パリに日本のゲームセンターがあります

パリのゲームセンター 太鼓の達人 二人プレイ

「太鼓の達人」です、連打ああああーー!
日本で、お財布が空っぽになるでしょ?というくらい夢中になって遊んだ
ゲームです。

この写真は実は昨日、パリにあるゲームセンターで撮ってきたものです。
(携帯でコソコソ撮ったので画質が悪いです。)
パリの12区に日本のゲームセンターの愛好家が2011年から始めた日本製の
アーケードゲームマシンを置くゲームセンターがあります。
地上階と地下一階の210平米に100台近い日本のゲーム機が揃っています。

「Arcade Street」
10, rue des immeubles industriels 75011 Paris 最寄り駅 Nation

パリのゲームセンター 太鼓の達人 曲目は少し古いです

ちょっと古いヴァージョンですね。最新のヒット曲は・・ないです。
(日本のように即更新は無理のようです。)

ナムコ ビートマニア パリのゲームセンター

これは今の日本でも人気のDJゲーム「ビートマニア」コナミ。
私も日本で挑戦しましたが、全然ついていけませんでした。

パリのゲームセンター バンダイナムコ レイジングストーム 大量殺戮マシンガンゲーム

「レイジングストーム」
<撃ちまくれ 壊し尽くせ 死ぬのが怖くないのか?>
と強烈な日本語のキャプション付き。
見たままの大量破壊マシンガンゲーム。バンダイナムコゲームス(2009)

パリのゲームセンター ゲーム用コイン 50サンチーム

ほとんどのゲーム機の1プレイが50サンチーム、(60円くらい)
専用ゲームコインjetonを使います。投入口には<100円>・・懐かしい。

しかし大変残念なことに、このお店、
この9月末での閉店が決まってしまいました。
店舗の賃貸契約が終ってしまうことが理由だそうです。
また別の場所で再開店するかどうかは未定ということです。
なので今日が最後かもしれないと思って家族でやってまいりました。

パックマン初号機 ミッドウェイ 1980年発売 パリのゲームセンター

これはナムコと協力した米国のミッドウェイ社のパックマン初号機(米国版)
ではないでしょうか?1980年の発売です。(故障中・・)

パリのゲームセンター ストリートファイター

地下一階にはレトロゲームが50台ほど揃っています。
ストリートファイター系は特に豊富。

パリのゲームセンター 2Dビデオゲーム

こういう2Dゲームは安定感が心地よい、時々思い出したように遊びたく
なります。レトロゲームの固定ファンが離れず根強い人気が続きます。
コイン挿入口の「100円」、ちょっと見づらいですか?

フランスでは日本のようなゲームセンターはほとんど見かけず、パリにも
3店ほどを数えるだけです。
フランスでもビデオゲームは巨大で安定したビジネスとなっていますが、
ビデオゲームは自宅のゲーム機で遊ぶもの、と考えられているようで、
街に出てお店に通ってプレイする、という概念がないようなのです。

パリにあるもう一軒のゲームセンター、
「La Tête dans les Nuages」 ヨーロッパ最大のゲームセンターです。
130台ほどのマシーンがあり、もっと新しめのゲーム機が多いですね。
それでも日本メーカーのものが数年くらい遅れて入って来るかんじです。
サイトです。
http://www.ltdn.com/fr/


メガネ、たくさん持ってます

少女 メガネ メタルフレーム

フランスではメガネをかけている人に「メガネ何本持ってる?」と聞くと
「・・・いっぱい引き出しに貯まってるかも。」
とにかくたくさんのメガネを持っています。
いえ、正確にはメガネフレームです、毎年メガネを新調する人が多いためです。

まず、メガネの代金の一部に国民健康保険がききます。
でも国の保険だけでなく、La mutuelle(ラミュチュエル)と呼ばれる保険会社
や銀行の保険に入っている家庭も多いので、カバー範囲にあわせた上限額以内で
あれば一年に一本のメガネを保険負担で新調することが出来ます。

フランスのメガネの値段は日本と比べてどうなのかちょっとわかりませんが、
子供の軽い近視用で、そこそこオシャレなフレームを付けて400~500€位。
そして今は1本作ると2本目のスペアをごくわずかな料金でサービスしてくれる
お店が増え、結局一年に2本ずつ作ってしまいますので、気が付くと
もう使わないメガネがいっぱいに貯まってしまっています。

古いメガネ たくさん 貯まる 机の上に並べる

もったいないですね。
でももちろんメガネ店ではリサイクル用に寄付も受け付けています。
メガネを並べて点検中、まだしっかりしたものも多いのでお店に
持っていこうと思います。