古都ペリグー Périgueux

カテドラルサンフロン ビザンチン式 ドームの屋根

2つ前の記事でガロローマ時代の遺跡巡りについて書きましたが、
その遺跡を見に行ったペリグー Périgueux の街の写真をまとめました。
フランス南西部ドルドーニュ県の県庁所在地、人口は3万人。
その中心地にそびえるカテドラルサンフロン。(Cathédrale Saint-Front)
12世紀の建立です。珍しい丸いドームの屋根はビザンチン様式。(4世紀からの東ローマ帝国  *首都は現イスタンブール*  のスタイルです。)

カテドラルサンフロン 鐘塔

鐘塔。
カテドラルは1998年にユネスコの世界遺産に登録されました。
この称号は最近話題になっていますね、悪い方にですけれど。
でも美しさにかわりはなく。

カテドラルサンフロン 

カテドラルサンフロン

カテドラルサンフロン ジャンヌダルク像

ジャンヌダルク様に冷たく見下ろされ。上(天)を向いていない彼女の像は珍しいかも。
1431年にキリスト教会の異端尋問によって火炙りにされましたが、復権が決まり列聖されたのが20世紀、以後フランスの教会の多くがジャンヌダルクの像を置いています。
(でも彼女にとっては憤懣やる方ないんじゃ・・?)

カテドラルサンフロン 教会内 椅子

バリエール城の廃墟 ユグノー派による破壊 chateau Barriere

こちらは廃墟・バリエール城。( Château Barrière )建設は12世紀~。
ユグノー戦争(1562~1598)=フランスのカトリック派とユグノー派(プロテスタント)がぶつかった戦争で、ユグノー側に破壊されました。

バリエール城 廃墟 窓 chateau barriere

バリエール城 廃墟 中庭 chateau barriere en ruine

中庭(アクセス不可)に転がる円柱が・・

バリエール城 廃墟 猫2匹

廃墟の真ん中にたたずむは・・

バリエール城 廃墟 猫2匹

望遠レンズで捕獲。

ガロローマ時代の城壁遺跡 地震で崩れた

バリエール城は、ガロローマ時代の城壁遺跡を利用して建てられたそうで、あ、城壁遺跡の写真もあったなと、市内の別の場所です。
これは1783と1784年に起こった地震で崩れたままの状態とのこと。
(フランスにも地震はあったのです、)

ペリグー市 旧市街中心部 美容院の看板

旧市街中心部、古い建物が続きます。
この看板は美容院。その奥のオブジェは・・

ペリグー旧市街中心部 鍛冶屋の看板 はさみのオブジェ coutellerie Favie

鍛冶屋であります、1885年より営業中。

ペリグー旧市街中心部 古い建物の通り

ペリグー市 旧中心部 階段通路 街灯

ペリグー市 旧市街中心部 古い建物の通り


砂の行商人

marchand de sable ハーブティ クリッパー社 カモミール スペイン甘草 ラベンダー

本日のフランス語講座。(初回にして最終回です)

こちらは「 Marchand de sable・砂の行商人 」という名前のハーブティ。
Marchand が行商人で、sable が砂であります。(発音はマルシャンドサーブル)

レトロ風味なパッケージが可愛いです、中に入っている乾燥ハーブは、
カモミール・スペイン甘草・ラベンダー。
安眠効果のあるハーブ揃いで就寝前にいただきます。

<フランス語での奇妙な言い回し>
「Marchand de sable est passé・・・あら、砂の行商人が通ったようね、」

眠くなった子供たちが目をこすりだすと、
・・・砂の行商人が撒いた魔法の砂が目に入った・・・
これは、もうベッドに入る時間だよ、という合図なんだそうです。

ということでいいんだよね?とオットに確認したら、
「もうそんなこという親も少ないってば。」・・・

marchand de sable クリッパー社 ハーブティ ティーバッグ

この砂を撒いて子供を・という寓話はヨーロッパのあちこちで伝承されているようです。
ドイツでは「Sandmann・ザントマン」、そのまんま「砂男」ですね。
日本には「砂かけ婆」がいましたね、いやあの人は悪戯目的だったかな?あれ?鬼太郎の盟友だったでしょうか。

下の写真はフランスの子供番組「 Bonne nuit les petits・お休み、子供たち」に出てきた熊のぬいぐるみと砂の行商人です。白黒TVの時代から繰り返し製作された人気シリーズでした。夜のニュース番組のあとに始まって、熊と子供たちのやり取りの終わりに砂の行商人が黄金の砂を撒いていく・・・オットも小さい頃によく見ていたそうです。
Bonne nuit les petits  Merci pour l’image.

bonne nuit les petits フランスの子供番組 砂の行商人 熊のぬいぐるみ 操り人形

ハーブティ エレファン 象の形のティーポット 販促品

ハーブティ(フランス名 Tisane )ついでに。
このティーポットは、20年位前のハーブティメーカー ELEPHANT のオリジナル。
切り取った象のマークを3箱分+100フラン(だったと思います)の小切手を郵送すると送ってもらえました。オフィシャルサイトを見たら今もこのサービス続いているんですね、おしゃれな象のコレクションがたくさんあります。
http://www.elephant.fr/mes-theieres


ガロローマ時代の神殿と円形闘技場

フランス ドルドーニュ県 ペリグー市 神殿の遺跡 ヴェゾヌの塔

歴史巡りの旅  inフランス南西部、今回はガロローマの遺跡を訪ねて参りました。
これはドルドーニュ県(ラスコー洞窟でも有名)の県庁所在地ペリグー市にある
不思議な姿の建物、
ガロローマ時代の神殿遺跡「ヴェゾヌの塔・La tour de Vésone 」であります。
建設は1~2世紀、高さは24.50m、円の直径は17.10m。

フランス ドルドーニュ県 ペリグー市 ヴェゾヌの塔 神殿 遺跡

もともとこの辺りはケルト系民族が住んでいた土地で、古代ローマ人はこの地を
「ガリア」と呼んでいました。
はい、そこでカエサルのガリア戦記( 紀元前 58~51 )ですね、読んでませんが
ガリア人(ケルト系人)の抵抗虚しく、ガリアの地はローマ人に侵略されていきます。
ローマ帝国の初代皇帝アウグストゥスが紀元前16年、この現フランス南西部を手に入れ行政区画に励みます。あれやこれやでローマ式が押し付けられましたが、ガリア人も先住の底意地を見せまして・・

フランス ドルドーニュ県 ペリグー市 ヴェゾヌの塔 神殿 遺跡

下から見上げて、圧巻であります。
そしてこの街は Vésone・ヴェゾヌ(ラテン語で Vesunna )と名付けられました。
その名前はガリア(ケルト文化)に由来するこの土地の守護女神のものなんだそうです。
そしてこの神殿に祀られていたのはそのケルトの女神様、でも建物はしっかりとローマ式。これぞガロローマ文明と呼ばれる二つの文化の融合技であります。

フランス ドルドーニュ県 ペリグー市 ヴェゾヌの塔 神殿 遺跡

上のレンガの飾りを望遠で、キレイに残っています。
その当時の建物の様子はこちらの再現図で↓

illustration du fanum et du forum de Vesunna - JC Golvin by mediolanum-santonum.fr   
illustration du fanum et du forum de Vesunna – JC Golvin
by mediolanum-santonum.fr     Merci pour les images!↑↓
上下のイラストは↑こちらのサイトからお借りしました。
神殿のかつての姿はこんなふう、まわりの回廊がなくなり、円筒の部分が残ったのですね。↓

illustration du fanum et du forum de Vesunna - JC Golvin by mediolanum-santonum.fr   

by Sité musée Gallo-romain Perigueux Dordogne

上の写真は、神殿の真後ろにあるローマ式の街並みの邸宅発掘現場。
そのままの姿でミュージアムに収められました。
壁画も保存状態が良くて彩色も綺麗に残っています。
ガロローマンミュージアム・ペリグー
by Sité musée Gallo-romain. Merci pour les images! ↑↓

by Sité musée Gallo-romain Perigueux Dordogne

上は当時のヴェゾヌ(現ペリグー市)の再現模型。右上に古代ローマ式の円形闘技場が見えます、現物が・・今でもあるんです、こちらです↓↓。

フランス ペリグー市 一世紀建立 円形闘技場の遺跡

完成は1世紀後半、140m x 116m の楕円形で、観客収容数は2万人ほど。
廃墟となってからは建物の石材に切り出されたりして、残っているのはほんの一部です。
右の通路アーチはコンクリートで補強済み、下をくぐれます。

フランス ペリグー市 円形闘技場 遺跡 一世紀建立

フランス ペリグー市 円形闘技場 遺跡 一世紀建立

1週間前のローカルニュースで、ペリグー市議会がこの11月末にこれらの歴史的建造物保護のための特別予算会議を開くことを伝えていました。
もう朽ちるにまかせて・・といった風情ですから。

フランス ペリグー市 円形闘技場 一世紀建立 遺跡

アーチの部分の石組、2000年前です・・

フランス ペリグー市 一世紀建立 円形闘技場 遺跡

闘技場内側は市民公園になっています。