パパの髭 Barbe à Papa

わたあめ,巨大,パパのひげ

どこからの物体 X ?? みたいな風情ですが。
懐かしい写真です、町のお祭りのわたあめ、2€でした。
フランスでは 「 Barbe à Papa パパの髭 」と呼ばれます。
ちょっと食欲削がれますね。
大盛りにしてもらっちゃって、ほっぺたベタベタにして
頑張りましたが、完食ならず。


「赤毛のアン」のイチゴ水

イチゴ水,赤毛のアン

赤毛のアンに出てきた「イチゴ水」
子供の頃に読んだときは、それがいったいどんな味なのか
さっぱり想像出来ませんでした。
日本で苺の飲み物というと、苺+甘いミルクの味ですよね。
(私の記憶が正しければ。)
ダイアナが赤ワインと気付けなかったほどの濃厚な味とは
どんなものだったのだろう、数十年越しの謎は・・さて。

フランス産イチゴ

Googleで検索をかけたらあっけなく出てきました。

苺 250g  砂糖 80g レモン果汁1個分 水400cc
鍋に400ccの水を沸かし苺を煮ます、へらで軽く潰しながら。
気の済んだところで(なんとなく、笑)火から降ろし、
ミキサーで滑らかになるまで潰します。
布で濾して出来上がり。
あっさりめに作ったのでストレートでいけます。
濃いめにして、炭酸で割ってもおいしいそうですね。

(原文ではラズベリー水だったそうです。さらに強い味かも。
でもワインと混同するほどかしら?ダイアナちゃん、それはないわあ。)

イチゴ水,赤毛のアン
良い色です!

イチゴシロップ,フランス,Teisseire

夏が近づくと、スーパーにさまざまなフレーバーのシロップが並びます。
水で薄めて飲むタイプです。
一番人気はミント。ミント水についてはコチラに書きました。
夏のミント水 マンタロー

ザクロやピーチ、カシスなども人気です。
このイチゴのシロップを初めて飲んだとき、
「日本のかき氷シロップに近い! 」と喜んだものでした。
こちらでは日本式のシャリシャリなかき氷が見当たりません。
日本食は大人気だから、かき氷も夏のビジネスになるんじゃないかしら。


これもアリなフレンチトースト

フレンチトースト,オリーブオイル,ガーリックパウダー,プロヴァンスハーブ

バゲットにガーリックパウダーとプロヴァンスハーブ、
(セイボリー、フェンネル、バジル、タイム、ラヴェンダー)をふりかけ、
上から軽めのオリーブオイルをたっぷりと。
グリルでキツネ色になるまで焼きます。

フレンチトースト,オリーブオイル,プロヴァンスハーブ,ガーリックトースト

香り高くサクサクで、ちょっとオトナのフレンチトーストです。

赤ピーマン,妖怪

サラダを用意していたら妖怪がっ。 歯があるのオオ。