ニケニケの太陽 晴れ祈願

太陽,蝋燭立て

昨日も今日も明日も雨、これから 2週間先まで雨….だそうです。
今年の 5月の降水量は、 気象歴中の最大数値だとか。
寒く暗い冬を堪え、夏時間を迎えたら( 3月末)
気分は一気に高揚するはずなのに。

フランスの暗い冬は苦手、という人は多いです。
日本人はもちろん、フランス人でさえも。

「太陽? ドコにあるのよ??」 とビタミンDを飲みながら、欝々としています。
”陽の光が恋しいから、” と集め出した太陽の飾り物、プレゼントされることも
多くなり、気づいたら結構な数になりました。

フランスのどこの観光地に行っても ‘なぜか ’ 太陽の飾り物が売られています。
理由はわかりません、凡庸なテーマだからでしょうか、
いかにもなお土産屋に必ず置いてあります。

せっかくだからと毎回一つ買って、日付と街の名前を書いて思い出に。

「太陽」  を窓や壁に飾り、冬の室内を少しでも明るく…
なるわけでもないんですが、まあ気分を上げましょう。

上の写真は、アンティーク店で見つけた蝋燭立て。(高さは 1mあまり)
この不遜な笑顔が気に入っています。
「ニケニケ」 とは子供たちが太陽グッズの Archaic Smile に付けた言葉。
ふてぶてしくも見える微笑みはなんとも良いかんじ。

DSC_0022

DSC_0005
Giugno イタリア語で6月
太陽の飾り物
この子はアヴァターにしています。まつ毛の長い美人さん。
太陽の壁飾り
まだまだたくさんあるんですけど、この辺で。
太陽のバッグ,南仏の海辺
南仏のある港街に寄るたびに買うバッグ、もう5つ目。製造国はインドあたり?色合いが夏っぽく、手描きのチャームも可愛い。なんと4€でした。