ノートルダム大聖堂再建への寄付情報

ノートルダム大聖堂再建への寄付情報 フランス生活色彩の記録 colors-france.com  nikonD800 notredame

昨日、ノートルダム大聖堂の付近を歩いてみました。
近辺は警察と消防隊にブロックされています。多くの観光客は視線を大聖堂に向けながら。この方向だといつもの美しい姿が見えてホッとしますが、後ろの尖塔は消えてしまったわけで。長いクレーンが稼働中です。
(写真をクリックするとポップアップで拡大写真が出てきます)

ノートルダム大聖堂再建への寄付情報 colors-france.com nikonD800 フランス生活色彩の記録 notredame

脇にまわると痛々しい姿が見えてきます。

colors-france.com nikonD800 ノートルダム大聖堂への寄付情報 フランス生活色彩の記録 notredame de paris

こちらの面の大きな薔薇窓は無事だったようですが、上の小さなものを拡大してみました。残念ながらガラスが割れています、茶色の変色もはっきりと。

建設以来、フランス史の要所要所で舞台となったノートルダム大聖堂、
ニュースで繰り返される「フランスのシンボルだから、」という表現を耳にするたびに、
どれほどフランス人にとってショッキングな出来事であったことかと痛感します。
火災直後の全く原因がわからなかった頃に、政府からは言葉を選びながらのコメント、
事故の可能性という方向で捜査している、」とだけ発表されました。
ある種の慎重さがうかがえました。

捜査は進んでいますが、まだはっきりとした原因はわかっていないようです。

フランスアマゾン本部門ではヴィクトル・ユーゴーの「ノートルダムドパリ」が
ランキング一位に上がりました。(ちょうど今現在は二位です)

化粧品ロレアル社の創業者ベタンクール一族がいち早く200.000.000€の寄付金を発表しました。数字は間違えていないはず・・桁が非現実的で。日本円換算には125倍ですね。

「ノートルダムの鐘」長編アニメ化したディズニーも寄付のアナウンス、

フランスのゲームソフト会社 Ubisoft も寄付を発表しました。
Ubisoft は2014年に「アサシンクリードユニティ」というステルスゲームを発売、
その舞台はノートルダム大聖堂を中心にしたフランス革命中のパリ。

colors-france.com notredame de paris Ubisoft アサシンクリードユニティ ノートルダム大聖堂 フランス生活色彩の記録

photo from Ubisoft international HP

「ノートルダムの描き込みに膨大な時間をかけました。」とUbi社の開発者。
驚くほど綿密に描かれた大聖堂を、全方向から自在に鑑賞することが出来ます。

大聖堂を美しくデジタル可視化したこのゲームの期間限定・無料のダウンロードサービスが発表されました。
「多くの方に大聖堂の美しさと壮言さを感じていただきたいです。」
Ubi社からのコメントです。

私もベタンクール一族のようにパーンと大型の寄付をしたいところですが、
前日にパリの造幣局 Monnaie de Paris (フランスでユーロ硬貨の生産を担当している国営企業)が、ノートルダムの再建のための寄付コインを発売すると聞いて、大聖堂からすぐ近くの造幣局のブティックに行ってみました。
デザインは決まったけれど、サンプルはまだ上がってきていないとのこと。
予約が始まり、受け渡しは5月20日がめどになるそうです。

パリ造幣局ブティック ノートルダム再建寄付コイン

Reconstruction Notre-Dame de Paris コインは3種類と聞きましたが、サイトには2種類がのっています。
どの団体に寄付をしたらよいかわからないので、こちらの寄付コインを予約しました。
(詐欺の募金活動も存在するようです、慎重に選んだほうがよいようです。)

続々と追加情報が入ってきています。
修復にかかる期間、費用についてはいろいろな数字が出ていますが、
かなりの長い時を待たなければならないことは確実のようです。

インスタグラムにもご訪問くださいませ。
instagram merumo.colors

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です