自転車のある街角風景

パリ6区 花屋

またまた写真キャプション付けに疲れてしまいましたので、
出会いの産物、街角風景を。

こちらの写真はパリ6区、多くの絵画ギャラリーや国立高等美術学校がある地区を歩いていて撮ったもの。

パリ6区 本屋 青いファサード

パリの古い建物は時間と共に傾いてきているのでしょうか、
なんとか上手いこと木材をはめ込んだような造りで。
(これレンズのゆがみじゃないんですよ、)

フランス国立アカデミー フランス学士院 後ろから

セーヌ川芸術橋の先の建物 ↑ フランス国立アカデミーの後ろのあたりの地区です。
観光客は多くなく、皆さんお隣のカルチェラタンかサンジェルマンデプレに行っちゃいますからね、ギャラリーももう夏休みでしょうか、ほとんどが閉まっていました。
で、突然出会った、

パリ6区 フランス学士院裏 自転車のおじいさん

御髪はお茶の水博士そのままで、細身の体にほどよく抜けたデニムのシャツ、綺麗なブルーの鞄を斜め掛けでオラオラオラーッみたいな勢いで突進してきたおじいさん、あ、この人絶対アート関係者、、あんまりカッコいいので急いでカメラを構えたけど、遅かった、

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です