メリーポピンズ風 ネット編みのマフラー

メリーポピンズ ネット編みのマフラー かぎ針編みの花 少女

もうじきニットの季節がやってきます。

8月末にはこれからの暗い季節を思うと泣きたくなっていたのに、
秋風に慣れたり、新サイクルが始まったら(学校やら習い事やら)
気分が持ち直すものですね。
前向きに楽しく冬物の服などを準備し始めています。(無理笑顔)

上の写真はメリーポピンズ風のネット編みのマフラー。

何がなんでメリーポピンズ?

昔読んだ編み物の教本の「ネット編み」の項目で、
ポピンズが風に乗って登場した有名なシーンで付けていたマフラーが、
かぎ針のネット編みだった・・・という説明から。
プロの専門家は細かく見てるのねー、とエライこと感心したものでした。

ただそれだけです・・・・・すみません。

生成りと青灰色の混ざったスラブ毛糸を、
(太さが均一でないモコモコした毛糸。)
かぎ針で大きなネットに編み、軽やかなマフラーに仕上げました。

本物はネット部分がボーダー柄で、縁にシンプルなフリンジ付き。
↓↓↓
メリーポピンズ DVD 風に乗って登場 マフラー

舞台のロンドンは10月くらいの季節でしょうか?
まだコートも厚いものでないし、煙突掃除の頃ということですし。
冬のロンドンも寒そうですね、雨も多いかな、、うわっ寂しそう。


Warhammer 40.000 ウォーハンマー

ウォーハンマー40000 タウエンパイア フィギュア tau empire

息子が去年から夢中になっている「Warhammer 40.000」
イギリス発のミニチュア戦略ゲームです。
自分で組み立て、ペイントを施したフィギュアの戦隊を使い敵を攻略していくボードゲームの一種であります。
日本ではあまり知名度がないようですが、世界中のミニチュアゲームの中で 最も代表的なもののひとつだそうです。
フランスでは大きめの街には必ず「同好会&ショップ」があるほどに人気が定着しています。
ゲーマー達は毎週末に集まってゲームを競い合います、そしてもちろんフィギュアの出来具合も腕の見せ所です。(←多分ゲームそのものと同じ位に、)

ウォーハンマー ルールブック ゲーム進行写真

先にルールブックからゲームの最終形態ともいえる写真を。
規模が大きくなるとこのように大がかりな展開になります。

ウォーハンマー フィギュア組み立て

ウォーハンマー フィギュア タウエンパイア ロボット群 ガンシップ

戦隊のグループは10数種類あって、
息子の選んだ戦隊はTau Empire(タウ エンパイア)。
同好会の大先輩に、
「君は日本人?だったら日本のロボットアニメにインスピレーションをもらったタウエンパイアがいいんじゃないか?」と勧められて、さっそくお店に行って確かめてきました。
母の私にとっては一目で「うわ、ガンダムだ!?」
その他のグループにも、エヴァンゲリオン調、エイリアン風(H.Rギーガー)、
ウィザード系?という風に、どこかしら馴染みのあるデザインの物が多いです。
これは選ぶの迷うね・・
イギリスのHPです、こちらで全タイプのグループを見ることが出来ます。
https://www.games-workshop.com/en-AU/Warhammer-40-000

息子は組み立てたフィギュアを自分の好きな赤に塗りました。写真内のものはそれでも彼の戦隊のごく一部であります。

ウォーハンマー 専用キャリーケース

同好会に行ってきます!専用のキャリーケース、なんだかもう笑ってしまう、
いえ笑い事ではありません、これ全部に何百ユーロ注ぎ込んだことか!!

ウォーハンマー 専用キャリーケース プロテクション

中はきちんとプロテクション仕様。

ウォーハンマー ルールブック 英語版 フランス語版 専用フィート巻き尺

重要なルールブック、かなりの分厚さです。上の物はイギリスの英語版なのですがどうしても欲しいと。頑張って読んでちょうだいね。
イギリス発のゲームということでフィート計算、専用の巻き尺です。
(フランスはメートルを使う国です。)

ウォーハンマー タウエンパイア ゲームテーブル ゲーム開始 サイコロ

息子のフィギュアを戦闘フィールドに配置して、さてゲーム開始。
(ぼけていますが、上部にゲーム進行を決めるサイコロがあります。)

日本には大阪と東京に同好会があるようです。
日本版のHpはこちらです。
http://hobbyjapan.co.jp/wh/