蛇腹式(スプリング式)、シンクロのフラッシュ付き。

写真のライティングは屋根裏部屋の小窓より、良い陰影を作ってくれました。

キナックスカメラ フランス製 蛇腹式

1952年には7010フランの値段がついていたそうです。
でも誰も私のまわりで、その当時の7000フランの価値がわからない・・
「あの時代にカメラなんて、それはそれは珍しかったでしょ?高かったはず。」

・・・例としてフランスパン、バゲットがその当時いくらだったのか調べてみました。
kg単位で、デノミ、ユーロ換算・・と複雑な表から割り出してほぼ22倍の価格差で。
ということはこのカメラは現代の3300ユーロ相当だったかと予想。
(確証はありません、)

ま、とりあえず、あの時代にはけっこうな贅沢品だったと思います。
(私が今新調したいカメラより高い!)

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク