自家製田舎パン パンドカンパーニュ

自家製田舎パン カンパーニュ フランス生活色彩の記録 nikonD5100micro colors-france.com

一口目で、自家製でこの美味しさは厄介かな、と思いました。
何が? もうヨソで買わなくていいかも・・と。(名店のものはまた別です)

拝読している AROOMさんのブログ「モノと生活」から教えていただきました。
鋳物ホーロー鍋(ココット鍋)で焼く Pain de Campagne 田舎パン。(下にリンク先)

AROOMさんのレシピを拝見して、惹かれたのは次の点、

*材料はたったの3つ、小麦粉・塩・ドライイースト
捏ねないので準備は5分手も汚れず
*発酵は室温で放置

こちらフランスの食材で何通りかを試しました。覚書で、、

*小麦粉はパン用のシンプルなもの、クセはないけどコシのあるものを。
*塩は良い物を。ピンクのヒマラヤ岩塩が好みで、若干多めに入れました。
*ドライイーストはFrancineの小パックを一袋。
*発酵は温度と生地の状態を見ながら調節。
発酵後は4倍くらいに膨らみまして、柔らかすぎて成型出来ずそのまま↓↓

自家製田舎パン カンパーニュ colors-france.com nikonD5100micro フランス生活色彩の記録 発酵後の田舎パン

熱くしたココット鍋にキッチンペーパーに包んだ生地を入れ、をして焼きます。
オーブンは280度推奨ということですが、ウチのオーブンは260度までしかないので、
その際の注意事項なども書かれてあります、ぜひご確認ください。

モノと生活

(AROOMさん、いつもお世話になっております、今回はご許可いただきましてありがとうございます。)

自家製田舎パン カンパーニュ フランス生活色彩の記録 colors-france.com nikonD5100micro 田舎パンの気泡

室温発酵を不安に思いましたが、気泡はこんな風。(穴フォビアの方、ごめんなさい)
小麦粉と塩の味が素直に出ますので、あれこれ試すのも面白いです。
とにかく香りがよくて嬉しくなります、ぜひお試しくださいませ。

インスタグラムにもご訪問くださいませ。
instagram merumo.colors

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です