山頂の気象台 Observatoire

フランス中央高地 エグアル山 山脈 

こちらはフランス中央高地にある Mont Aigoual エグアル山の頂にある気象台、
開設は1894年、今も現役で気象状況を分析しています。

エグアル山 塔の上のパネル 標高1571m mont aigoual

塔の上にあるパネル、放射線の先にある都市や山を表示、標高 1571m。

mont aigoual フランス中央高地 山脈

フランス中央部の山岳地帯を一望に。上5分の1は雲です。

エグアル山 百葉箱 フランス中央高地 

施設の中には入れませんでしたが、外部の機器を眺めて。あ、これは百葉箱?

フランス中央高地 エグアル山 気象台全景

気象台全景。
観光客は多く、この反対側にレストランもありました。(広い駐車場あり)

フランス中央高地 エグアル山 枯れた山

周りの風景ですが、なんだか行き倒れそうな雰囲気で、

エグアル山 フランス中央高地 枯れた山

霧が晴れることはなく、夏服のままなのは私たちだけでした。
あ、オットを勝手に載せると怒られるんですが、、

フランス中央高地 エグアル山 メンヒル

この高地にもメンヒルが立っておりました。
先史時代の巨石記念物です。この中央高地セヴェンヌ地方に集中して残っていまして、こちら過去記事です→  先史時代の巨石文化 メンヒルの里

フランス中央高地 エグアル山 セイヨウアザミ フィボナッチ数列

最後にこの地でよく見かけたセイヨウアザミ。
フィボナッチ数列でしょうか、花の下の膨らんだ所、巻き模様が美しい。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です