聖具と聖遺物を公開中・ラン大聖堂

聖具と聖遺物を公開中・ラン大聖堂 colors-france.com フランス生活色彩の記録 cathedrale de laon nikonD800

フランス北部 Aisne エーヌ県、 Laon ラン市にあるラン大聖堂を訪れて参りました。
Laon と書いてランとだけ発音します。(なぜ?)
パリから150km弱、車で2時間ほどの距離にある街です。
(写真をクリックすると拡大写真がポップアップで出てきます)

聖具と聖遺物を公開中・ラン大聖堂 colors-france.com フランス生活色彩の記録 cathedrale de laon nikonD800

ファサード、建立は12世紀、初期のゴシック建築の代表的カテドラルです。
二つのタワーはパリのノートルダム大聖堂と同じスタイルですね。
調べたら、建設着手年は8年違いという近さ。

聖具と聖遺物を公開中・ラン大聖堂 colors-france.com フランス生活色彩の記録 cathedrale de laon nikonD800

聖具と聖遺物を公開中・ラン大聖堂 colors-france.com フランス生活色彩の記録 cathedrale de laon nikonD800

聖具と聖遺物を公開中・ラン大聖堂 colors-france.com フランス生活色彩の記録 cathedrale de laon nikonD800

身廊脇に並ぶ礼拝室の一つに、聖具と聖遺物が公開されています。
このカテドラル所縁の聖職者の遺骨が多数展示されていました。
こちらはおみ足の骨ということですが、どうやってこの状態に・・??
白骨化を待ったということでしょうか。

聖具と聖遺物を公開中・ラン大聖堂 colors-france.com フランス生活色彩の記録 cathedrale de laon nikonD800

聖具、神々しいです。
一部だけを載せますが、展示されているものは実に多数、ここまで一般公開している
教会は珍しいです、もし機会があったらぜひにお訪ね下さい。
ちょっと緊張してしまいまして、カメラ持つ手がカタカタ、

聖具と聖遺物を公開中・ラン大聖堂 colors-france.com フランス生活色彩の記録 cathedrale de laon nikonD800

モザイクを入れたほうがいいかしら・・思いましたが。
痛々しいイエス様が十字架にかけられているのがカトリック教会、
(シンプルな十字架だけなのがプロテスタント教会、例外あり)
しかし、、時々ギョッとすることもありますね。

聖具と聖遺物を公開中・ラン大聖堂 colors-france.com フランス生活色彩の記録 cathedrale de laon nikonD800 ガーゴイル

ガーゴイル(雨樋の妖獣)がなかなかのインパクト、女性なんだわ、、
下で支える笑顔の人物も、

聖具と聖遺物を公開中・ラン大聖堂 colors-france.com フランス生活色彩の記録 cathedrale de laon nikonD800 キマイラ

キマイラ(生物学上のキメラの語源、異質なものの合成の意味)も目を惹きました。
いえ、普通に華麗な彫像もたくさんありました、ええ、もちろんですよ、、

聖具と聖遺物を公開中・ラン大聖堂 colors-france.com フランス生活色彩の記録 cathedrale de laon nikonD800

カテドラルを出たら、城下町風商店街には、

聖具と聖遺物を公開中・ラン大聖堂 colors-france.com フランス生活色彩の記録 cathedrale de laon nikonD800

もう一枚、カラフル。

聖具と聖遺物を公開中・ラン大聖堂 colors-france.com フランス生活色彩の記録 cathedrale de laon nikonD800

丘の上の街です、上層部と下層部を隔てた門がありました。(&撮影アシスタント)

インスタグラムにもご訪問くださいませ。
instagram merumo.colors

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です