フランスの家庭料理に使う塩

粗塩,ゲランド,ブルターニュ

フランス料理の修行に来ていた日本の友人が、
「料理はね、塩なんですよ。」 この一言がずっと頭に残っています。
以来、さまざまな塩をあれこれと吟味しております、まだまだ修行中ですが。

上の写真はゲランド名産の「粗塩」 Gros Sel Guérande(グロ セル ゲランド)
フランス西海岸ブルターニュ地方で、海水を干して作られた天然塩です。
この色のために灰色塩とも呼ばれます。
湿っているので手ですくうと指がベタベタに、なので陶器の 「塩スプーン」
というものが存在します。
この綺麗なピンクのスプーンはオットの田舎の知り合いの陶芸作家さんのもの。
ミネラル豊富で深みとコクがあり、煮込み料理や塩包み焼きなどに使います。
うちではパスタを茹でるときにはこの塩をドバっと<一握り>入れます。
ただ食卓に直接出すことはありません、大粒ですしね。
1kgで 1.5€ 以下の値段でスーパーには必ず置いてあります。

ゲランド塩,ハーブ入り,バイオ

上の塩は、ゲランドの塩にハーブ(バジル、ローズマリー、タイム他)を混ぜたものです。
香りが良いのでサラダに使います。バイオ店には凝った食材が豊富にあるので楽しいです。

DSC_0395

こちらはゲランドの塩に黒緑白胡椒+ピンクペッパー+コリアンダーシードが
混ぜられたもの。魚や肉の上に粒のままふりかけて。幸せ。

フルールドセル,カマルグ,塩スプーン

こちらは 「塩の花」 Fleur de Sel. (フルールドセル)
塩田で塩を作るときに、表面に出来る結晶のみを集めたもの。
塩の一番搾りのようなものでしょうか。
味はまろやかで塩っ辛さがなく、どんな料理にも重宝します。
採集に手間がかかるので、値段はかなり高めになります。
これは地中海に面した湿地帯、カマルグのもの。

塩の産地はゲランド、カマルグ、そして西海岸のレ島のものも有名です。
以前レ島に行ったときに粗塩をたくさん買ってきました。
深い灰色で濃厚な味が好みだったのですが、、近場で売っておらず切らしております、残念。
前記事→  レ島のクジラを箸置きに

DSC_0006

最後の塩はフランス産でなく 「ヒマラヤ塩」(産地はパキスタン)。
古代の海が土地の隆起で干上がり、ミネラルを多く含んだピンク色の塩が出来たそうです。
その地域の旅行記をネット上で見つけたのですが、書かれたご本人の連絡先がわからず、
ここで紹介するのは気が引けます。
検索ワードは 「世界新聞、ヒマラヤ塩、パキスタン」でどうぞ。
ミネラル含有量がとても高く、優しいまろやかな味, ピンク色の見た目も綺麗。
サラサラに細かく曳いたものを<ふり塩>に使っています。バイオ店などで探せます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です