今日のルーヴル美術館 

ルーヴルガラスのピラミッド ジャポニスム 2018 浮遊する空位の玉座 名和晃平

ルーヴル美術館では今、ドラクロワ展、そして日仏友好160周年を記念してのジャポニズム2018(2018.7月~2019.2月)のイベントが始まっています。
ガラスのピラミッドに「 Throne 浮遊する空位の玉座」名和晃平氏の作品です。

ドラクロワ展 民衆を導く自由の女神

ドラクロワ展は今月23日まで、ギリギリで駆け込んでしまいましたが、思ったほど混んでおらず助かりました。(終了日まぢかは避けましょう)
巨匠の大作をぶっち切り申し訳ないのですが、一番人気で人の波が絶えず、の図。

ドラクロワ展 高校時代のノート ナポレオンのデッサン

大企画展はこういうサブストーリーが面白く。高校時代の学校のノートだそうです。
これがのちのち展示されるなんて、ご本人は思ってもみなかったことでしょう。
イラストはナポレオンだそうです。

ドラクロワ展 北アフリカの旅行 デッサン手帳

こちらは北アフリカに旅行した時のデッサン手帳、さらさらっと色を効かせて。

ドラクロワ展 墓地の孤児

もう一枚、かの有名な「墓地の孤児」目のすぐ前で目の高さで、もう細かい所まで凝視してしまいました。

感無量、こういった巨匠の大企画展は一生のうちに何回出会えるかわかりませんから。(展示が諸外国の大都市を廻ったりもしますけど、遠出をしない範囲で、ということで。)

ガラスのピラミッド 名和晃平 浮遊する空位の玉座 ジャポニズム2018

最後にもう一枚、Throne を。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です