フヌイユとお肉を林檎酒で煮込みます

フヌイユ ウイキョウ 少年

美野菜です、フヌイユ、フェンネル(英)、和名はウイキョウ。

フランスの野菜界ではメジャーな存在で、値段は1kg・2~3€。
セロリのクセを抜いてほのかに上品な香りをつけたような風味です。
丸い胴体も、先のぽわぽわも、緑の茎(ちょっと固いです。)も全部
食べることが出来ます。

「フランスのお母さんの味」 お肉(豚・鶏)とフヌイユを林檎酒で
煮込んだものを記録しておきます。
また言い訳で、、私は料理の専門家でないのでおこがましいのですが、
我が家の人気料理ということで、書かせていただきます。

フヌイユ ざく切り フライパンで炒める

オリーブオイルをひいたフライパンでにんにく一片のみじん切りを
弱火で炒め、続いてザックリと切ったフヌイユ一個、玉ねぎ一個を
入れ炒めます。全部をココット鍋に移します。

豚肉 タイム セージ まぶす フライパンで焼き付ける

豚肉(鶏もおいしい)600gにセージとタイムをまぶし、塩胡椒。
フライパンで両面を焼きつけます。

ノルマンディー シードル 林檎酒 甘口

お肉もココット鍋に移し、こちらのような甘口DOUXの林檎酒を
500ccほど注ぎ、塩胡椒を適量+ローリエを一枚。
蓋をして30~40分弱火で煮込みます。

フヌイユ 豚肉 林檎酒で煮込む

お肉だけを取り出し、中火で煮汁が半分になるまで煮詰めます。
最後にお好みで生クリーム100ccほどを混ぜるのもオススメです。

フヌイユ 豚肉 林檎酒 煮込み料理

緑のぽわぽわを飾って。
林檎酒の甘さとフヌイユの香りにお肉からのコクが加わって、
濃厚なおいしさの一皿です。