手作りのハーブバター

手作りバター チャイブ パプリカ 

クリームから手作りしたバターにCiboulette(チャイブ、あさつきの仲間)と
パプリカを混ぜてみました。

バターは鮮度が良いほうが絶対においしいので、お店で250gのものを買ってきても(半分を冷凍する)一週間もすると味が落ちてくるのがわかります。
一度作りたてのバターのおいしさを知ると、お店で買ったばかりのものであっても、実はすでに鮮度が落ちていることに気づいてしまいました。

手作りといっても電動ミキサーを使うと数分で出来てしまいます。しかも少量であれば、新鮮なうちに使い切ることが出来るので便利です。

カルフール 高温殺菌クリーム 乳脂肪分30% 容器に注ぐ

フランスのクリームはたくさんの種類があって選ぶのが難しいのですけれど、
高温短時間殺菌(UHT)されたこちらのタイプが一番簡単に好みの味のものが作れました。
このタイプは数ヵ月間の常温保存がききますのでストックに便利です。
いろいろなクリームでお試しください。(乳脂肪分30%以上。)
私はフレッシュクリームだと、酸味がそのまま残っていまひとつ好きになれませんでした。

クリーム バター作り ゲランドの粗塩

お好きな塩をお好きなだけ。出来上がってから混ぜる場合も多いですが、
(バターミルクのため)先に入れてもok。今回はゲランドの粗塩で。

クリーム 各藩 ハンドミキサー バター作り

ハンドミキサーを回して30秒ほどですでに固くなり始めました。
電動泡だて器、大きなミキサーも使ってみましたが、これが一番洗い物が少ない方法でした。

ハンドミキサー バター作り バターとバターミルクの分離

5分も回さないうちに、バターの塊と水分(バターミルク)が分離。

バター作り 冷水 ざる 出来立てバターを洗う

ざるでバターとバターミルク(水分)を分けます。
流水でサッと洗います。(ここが重要なステップだそうです。)
200㏄のクリームからおよそ80gのバターが出来ました。
コストで言えば、市販のバターのg単位の値段と同じ位になるかと思います。

手作りバター チャイブ パプリカ粉 パンにのせて

いろいろなハーブを混ぜてのハーブバター作りも楽しめます。
定番のディルやガーリック、エシャロットもより一層おいしいです。