我が家の田舎サラダ

フランス南西部の特産品を入れたサラダ 鴨肉の砂肝のコンフィ 野菜 チーズ

フランスのレストランでサラダを注文するときにはそのボリュームにご注意ください。
ちょっと胃が疲れたから・・とサラダを単品で頼んでみたら、大きなサラダボールいっぱいにチーズ・お肉・野菜がてんこ盛りでやってきた、という場合がほとんど、ワンプレートランチとしての大きめのサラダを用意しているレストランも多いです。

前置き長く、やっと本題です。

上の写真はオットの田舎のフランス南西部でよく食べられるサラダ、一皿だけで食事をすませたい(=料理する時間がない)時に作ります。
写真写りのために少な目の盛り付けです、サラダボールの中にはこの8倍くらいの量が入っていた、とお断りしておきます。(二人で4回おかわりしたから、)

サラダ用の野菜 ミニトマト マッシュルーム

我が家の田舎サラダとは・・なんでも好きな野菜をたくさん入れて、
後ろはマッシュルーム、こちらでは「パリのキノコ」と呼ばれています、なんで?
(今度調べます)

フランス南西部特産の鴨の砂肝のコンフィ

オラが里の名物料理、鴨肉のコンフィ(今回は鴨の砂肝)が入ります。
コンフィとは、鴨の油脂でお肉をゆっくり揚げて瓶詰や缶詰にした保存食で、フランス南西部の特産品です。
南西部の料理に使う油はとにもかくにも鴨脂、コレステロールが怖いとか言ってられません、美味しいものはみんなコレ。
その点南仏はオリーブオイルを使います、北部はバターかな、とそれぞれの地方で使う油脂もいろいろです。

フランス南西部特産品入りサラダ チーズ 鴨の砂肝のコンフィ 野菜 クルミ

全部入れます、好きな物を。
チーズ、砂肝コンフィ、野菜野菜野菜、クルミ(南西部特産!)、ガーリックパウダー(生でもよい)、ハーブ。
たっぷりのヴィネグレットソースは赤ワイン酢とクルミのオイルで。

ワールドカップ2018 フランスXベルギー戦前 パリ市庁舎前 巨大スクリーン 警察車両 警察官

今日はパリに行っていたのですが、パリ市庁舎前にいきなりパトカーが大集合、道がブロックされました。警察官は軽装備なので何でしょう? 後ろに大スクリーンが見えますね。・・と今書いている所でフランスチームが勝ったようです。

ワールドカップ2018 フランスXベルギー戦 2時間前 パリ路上 お祭り騒ぎ

試合の2時間前ですが、道路をふさぎ奇声を上げる人々があちこちに。
帰ったほうがいいかな・・と地下鉄駅に急ぎました。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




パリ中華街 仏教寺院と高層ビルの壁アート

パリ中華街 仏教寺院 入口 常香炉 高層ビル

久しぶりのパリ中華街です。
以前も書きましたパリ中華街散策②、パリの中華街は高層アパートの立ち並ぶ地区にあり、上を見上げる限りでは中華色を感じません。
視線を落としまして・・写真はビル群の中にある仏教寺院の常香炉。

パリ中華街 法国潮州會館 中国寺院 入口 高層ビル 常香炉

寺院の入口より外を。
中華系のテナントばかりの雑居ビルを出たら「あれ、お線香の匂い・・」
ビルの裏口のような場所に仏教寺院と「法国潮州會館」の看板が見えました。
法国は中国語でフランスのこと、そして70年代に移住してきた多くの「潮州人」との交流文化会館です。

パリ中華街 中国寺 仏様 お堂

内部のお堂です。日本の仏教とは雰囲気が違いますね、うまく説明出来ませんが。

パリ中華街 仏教寺院 仏陀

パリ中華街 仏教寺院 羅漢像 お堂

18体の羅漢(悟りを開いた高僧)の像。参拝者用の膝立のクッションと教本立て。

パリ中華街 中国寺院 お堂 羅漢像

パリ中華街 仏教寺院 教本 縁について

教本立てには・・だいたい理解出来ますね、漢字文化は面白いな、と思う一瞬。
併設の文化会館では子供たちのための中国語教室も開かれています。

パリ中華街 高層ビル 壁一面の鶴の絵 壁アート stew

ビルのペイントアートがどんどん増えまして、なかなかの楽しさ。
こちらの鶴はフランス人アーティスト Stew氏が2014年に3カ月近くかけて完成。

パリ中華街 高層ビル ストリートアート 女性

今度きちんと撮りに行ってまいります。

パリ中華街 ベトナム麺 フォー デザート

お昼は久しぶり、ベトナム麺のフォーをいただきました。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




火祭りの夜 聖ヨハネの前夜祭

太陽に火をつける 月と土星のオブジェ

6月24日はキリスト教のお祭り、Saint Jean (聖ヨハネ)の日で、昨日はその前夜祭として「火祭り」が行われました。(ほぼフランス全土の街で)
ちょうど夏至が21日で太陽信仰と混じった感があるのですが、ま、世界中いろんな宗教と土着のアニミズムは融合しがちなので、この辺は大らかに考えまして。
この上下の写真は実は2009年に参加した時のもの(訳はあとで、)
まだ小さかった子供たちも「太陽燃やしたんだよね。」と今もよく覚えています。
太陽とは↓↓

太陽に火をつける

日が暮れたあと、でもこの夏至の時期は23時すぎても真っ暗にはならないので、
真夜中過ぎに会場に組まれた櫓に火を付けまして、

夏至近くの空 夕焼け 木星のよう

ここからは昨日6月23日の写真、会場に向かう途中、空は木星が降ってきたのかと思うようなデザインで、(21時過ぎ)

夏至近く 街の大教会のシルエット 夕焼け

街の大教会のシルエット、

夏至近く 街の丘の上 夕焼け

火祭り会場の丘の上に着き、

夏至近く 街の丘の上 夕焼け

火祭り会場 バンド 踊る人たち

今年の火祭りに入ったバンドですが、レゲエ?・・と子供たちものりきれず、櫓に火が付くのも真夜中過ぎと聞き、待たずに帰ってしまいました。なので冒頭の写真は昔に撮った火祭りのものということで。

この日から本格的に夏のヴァカンスの季節が始まります。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。