夜の車窓から

夜のドライブ 車窓 暗い空 煙

あちらへこちらへと夜のお出かけが続きます。
この時期の常設行事。

たまたま車窓から見えた煙、左に急旋回して寄ってみると、

車窓から 砂糖工場 煙突から煙 タンク群
赤カブの砂糖製造工場でした。

砂糖工場 煙突に明かり 

夜の工場も風情がありますね。
世の中クリスマス休みなのにこの工場は絶賛操業中。
いろいろ撮ろうとウロウロしていたら、大型トラック群に
派手にクラクションを鳴らされて断念、それはそうですよね。

サービスエリア 休憩 少女 ガラスに車の反射

サービスエリアでいったん休憩です。


ルーアンの大聖堂 Rouen

ルーアン ノートルダム大聖堂 ファサード

パリから車で北西に向かって一時間少し、中世からの古都、そして
ジャンヌダルクの最後の地として有名なルーアンに行ってきました。

ルーアン ノートルダム大聖堂 ファサード

ノートルダム大聖堂   Cathédrale Notre-Dame
フランスゴシック最高建築のひとつ、
12世紀から16世紀にかけて建設されました。
尖塔の高さは151m、フランスで一番高いそうです。

ルーアン ノートルダム大聖堂 正面彫刻 少女

ルーアン ノートルダム大聖堂 ファサード 

ルーアン ノートルダム大聖堂 内部 聖人像

大聖堂内の聖人像。

ルーアン 大時計 歩行者天国

大時計台 Gros-horloge
顔出しNGのオットと息子の後ろ姿。

ルーアン 大時計 ルネサンス式

ルネサンス様式の大時計、16世紀に作られ今も時を刻んでいます。

ルーアン 大時計 彫刻

大時計の真下にある彫刻の一部。

ルーアン ジャンヌダルク広場 木組みの建物

木組みの建物が多い街です。アルザス地方と似ていますね。
こちらが街の中心部の広場前、この広場では1431年、ジャンヌダルクが
火あぶりで処刑された場所です。背後に近代建築のジャンヌダルク教会
が建てられています。

ルーアン 木組みの建物

ルーアン 木組みの建物 上部がせり出す

経年変化で建物が歪んでいるわけではなく、土台を雨から守るために
上部がせり出している、と聞きました。たしかに木組みの古い家の
多くは通りの中心に向かって傾いているものが多いです。
ちょっと見た目不安になります。

ルーアン アンティークショップ街 

古都らしく、中心部にはアンティーク通りがありました。
興味をひくお店がたくさん。

ルーアン アンティークショップ街 きつねの剥製 古い家具

ルーアン アンティークショップ街 古い家具

ルーアン アンティークショップ街 陶器 少女

ルーアン 地元のお菓子の店

地元の名物お菓子の店。

ルーアン ゴシック建築の教会

他に3つのゴシック建築の教会があります。

ルーアン 大時計 夕刻 人通り

夕刻の大時計。

ルーアン大聖堂 夕刻 ライトアップ

夕刻のノートルダム大聖堂。
クロードモネがこの美しい大聖堂を時刻の変化とともに描いています。