セーヴル橋より最後の夏の光

ポンドセーヴルの駅の時計台 時計は止まっている

こちらはパリ市内から西に向い、セーヌ川が大きくカーブする場所にかかるセーヴル橋、その駅「ポンドセーヴル」の時計台。
針はとんでいますが、大らかでよろしいかと。

セーヴル橋より見るサンクルーの街 セーヌ川

橋の上から見る北側にサンクルー・丘の街。パリを一望できるはず。(未踏)
夏が終わりますね、最後の夏の光です。

セーヴル橋より ラセーヌミュージカル

その反対側、セーヌ川には中州の島が多いのですが、こちらはその一つセガン島。

もともとはルノーの車製造工場があったのですが、工場閉鎖の跡に文化施設の建設計画が続き、上の写真は音楽総合施設 ラセーヌミュージカル。
ルノー工場の「遺跡」はほぼ残っていないそうで、ちょっと残念です。

セーヴル市 国立陶芸美術館 ポンパドール婦人の城

橋のすぐ横にあるこの建物はポンパドール婦人のお城、現在は国立陶芸美術館となっています。

「セーヴル焼」はこの街が生産地。婦人はルイ15世とともにフランスを代表するセーヴル磁器のパトロンだったそうです。

語られることの少ない美術館かと思いますが、私も車で前を通りすぎることもう数年、ついに来たわ、、と。(オットも子供も、ええー・・とか言うんですもん。)

セーヴル市 国立陶芸美術館

有史以来の陶芸の歴史が展示されています。
日本からは伊万里焼などのコレクションが展示されていました。

ところがカメラの具合が悪くまともな写真はほぼ無いです・・また行ってまいります・・

セーヴル市 国立陶芸美術館 

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です