チベット仏教センター inフランス

チベット仏教センター,ドルドーニュ,フランス,マニ車

フランス南西部ドルドーニュ県にある、
チベット仏教センター「DHAGPO KAGYU LING」を訪ねました。

中国政府の弾圧から逃れたチベット仏教の僧たちに
1974年、ドルドーニュに広大な領地を持つベンソン氏が自分の土地を
チベット仏教の存続のためにと提供したことから、こちらのセンターが
開かれることになりました。
フランス国内では最大、中心的役割にあたるチベット仏教施設です。
(チベット仏教のセンターはフランス全土に70箇所以上あります。)

チベット仏教センター,フランス,ドルドーニュ,祈祷旗,タルチョー
チベットの5色の祈祷旗、タルチョー。

初めてここを訪れたのはもう15年以上前、仏教徒のフランス人の友人が
夏休みにドルドーニュに修行に行っているから、ということで
会いに行きました。
まだ施設も小さく観光客も少なかった頃、センター内で行きかう欧州人が
皆こちらに微笑みかけてくれるので、横にいるオットに聞いたら、
「僕にじゃないよ、皆君の方を見ている、亡命者の一人と思われてるね。」
と気づき、ちょっと申し訳なくなったことを覚えています。

チベット仏教センター,図書館,大講堂,フランス,ドルドーニュ

今は施設も大きくなり、立派な図書館兼講堂(上)も出来て、毎週日曜には
ガイドツアーも設けられています。

チベット仏教センター,本堂,ドルドーニュ伝統家屋,フランス

こちらが本堂の入る建物。フランス南西部の伝統的な家屋です。

チベット仏教センター,お地蔵さま,フランス,ドルドーニュ伝統的家屋

お地蔵さまもフランスの風景に収まって。

チベット仏教センター,マニ車,ドルドーニュ,フランス

チベット仏教の「マニ車」 観光客もご自由にガラガラとどうぞ。

マニ車,チベット仏教センター,マントラ,ドルドーニュ,フランス

マントラが刻まれています。回した数だけお経をとなえたことに
なるそうです。

ストーパ,チベット仏教センター,フランス,ドルドーニュ

ストーパ、回りを7周しなさい、と教えられました。
横に供えられるキャンドルがキリスト教会のものなのは仕方ないかなと。
専用に作るのも大変ですし、ましてや輸入など。

チベット仏教センター,お坊さん,ドルドーニュ伝統的家屋,フランス

チベットからいらしたお坊さま、後姿だけ撮らせていただきました。
現在は10名ちかいお坊さまがいらっしゃるようです。
先に出てきた友人によると、皆さん着のみ着のままにヒマラヤを超えた
ような経験のある方ばかりだそうです。
センターのサイトです。
http://www.dhagpo.org/fr/presentation


ご近所のドルメン 巨石墓遺跡

ドルメン,少女,少年

フランス南西部の田舎にて夏後半を過ごしております。
日が沈むのがちょっとづつ早くなって、夏が終わりが寂しいかぎり。

こちらはご近所にある新石器時代からの遺跡、ドルメンです。
当時の巨石文化の共同墓地、支配階級のための特別なお墓でした。
同時期に世界のあちこちでも造られたそうで、日本では長崎の
原山支石墓群が有名ですね。

フランスでは紀元前4000年~2000年の間に盛んに造られ、今現在は
国内で4000基ほどが確認されています。

このドルメンは牧草地の真ん中に囲いもなく放置されていて、
いえ、安全面からのチェックは定期的にされていますが、
自由に触ってもOK。かなりの数のドルメンを見てきましたが、
厳しく保護されているものはほとんどなかったと思います。
上の写真は4年前のものなので、また記念撮影に行こう!と申し出た
のに無視されました。
小さい頃はどこに行くにも喜んでついてきたのに寂しいものですね。

ドルメン,内部

ドルメン,丈夫のテーブル上巨石

Dolmen de Kermarquer - La Trinite sur Mer - Brittany Plan 01

Merci pour le schéma, [Carnac and the megaliths of the Morbihan]
この解説図はドルメンの解説サイトからお借りしました。
このように巨石の組み立ての部分は、巨大な墓の入り口部分で、
その後ろに小石と土で出来た大きな丘があり、年月を経ても
残されたのが巨石部分のみだったということだそうです。

ドルメン,フランス南西部,