カタルーニャの発泡ワイン フレシネ

Freixenet  白とロゼのボトル 緑の庭 ハロウィーンのかぼちゃ

こちらはスペイン・カタルーニャ産のスパークリングワイン「Freixenet」
フレシネの白とロゼです。(隣のミニカボチャはハロウィンの残り、)

力強い喉越しで爽快で華やかでって・・美味しいです、、
詳しい方、ご解説お願いいたします。
日本ではサントリーさんが輸入代理店だそうです。
こちらのサイト、サントリー・フレシネで日本名の方を覚えました。

Freixenet 白とロゼのボトル

ところで、大騒ぎとなったカタルーニャの独立問題でありますが、フランスのニュースではもちろん、連日長い時間を使って細かく伝えられています。

過去記事でオットの故郷、現在のフランス南側にあたるオクシタニアについて書き散らかしましたけど、再度簡単に説明します、、
歴史上長い間、フランス南部からモナコ、イタリアの上一部、スペインの上一部は、オクシタン語(ヴァージョン有り)を話すオクシタニアと呼ばれるひとつの地域でした。

カタルーニャ語とオクシタン語はそっくりな言語で、両地域は同じ自治領だった時代もありました。(この辺りは国境線が激しく書き換えられました。)
なので今でもフランス南側の人々にとっては、カタルーニャも含むこの地には深い思い入れがあるそうです。

ゆえ、この独立問題には胸がザワつくそうで。

バルセロナはオットの故郷から車で半日強、またバルセロナに行きたいね~、
でも、ニュースを聞くたびに微妙な気持ちになります。

フランス オクシタニアの旗 フォワグラ店の前で翻る

カタルーニャに入ると「カタルーニャ独立旗」が街のそこらじゅうに!といった勢いではためいていますが、
フランス・オクシタニア圏でも「オクシタニア旗↑↑」が盛んに翻っていますから、
こういった民族的な気概は今も根強く残っているのだなあ、と感じます。

車のキーホルダー オクシタニアの紋章

誰のキーホルダー??、オクシタニアの紋章です。

かの地の独立問題はどうなるんでしょう???
カタルーニャ大変だろうなあ、いろんな物を無くしつつあるなあ、、、
と思いフレシネをちょこちょこと買っております。
下は昨夜の一本、semi-seco 半辛口、ほんのり甘くてついつい飲み過ぎました。

Freixenet プレミアムカーヴァ 白ボトル premiun-cava  carta-nevada

Freixenet semi-seco フレシネ 白 半辛口

フランスのハロウィーン カボチャ市 

これはハロウィーン前のカボチャ市での写真。
フランスではハロウィーンはまだまだ新しいお祭り、カボチャ市も新顔なんですが、ここ数年で定着しましたねー。

フランスのハロウィーン カボチャ市

現在のハロウィーンはフランス北西部に強く残るケルト文化に起源があるらしい、という事ですけれど、そのケルトの地ブルターニュ地方にはブルトン語という独自の言語が生きています、これもまた調べていくと面白いんです。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




肉骨茶

バクテー マレー半島の煮込み料理 骨付き豚肉 漢方薬のスパイス

「肉骨茶・バクテー・Bak kut teh」
ホラーな響きに「何が入っているお茶なの?」と不安になるネーミングであります。
これは東南アジア・マレー半島名物の荒ぶる煮込み料理でありまして、お茶ではないんです、(じゃ、何でしょう?)
骨付きの豚肉を漢方薬に使うスパイスで煮込んだお醤油ベースのスープです。
マレー半島に住む中国系の人々が作り出した料理で、あまり上等でない骨付き肉を使っていたためにこの名前があるそうです。
昔マレー半島をウロウロしていた時期があるんですが、暑さ負けすると妙に食べたくなる料理でした。マレー半島に多いイスラム教徒の人たちは豚肉を食べないので、華人専用のためか、肉骨茶を出すレストランはそれほど多くなく、いつもちょっと遠出をして食べに行った覚えがあります。

レシピがwebでいろいろと見つかりましたが、数種類試してみまして・・
本場の味に近い物?といってもそれぞれのお店で使うスパイスの種類はかなり違うと思いますし、手に入りにくいものはパスしちゃって、ご近所で揃えられるものだけを使って作ってみました。

バクテーに入れる漢方薬のスパイス 八角 シナモンスティック 胡椒5ミックス クローブ粒 クコの実

レシピです、
骨付きの豚肉、お好きなだけ
シナモンスティック 1~2本
クローブ粒 10個
ペッパー5MIX=黒白赤緑の胡椒+コリアンダーシード  片手で掴めるくらいドサッと
(↑↑↑ 私が好きなだけで、普通に黒胡椒粒でokと思います。)
八角=スターアニス 数個
クコの実 一握り (なくてもいいかも)
ニンニク お好きなだけ、皮を剥いて包丁の背で潰す
生姜 一かけ 薄切り
塩 おまじない程度に、

これらを2リットルの水と一緒に圧力鍋に入れます。

野菜はクセのないものを入れてもいいかもしれません、今回はマッシュルームなぞを。
あとはお肉が柔らかくなるまで圧力鍋まかせ。途中からいかにも体に良さそうな香りがしてきますよー。

圧が下がったら蓋を外し、お砂糖とお醤油を味見しながら加えます。
そして引き立ての黒胡椒をたっぷりとふっていただきます。

オットは「Bak kut teh?全然覚えてないけど、これは美味しい。」
体が一気に温まるので、これからの風邪の季節に重宝しそうです。


レンジでチョコケーキ、ベリーで飾り付け

チョコケーキ カシスシロップ 各種の赤いベリーのケーキ ミントの葉

娘がネットで見つけたレシピ「10分で出来るチョコケーキ」を作ってくれました。
なるほど電子レンジを使うのね、安全だし子供におまかせでも大丈夫そう。

溶き卵と溶かしバターを混ぜる ハンドミキサー

二つの溶き卵に、レンジで溶かした60gのバター(少し冷まして)をよく混ぜ、

スープスプーン2杯の小麦粉を混ぜる ハンドミキサー

スープスプーン2杯分(1杯18㏄)の小麦粉を混ぜて、(ふるわなくてもいいかな。)
フランスでは計量スプーンというものを使わず、スープスプーン1杯とかコーヒースプーン〇杯という分量指定をするんです。スプーンによっても若干容量が違いますし、お菓子作りでいいものか・・でもそんなに不具合はないようです、多分。

スープスプーン2杯のカカオパウダーを混ぜる ハンドミキサー

スープスプーン2杯分のココアパウダーも混ぜます。

チョコレートの生地作り、クッキングシートの上に流す

四角いガラス容器にクッキングシートを敷いてトローリと。
電子レンジに入れて30秒から~~、

チョコレートケーキ 電子レンジで焼きあがり ナイフで切り分けて

こんなかんじにまとまるまで様子を見ながらレンチン。
好きな形に切り分けて。むっちり!フランス風ガトーショコラの生地です。

フランス語のレシピメモ書き

娘の手書きレシピメモ、今は何でもネットで情報が入る時代になりましたね。

チョコケーキとベリーにカシスのシロップをかける

あとは好きなだけ飾り付け、カシスのシロップを上からたっぷりかけました。

ブルゴーニュ産 カシスのシロップ
赤いベリー各種の冷凍ミックス

カシスのシロップの炭酸割りは夏の必需品。ベリーは冷凍のものが便利です。

ベリー付きチョコケーキにミントの葉を載せる 少女

「ミントの葉とチョコケーキは仲が良いの。」