山頂の気象台 Observatoire

フランス中央高地 エグアル山 山脈 

こちらはフランス中央高地にある Mont Aigoual エグアル山の頂にある気象台、
開設は1894年、今も現役で気象状況を分析しています。

エグアル山 塔の上のパネル 標高1571m mont aigoual

塔の上にあるパネル、放射線の先にある都市や山を表示、標高 1571m。

mont aigoual フランス中央高地 山脈

フランス中央部の山岳地帯を一望に。上5分の1は雲です。

エグアル山 百葉箱 フランス中央高地 

施設の中には入れませんでしたが、外部の機器を眺めて。あ、これは百葉箱?

フランス中央高地 エグアル山 気象台全景

気象台全景。
観光客は多く、この反対側にレストランもありました。(広い駐車場あり)

フランス中央高地 エグアル山 枯れた山

周りの風景ですが、なんだか行き倒れそうな雰囲気で、

エグアル山 フランス中央高地 枯れた山

霧が晴れることはなく、夏服のままなのは私たちだけでした。
あ、オットを勝手に載せると怒られるんですが、、

フランス中央高地 エグアル山 メンヒル

この高地にもメンヒルが立っておりました。
先史時代の巨石記念物です。この中央高地セヴェンヌ地方に集中して残っていまして、こちら過去記事です→  先史時代の巨石文化 メンヒルの里

フランス中央高地 エグアル山 セイヨウアザミ フィボナッチ数列

最後にこの地でよく見かけたセイヨウアザミ。
フィボナッチ数列でしょうか、花の下の膨らんだ所、巻き模様が美しい。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




パリの小径とそこに住む人々

パリ居住区の小径 古いアパート 大通りを見て

表通りを隙間なく埋めるファサードの下に、くぐるような形で入口がありまして、

小径の奥には中庭があり、その周りを取り囲む形でアパートやオフィスが並びます。

小径の入口はコード付きの扉か鉄格子で閉められている場合がほとんどです。
でも日中はオープンになっている場所も多少あり、(お店があったり)
ちょっとお邪魔すると市民の生活を感じることができまして、

パリの小径 奥に緑の中庭

パリの小径 奥に家具工房

奥には家具工房。

小径の奥の居住用アパート 植物と郵便箱

ちょうどすれ違った住民の方に「綺麗なので・・撮っていいですか?」と聞きましたら
「あらまあ、どうぞ。」と。
おそらく住居しかない区画?、郵便箱のかんじではそうですね。

パリの大通りより cour de la maison brulee

こちらはバスティーユ広場から続く大通りにある奇妙な名前の住所。
Cour de la maison brulée、焼け落ちた家の中庭。
道の先の四角い中庭は、昔火災にあった建物の跡地に造られたものだからだそうで。
奥には動物病院が入ってますね。

中にはブティックとショールーム、煙突と空の組合せも面白く。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




セーヴル橋より最後の夏の光

ポンドセーヴルの駅の時計台 時計は止まっている

こちらはパリ市内から西に向い、セーヌ川が大きくカーブする場所にかかるセーヴル橋、その駅「ポンドセーヴル」の時計台。
針はとんでいますが、大らかでよろしいかと。

セーヴル橋より見るサンクルーの街 セーヌ川

橋の上から見る北側にサンクルー・丘の街。パリを一望できるはず。(未踏)
夏が終わりますね、最後の夏の光です。

セーヴル橋より ラセーヌミュージカル

その反対側、セーヌ川には中州の島が多いのですが、こちらはその一つセガン島。

もともとはルノーの車製造工場があったのですが、工場閉鎖の跡に文化施設の建設計画が続き、上の写真は音楽総合施設 ラセーヌミュージカル。
ルノー工場の「遺跡」はほぼ残っていないそうで、ちょっと残念です。

セーヴル市 国立陶芸美術館 ポンパドール婦人の城

橋のすぐ横にあるこの建物はポンパドール婦人のお城、現在は国立陶芸美術館となっています。

「セーヴル焼」はこの街が生産地。婦人はルイ15世とともにフランスを代表するセーヴル磁器のパトロンだったそうです。

語られることの少ない美術館かと思いますが、私も車で前を通りすぎることもう数年、ついに来たわ、、と。(オットも子供も、ええー・・とか言うんですもん。)

セーヴル市 国立陶芸美術館

有史以来の陶芸の歴史が展示されています。
日本からは伊万里焼などのコレクションが展示されていました。

ところがカメラの具合が悪くまともな写真はほぼ無いです・・また行ってまいります・・

セーヴル市 国立陶芸美術館 

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク