ガロローマ時代の神殿と円形闘技場

フランス ドルドーニュ県 ペリグー市 神殿の遺跡 ヴェゾヌの塔

歴史巡りの旅  inフランス南西部、今回はガロローマの遺跡を訪ねて参りました。
これはドルドーニュ県(ラスコー洞窟でも有名)の県庁所在地ペリグー市にある
不思議な姿の建物、
ガロローマ時代の神殿遺跡「ヴェゾヌの塔・La tour de Vésone 」であります。
建設は1~2世紀、高さは24.50m、円の直径は17.10m。

フランス ドルドーニュ県 ペリグー市 ヴェゾヌの塔 神殿 遺跡

もともとこの辺りはケルト系民族が住んでいた土地で、古代ローマ人はこの地を
「ガリア」と呼んでいました。
はい、そこでカエサルのガリア戦記( 紀元前 58~51 )ですね、読んでませんが
ガリア人(ケルト系人)の抵抗虚しく、ガリアの地はローマ人に侵略されていきます。
ローマ帝国の初代皇帝アウグストゥスが紀元前16年、この現フランス南西部を手に入れ行政区画に励みます。あれやこれやでローマ式が押し付けられましたが、ガリア人も先住の底意地を見せまして・・

フランス ドルドーニュ県 ペリグー市 ヴェゾヌの塔 神殿 遺跡

下から見上げて、圧巻であります。
そしてこの街は Vésone・ヴェゾヌ(ラテン語で Vesunna )と名付けられました。
その名前はガリア(ケルト文化)に由来するこの土地の守護女神のものなんだそうです。
そしてこの神殿に祀られていたのはそのケルトの女神様、でも建物はしっかりとローマ式。これぞガロローマ文明と呼ばれる二つの文化の融合技であります。

フランス ドルドーニュ県 ペリグー市 ヴェゾヌの塔 神殿 遺跡

上のレンガの飾りを望遠で、キレイに残っています。
その当時の建物の様子はこちらの再現図で↓

illustration du fanum et du forum de Vesunna - JC Golvin by mediolanum-santonum.fr   
illustration du fanum et du forum de Vesunna – JC Golvin
by mediolanum-santonum.fr     Merci pour les images!↑↓
上下のイラストは↑こちらのサイトからお借りしました。
神殿のかつての姿はこんなふう、まわりの回廊がなくなり、円筒の部分が残ったのですね。↓

illustration du fanum et du forum de Vesunna - JC Golvin by mediolanum-santonum.fr   

by Sité musée Gallo-romain Perigueux Dordogne

上の写真は、神殿の真後ろにあるローマ式の街並みの邸宅発掘現場。
そのままの姿でミュージアムに収められました。
壁画も保存状態が良くて彩色も綺麗に残っています。
ガロローマンミュージアム・ペリグー
by Sité musée Gallo-romain. Merci pour les images! ↑↓

by Sité musée Gallo-romain Perigueux Dordogne

上は当時のヴェゾヌ(現ペリグー市)の再現模型。右上に古代ローマ式の円形闘技場が見えます、現物が・・今でもあるんです、こちらです↓↓。

フランス ペリグー市 一世紀建立 円形闘技場の遺跡

完成は1世紀後半、140m x 116m の楕円形で、観客収容数は2万人ほど。
廃墟となってからは建物の石材に切り出されたりして、残っているのはほんの一部です。
右の通路アーチはコンクリートで補強済み、下をくぐれます。

フランス ペリグー市 円形闘技場 遺跡 一世紀建立

フランス ペリグー市 円形闘技場 遺跡 一世紀建立

1週間前のローカルニュースで、ペリグー市議会がこの11月末にこれらの歴史的建造物保護のための特別予算会議を開くことを伝えていました。
もう朽ちるにまかせて・・といった風情ですから。

フランス ペリグー市 円形闘技場 一世紀建立 遺跡

アーチの部分の石組、2000年前です・・

フランス ペリグー市 一世紀建立 円形闘技場 遺跡

闘技場内側は市民公園になっています。


美術館で出会うAsiaの神様仏様 ギメ東洋美術館

ギメ東洋美術館 高麗時代の千手観音像 朝鮮半島

「ギメ東洋美術館」へ久しぶりに行ってまいりました。(20年ぶり!)
この美術館はもともと、フランスの実業家ギメ氏 (Èmile Guimet)の東洋美術コレクションから始まり、アジアの美しい神仏像が多数展示されています。
上の像はは10~11世紀、高麗時代の朝鮮半島で作られた千手観音像。
こういったライティングの中で見る仏様というのも不思議と言えば不思議で、ちょっと違和感が残りますね、正直。

ギメ東洋美術館 18世紀チベット 踊るダキニ像 後ろ姿

およそ18世紀のチベットの「踊る荼枳尼・ダキニ」。大層サディスティックな女性神だそうです、、が、後ろ姿が美しい。

ギメ東洋美術館 地上階 展示室 インドシナ

展示はこんなかんじで、地域・国別にまとまっています。地上階入ってインドシナの展示が続きます。

ギメ東洋美術館 仏像の頭部

ギメ東洋美術館 18~19世紀 ベトナムの千手観音像

18~19世紀ベトナムの千手観音像。

ギメ東洋美術館 踊る女神像 4体

16~17世紀ネパールのヒンドゥー教のバイラヴァ神のマスク

16~17世紀ネパールのヒンドゥー教のバイラヴァ神のマスク。

ギメ東洋美術館 吹き抜けの巨大仏陀の頭部 仏陀座像

ギメ東洋美術館 中国の展示室 仏像

こちらは中国の展示室にて、日本人に馴染みの深いお顔立ちの仏像が増えてきます。

ギメ東洋美術館 アジアの宗教関連の書庫 7体の雲に乗る仏像

東洋の宗教関連の書庫です。

ギメ東洋美術館 書庫 日本の11世紀 藤原の時代の仏像

日本の11世紀、藤原の時代の仏さま。

ギメ東洋美術館 アジア宗教関連の書庫 本棚 金網の防護

2階には上がれず、下段は防護厚く、

ギメ東洋美術館 日本の展示室 江戸時代の能面

ソワソワと日本の展示室へ。展示品は多くセレクトも秀逸、よくもまあこれだけの品々を・・とため息が出ます。
江戸時代の能面です。後ろに構えるのはオットですが、こういう系統の「顔だち」には慣れているはずなのに、「ホラー並みに怖い、」

ギメ東洋美術館 日本の展示室 能面

ギメ東洋美術館 日本の展示室 能面

ギメ東洋美術館 能面の裏側 増阿弥作

増阿弥(ぞうあみ)、室町時代の能役者の第一人者だったそうで、

ギメ東洋美術館 桃山・江戸時代の南蛮漆器 様櫃

桃山時代と江戸時代の南蛮漆器の洋櫃(ようびつ)。
この前飛行機の中で見た映画「沈黙」(マーティン・スコセッシ・監督、遠藤周作・原作)はこの桃山時代のポルトガル人来日の話なんだなあ、と思い出し。
頑張って子供と一緒に勉強しなければ、日本史を。(記憶は儚いものなり。)

ギメ東洋美術館 日本の展示室 武士の甲冑

これは甲冑の胸当ての部分なんですが、説明書きを撮り忘れて詳細がわかりません。細工が独特で美しくてぼーっとしてしまいまして。

ギメ東洋美術館 埴輪 日本の展示室

遠い異国で何を思ふ。

ギメ東洋美術館 パリ


30年代風 Girly wool hat

毛糸の帽子 赤、白、ピンクの混ざり毛糸 花の毛糸コサージュ付き 少女

昔からよく作っている30年代風の毛糸の帽子です。
頭の形にピタッと沿ったレトロっぽい雰囲気が好き。

HEMA 毛糸 ターコイズブルー ピンク赤白の混ざり毛糸

オランダ発のプチプラショップ HEMA で見つけた可愛い毛糸。
発色の良さはアクリル100%ならでは。

赤白ピンクの混ざり毛糸 帽子を編む

頭のサイズに合わせてグルグルと円形に編んでいきます。
慣れれば30分くらいで編むことが出来ますが「算数」は要履修済み。
こういう色のアイスクリームありますよね。

白い毛糸でパフコーン編みの花のコサージュ

飾りの花は、パフコーン編みという美味しそうな編み方で。
ぽこっと立体的な花になります。

30年代風 毛糸の帽子 毛糸の花のコサージュ付き 少女

花を全面に付けようかとも思いましたが、、やめました。

30年代風 毛糸の帽子 ターコイズブルーの毛糸 縁にグレーの毛糸

ターコイズブルーの毛糸はクラッシックに。


パリの廃線 La petite ceinture

パリの環状廃線 15区 公園 行き止まり

昔、パリ市の周りを環状の鉄道路線が走っていました。
開業は1852年、拡張を繰り返し、貨物列車の運行、メトロとの競合などを経て廃業は1990年。

パリの廃線 環状路線 15区 落書き

以後、一部は公園となり一部は立ち入り禁止のまま。こちらは15区のウォーキングコースになっている公園です。

パリの昔の環状線 枕木 雑草

パリの昔の環状線 レール 雑草

パリの昔の環状線 レール 枕木

パリの昔の廃線 ビルに囲まれて レール

パリの昔の廃線 半分に切られたビル

ここは有名な写真ポイント。
施設時の交渉の末、こうなりました・・みたいな。

パリの昔の廃線 廃駅 colors-france.ccom

廃駅が見えてきました。

パリの昔の廃線 廃駅 colors-france.com

パリの昔の廃線 閉鎖されたトンネル colors-france.com

パリの昔の廃線 閉鎖されたトンネル 金網の向こう 工事道具 colors-france.com

金網にレンズを差し込んで、

パリの昔の廃線 トンネルを抜けたところ colors-france.com

閉鎖されたトンネルを抜けた場所です。

colors-france.com パリの昔の廃線 路線図のパネル

路線図のパネル。セーヌ川と真ん中のシテ島からだいたいの規模が解ります。
今回歩いたのは緑色の線の部分、15区です。
ほとんどの場所が立ち入り禁止なのですが(罰金もあり。)webで探すとけっこう写真が出てきますね、ちょっと挑戦してみようかな、、さて、いややっぱりね。

パリの昔の廃線 立ち入り禁止 2本の線が交差 colors-france.com