巡礼地のグルメ料理

フランス南西部 カベクーチーズのサラダ

欧州のキリスト教巡礼の旅といえば、フランスからスペインの西端にある聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラに向かうルートがあります。
全行程を数年かけて歩く、という強健な巡礼者もいらっしゃいますが「今年はここからここまで一ヶ月で、」というふうに区切りながら距離を伸ばしていくスタイルが多いようです、いろいろな年代の方を見かけますよ。

compostelle recettes du chemin コンポステーラ巡礼の旅 写真集 レシピ集の本

こちらはその巡礼地の街々の名物郷土料理のレシピ集&写真集。

コンポステーラ巡礼地のレシピ本&写真集

コンポステーラ巡礼地 レシピ本 ウサギのプルーン煮

これはオットの故郷フランス南西部の料理「ウサギのプルーン煮」
ウサギもよく食卓にのぼります(ピョンと!)鴨、子羊、猪、鳩、鹿、雉、ジビエもよく食べられていますね、あと蛙とかエスカルゴ・・
南西部にはフォワグラとトリュフの世界一の産地がありまして、世界三大珍味のうち二つを押さえているような土地柄ですから、食に関しては非常に積極的なのは言うまでもなく、ホントに食道楽の極みといいましょうか、ちょっとビックリしますよ。

フランス南西部名産 山羊乳のカベクーチーズ

で、一番上の写真のサラダはそのレシピ本より。フランス南西部の名産、山羊乳のカベクーチーズをのせて焼いた田舎パン+炒ったヘーゼルナッツ+シェリーワインビネガー+ヘーゼルナッツオイル+ミックスハーブのサラダ。

コンポステーラ巡礼地と図 フランスとスペイン

コンポステーラ巡礼の地図をお借りして。フランスからは大きく四本の旅路、
我が故郷・南西部に集中して通っています。

コンポステーラ巡礼地 コンク村 アヴェロン県 フランス 教会の写真

いくつかの巡礼地には車で訪れたことがあります。
こちらはConques コンク村。南西部アヴェロン県にある重要な聖地、10年前にオットと訪ねました。山間の静かで美しい村でした。

コンポステーラ巡礼地 コンク村 アヴェロン県 フランス 修道院中庭 夜

コンクでは教会の修道院に泊まりまして、シンプルながら雰囲気のあるお部屋に案内されたのですが・・その写真がありません。
夕食は修道院の食堂で神父様たち、巡礼者の方々と一緒に食卓を囲み、皆さんの旅行話で盛り上がり・・という嬉し過ぎる経験でしたが、あらまた写真がないです。今度行った時にちゃんと撮って参ります。

コンク村 アヴェロン県 フランス コンポステーラ巡礼地

コンク村 サントフォワ修道院ホームページ


ベリーで紅く染めましょう

ミックスベリー 麻布を染める 紅い

フランボワーズ・ブルーベリー・スグリを使って麻布を染めてみました。
凶暴なほどに紅い色、テンション上がります。

手順は簡単で、ベリー類を弱火で一時間ほど煮だし、塩を加え(半リットルで一握り位)
布(綿か麻がよろし、洗って乾かしてあるもの)を入れ、一時間くらい弱火で煮こみます。そして水洗い。
ベリーは冷凍食品のPicard社のミックスベリーを使いました。

ベリーで染めた布 薄紫 黒いビスケット ヘーゼルナッツ 布の端がほつれたまま

縫ってテーブルナプキンにする予定でしたが、ほつれたままの素なかんじもいいかなと、パンバスケットに敷きましょうか。
色は薄紫になりました、これ以上の発色は難しいかと思います。

フランボワーズ、ブルーベリー、スグリのパイ用フィリング

同じくミックスベリーを使って今度は簡単なパイを。
これは冷凍ベリーに砂糖・バニラパウダー・コーンスターチを混ぜてパイシートに
(パットブリゼと呼ばれる柔らかいクッキーのような食感のものが合います)
ダダーと流し込んだ絵です・・・何かが神経をくすぐりますねー。

ミックスベリーのパイ パットブリゼ

端を織り込み、少々の牛乳で溶いた卵を一個、ベリーとパイ生地の上に塗り込みます。
さらに砂糖を全体にパラパラとかけて。
パイの部分が適度に色づくまで焼きまして、

ミックスベリーのパイ 一切れ

酸味のあるフィリングとホロッと崩れるパイ生地がよく合います。


Lightroom & Photoshop

ライトルーム 編集作業スクリーンショット モンパルナスタワー 豪雨

ここのところずっと楽しく学び中、Adobe社の写真編集ソフト2種であります。
上のスクリーンショットは「ライトルーム」で作業中の図。
写真は昨年夏の豪雨の日に撮った「雨のモンパルナスタワー」
Monparnasse-Bienvenüe 駅出口より見上げた図であります。
RAW(映像の生データ、1枚の容量が30MB+-)で編集するためのソフトなのに、RAWでなくjpg(自動で圧縮&補正がかかる)で撮ってしまった写真を使うのはちょっと残念ですが。

機能がてんこ盛りです。
写真の管理・編集・補正・出力を一気に引き受けてくれます。
撮影に多少失敗しても、ちょっとお願いすればたいていの△☓を補正してくれます。
プロいところでは、各カメラ・各レンズの悪い癖をよく知っていて、機種を指定すれば速やかに対処、似た構図の写真を(何百枚でも)一括修正などなど。

頼もしい。
世の中の写真を見る目を変えてくれるかもしれません。
ええ、良くも悪くも・・・冗談ですよ。

あるチュートリアルを見ていて、なるほど、と思った事がありまして、
「ライトルームは使い始めはとっつきにくいかもしれません。もし難しすぎると思われたら、まずはMicrosoftのPowerPointあたりを使いこなされてからの方がよいかと・・」
ドキュメント、ファイル、ホルダー、バックアップの管理が適格にこなせるようになってから、ということなのでしょうね。

アドビ社 フォトショップ パリ12区 パッサージュドシャンティエ 家具のアトリエ

こちらはPhotoshopで。
パリ12区のPassage du Chantier、家具のアトリエなどが並ぶ通りです。
お店のおじさんが「またカメラか・・」みたいなことを呟いたのでちょっと気が引けまして・・この通りは写真映えで有名なので、撮影目的の観光客が多いのです。でもツーリストが興味を持ちそうなお店は全然ないのですよ。

Photoshopは大昔に使っていたのですが、やはり最新バージョンの進化ぶりに驚きました、十何年のブランクで当たり前ですが。

この2種のソフトは、まずライトルームで読み込み、途中で緻密な画像編集をフォトショップにまかせ、またライトルームに戻して管理、みたいな流れが最適なようで、2つのパックセットは必然なんだなーと思いました。

Conclusion:
良いめ(+)のカメラと画像編集ソフト(常に最新版)さえあれば、
私の老後はボケ知らず・・・でしょう、多分。