パリの街角のカッコいい男性陣

シャンゼリゼ,コーヒーブレイク,イケメン集団,背中美人

シャンゼリゼを下り歩いた時に、ずいぶんとカッコいい男性陣が
戸口でなごやかにおしゃべり、仕事合間の小休憩といったかんじ。

雰囲気からして有名ブティックの店員さんたちかしら。

カメラをこっそり構えたつもりでしたが、コーヒーカップを持つ
イケメンさんと目が合ってしまった!!
反射でシャッターを押してしまい、そそくさと人混みに紛れました。

ビビったのでフォーカスがずれましたが、ちょうどいいです、
載せちゃいましょう。

手前の背中美人のマドモワゼルたちも素敵でしょう?

疑問「ハンサム」という言葉はもう死語なのかしら???


Paris plage (セーヌ河岸のSummer Beach)

セーヌ河岸,夏の人工ビーチ,パリプラージュ

今夏も恒例パリプラージュがセーヌ河岸に設置されました。
いつもは車道専用の道路に砂を敷き詰め、ビーチチェアや屋台、
子供の遊び場を作り、訪問者に無料開放しています。
( 7月  20日~  9月  4日まで)
ただし、
ビーチではありますがトップレスとセーヌでの遊泳は禁止です。
(フランスの海辺ではまっ裸の人がいつも必ずいるんですよ、、)

シテ島,パリプラージュ,冷夏

今年は冷夏のようで、実は  8月に入る前から秋風が吹いているように
感じます。日が陰ると肌寒いですし、朝晩は上着が必要なほど。
上の写真はシテ島ですが、空気の色が夏っぽくないのです、
連日こんな感じです。

パリプラージュ,セーヌ河岸のビーチ,ビーチパラソル

そして今年はテロの影響で観光客が少ない、空いているビーチチェア
チラホラと、ちょっと寂しいですね。
日本人の観光客もまったく見かけません、お店でも観光スポットでも
東洋系のお客さんだわ、と思うと中国語ばかりが聞こえてきます。
(中国系のツーリストの皆さん、とにかく声が大きい&パワフル!)

ELLE,表紙モニカ・ベルッチ,セーヌ川,パリプラージュ

最後は美女のサービスショット。
雑誌  ELLEの夏特集、表紙は女神ベルッチです。
彼女は、瞳を閉じる、または伏せているポートレートが多いなと。
その表情が「いい女」度をさらに上げているように思うのですが、
こちらはいかがですか?


パリのストリートアート

パリのストリートアート,ネッケル小児病院,キースへリング

上の写真は大御所キース・へリングのネッケル小児病院の壁画です。
下に娘とオットが小さく写っています。娘の謎の咳が止まらなくて
困った時に最終的に紹介されたパリ有数の小児専門病院です。
入院中の子供たちの目に優しい、可愛いらしいデザインですね。

パリストリートアート,黒人の子供,ルイヴィトンのバケツ

ルイヴィトン柄のバケツに入った小さなアフリカ系の男の子。

パリストリートアート,踊る若い女性

パリストリートアート,女性の日

こちらは毎年春に開催される国連主催の「女性の日」記念のもの
思われます。
顔の中にさらに小さな顔のオブジェが埋め込まれています。

パリのストリートアート,国連主催女性の日

パリのストリートアート

普遍的なテーマで。

パリのストリートアート

上のものは街角によくある、何と言いましょうか、
ペンキが
無駄なんじゃ?? というタイプのものです。
これはサイズが非常に大きい
ので観光客に人気があります。
(真ん中は息子です。)

パリのストリートアート,ベルヴィル

こちらはパリの中華街ベルヴィルにあるものです。
車除けのポールの一本一本にも色が塗られていますね。

移民が多く庶民的な地区で、観光客はほとんどいません。
おいしい中華料理店がたくさんあるのでそれ目当てのパリ在住者が
通います。

(写真に写っている人物は加工してあります、それワインの瓶、、)