水木しげる 日本妖怪大全 フランス版

水木しげる 日本妖怪大全 フランス版 pika edition

お気に入りの本!
日本の漫画を多く手掛ける 「 Pika Edition 」 からの出版です。
フランスでは日本の漫画が大人気、これは今さら書かなくても日本に伝わっていますよね。
漫画はもちろん、日本のアニメの多くも DVD( BL)化され売られています。
パリの 「 ジャパンエキスポ 」 は今年も盛り上がるでしょうか( ちょっと勢い落ちてきた?)
7月 7日~ 10日の予定です。

オットの世代( 40++)のフランス人には、小学生の頃に TV放映されていた、
グレンダイザー( Goldorak フランス名)、

キャプテンハーロック ( Capitaine Albator )、
宇宙からのメッセージ・銀河大戦 ( San-ku-kaï )  などが大人気でした。
[ Goldorak ]  (グレンダイザー)  は驚異的な視聴率を取っていたそうです。

こちらの中年 (?) の人たちと 「ハーロック」 のシリーズの細かい話で
盛り上がった
ことがあるのですが、その不思議な感覚ったら(笑)
「クイーンエメラルダスはね、あっちの話にも出てくるのよ、覚えてる??」みたいな。
オットと 「ラストサムライ」 を見ながら、
「ほら、サンクーカイ(銀河大戦)の主人公の俳優さん!」(真田広之氏)
「えっ!?全然変わってないっ!」  真田さん、ホントにお歳を感じさせませんね。

San-Ku-Kai--Serie-integrale

自分の小さい頃の思い出を自分の子供と共有出来る、しかもフランスで、
灌漑深いものがあります。
家なき子にベルばら、ルパンにコブラ・・・他にもたくさん楽しみました。
最近のものでは「ワンピース」、子供と一緒に夢中で見ています。
このシリーズ(長い!)も一生に残る思い出になりそうです。

水木しげる,日本妖怪大全,油赤子
油赤子、〇朝鮮の若き独裁・・いえ最高指導者に似ていませんか?

 


ニケニケの太陽 晴れ祈願

太陽,蝋燭立て

昨日も今日も明日も雨、これから 2週間先まで雨….だそうです。
今年の 5月の降水量は、 気象歴中の最大数値だとか。
寒く暗い冬を堪え、夏時間を迎えたら( 3月末)
気分は一気に高揚するはずなのに。

フランスの暗い冬は苦手、という人は多いです。
日本人はもちろん、フランス人でさえも。

「太陽? ドコにあるのよ??」 とビタミンDを飲みながら、欝々としています。
”陽の光が恋しいから、” と集め出した太陽の飾り物、プレゼントされることも
多くなり、気づいたら結構な数になりました。

フランスのどこの観光地に行っても ‘なぜか ’ 太陽の飾り物が売られています。
理由はわかりません、凡庸なテーマだからでしょうか、
いかにもなお土産屋に必ず置いてあります。

せっかくだからと毎回一つ買って、日付と街の名前を書いて思い出に。

「太陽」  を窓や壁に飾り、冬の室内を少しでも明るく…
なるわけでもないんですが、まあ気分を上げましょう。

上の写真は、アンティーク店で見つけた蝋燭立て。(高さは 1mあまり)
この不遜な笑顔が気に入っています。
「ニケニケ」 とは子供たちが太陽グッズの Archaic Smile に付けた言葉。
ふてぶてしくも見える微笑みはなんとも良いかんじ。

DSC_0022

DSC_0005
Giugno イタリア語で6月
太陽の飾り物
この子はアヴァターにしています。まつ毛の長い美人さん。
太陽の壁飾り
まだまだたくさんあるんですけど、この辺で。
太陽のバッグ,南仏の海辺
南仏のある港街に寄るたびに買うバッグ、もう5つ目。製造国はインドあたり?色合いが夏っぽく、手描きのチャームも可愛い。なんと4€でした。

外出はいつも雨仕様

シリリュス,レインコート,アンティークの傘

この 5月は雨続きのフランスです。
おとといからの集中豪雨はやまず、さらに 2週間は雨マークが外れないそうです。
通常 6月は晴天続き、まさにジューンブライドの結婚式シーズンなのですが。
気温も上がらないので、冬物の服も仕舞えません。

このレインコートは日本から既に<撤退>してしまった
フランス服飾メーカー Cyrillus(シリリュス)のもの。
色使いが上品で、甘すぎない可愛さが人気のお店です。
あ、日本版のサイトも閉鎖されたんですね。
フランスのサイトはこちらです。http://www.cyrillus.fr/

DSC_0001

傘はアンティーク店で見つけたお気に入り。
持ち手が革なので、濡らさないように気を付けないと。(ええ、雨の日に、、)
足元は思いっきり黒ゴム長靴ですが、なんだかシックリきてますね。(笑)