パリの猫カフェ

タビー猫 カフェの窓から外を除く 招き猫のクッション

パリにも「猫カフェ」がありまして、
2013年に日本での人気に影響を受けてパリ3区に1号店が(3年後に閉店)
現在は知る限りでは3軒の猫カフェが営業中です。

ルムスタッシュカフェ パリ13区 店内

こちらのお店は13区のミッテラン国立図書館のすぐ近く、Le Moustache Café
店内はこんなかんじで、

ルムスタッシュカフェ パリ13区 タビーと黒猫 キャットタワー

ルムスタッシュカフェ 長い毛のトラ猫 スーツケースの上で休む

エコロジー風味のスタイル(分かります?)の店員さんが
「ニホンの方デスカ?」照れながら「イラッシャイマセ!」

ルムスタッシュカフェ 薔薇の香りのお茶 猫の顔のマグカップ

薔薇の香りのお茶をいただき、

ルムスタッシュカフェ 養子(猫)案内のパンフレット

養子(猫)案内のパンフレットです。

ルムスタッシュカフェ 店内に猫がたくさん

ルムスタッシュカフェ 黒猫 家具の隙間

ルムスタッシュカフェ 猫

ルムスタッシュカフェ 外観 猫のイラスト  ヤモリのペイントアート

Le Moustache Café

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




パリのパッサージュ(屋根付き商店街)

パリのパッサージュ(アーケード付き商店街)

パリ名物、昔ながらの屋根付き商店街の写真です。
華やかなお店が並ぶわけではないですが、
独立系ブティックやアンティーク店、古風なカフェやレストランが多く、
ぜひぜひ迷い込んでいただきたい場所です。
(今は市内に 10か所ほどのパッサージュが営業しています。)
上の写真は Passage des PANORAMAS(パッサージュデパノラマ、パリ 2区)
切手やコインなどの古物商や雑貨店、狭い通路にゴチャゴチャと並ぶお店が
良い雰囲気を出しています。レストランも充実しています。

下は Passage Choiseul(パッサージュ ショワズール)オペラ座近く。
ブティックに古本屋、画廊や画材店、小劇場まで何でもアリな商店街。
メジャーではない、いえ<メジャーなど狙ってないわよ>と言いたげなブティックも
いろいろとあります。
ゆえに面白いものが見つかることも。ぜひブラブラと散歩してください。
気軽なレストランも多く、フラッと立ち寄るのに便利です。
昔、新婚の頃にこのパッサージュの隣のサンタンヌ通りに住んでいました。
サンタンヌ通りは通称<日本人街>、日本食のレストランがずらりと並びます。
このへんに来ると懐かしさで胸がいっぱいになります。

DSC_0006

下はガイドブックでも必ず紹介され、パリ一美しいといわれるGalerie Vivienne.
装飾の華麗さもあって、落ち着いた雰囲気のパッサージュです。(パリ 2区)
サロンドテ(カフェよりももう少しすましたかんじでお茶するところ。)の名店、
アプリオリテがあります。ちょっとオシャレして通路のテラス席に座りたいです。

DSC_0010