昨日(4/6月)のパリ、ルーブル宮付近

ルーブル美術館,ガラスのピラミッド

昨日、パリ中心部に行ってまいりました。
相変わらずの暗い一日でしたが、観光客も多いし、街は通常通りです。
(ルーブル・オルセー美術館は閉館中。)
雨さえ降らなければ楽しく観光出来ますが、今週中にまた雷雨警報が出ています。
セーヌ川の水位が下がり始めたのに(今日5日)また心配になってきました。

上はルーブル美術館入り口のガラスのピラミッド。
改装中でシートがかけてあるかしら?
(アーティストJR氏のパフォーマンスでした。27日までの展示です。)
こちらに館員が10名ほど「7日まで閉鎖します。」と案内していまして、
説明ボードも出ていて6か国語で書かれていましたが、、、、、

ルーブル美術館,ピラミッド,閉鎖の案内,中国語

なんとその中に日本語がありませんでした。
悲しくなりましたよ。たしかに今は圧倒的に中国人旅行客の方が多いとは思いますが。

セーヌ川,水位上昇

見つくした感のあるこの構図、でもやはり直接見るとびっくりです、ありえない水位。
観光客のみなさんは川をバックにセルフィーに忙しく。

ルーブル宮,セーヌ河川

左がルーブル宮、右の絵を描くおじさんの後ろがセーヌ川の堤防です。
ルーブル宮が道路より下がった位置にあるんですね、
地下の展示物を大至急で運んだそうですが、たくさんの大型彫刻はどうなったでしょう。
早くこの洪水の不安がなくなることを願うばかりです。


2件のコメント

  1. オーストラリアに行ったときも、日本語はありませんでした😂
    中国語がなにかと目立ちましたねぇ😐

    1. zuzurelliさま こんにちは、コメントありがとうございます。パリはテロ以降、日本からのお客様が減ってしまったとはいえ、やっぱりちょっとせつないです。中国語の観光客がとにかく多いです、数のルールにはかないませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です