石器時代から続く古い村&廃墟城

フランス南西部 マドレーヌ村 要塞上廃墟 colors-frane.com

フランス南西部の旅、まだまだまだ続きます。(若干疲れ気味、)

この地にはラスコー洞窟を筆頭に先史時代の遺跡がたくさん残っています。
今回訪ねたのは、マドレーヌ村と呼ばれる石器時代から19世紀まで続いた集落の遺跡。
上の写真はそのてっぺんにある要塞城の廃墟です。

colors-france.com フランス南西部 マドレーヌ村 要塞上廃墟 集落の遺跡

下から見ますと・・13世紀に建立された要塞城は17世紀に火災により崩壊、そのまま放棄されました。
その下に見える層が、9世紀から19世紀まで使われた崖の窪みを利用した集落の遺跡です。
そしてその地下からは先史時代(17000年前~)の遺品、石器や埋葬品が多数発掘されています。この崖の窪みには万年単位の集落の歴史があるのですね。

フランス南西部 マドレーヌ村 colors-france.com  集落の遺跡 14世紀の礼拝堂

残念ながら今日現在の村は真の廃村で、子孫たちは離れていってしまったわけですが、
ユネスコの世界文化遺産・保護対象区として公開されています。

ドルドーニュ川の上、崖の窪みを壁にした長屋が続きます。
真ん中の建物は14世紀に建てられた礼拝堂、上の城は廃墟となりましたが、このチャペルは綺麗な状態で残されています。

フランス南西部 マドレーヌ村 集落の遺跡 colors-france.com

長屋状態の住居が想像しながら・・壁の穴に木の横木を渡して部屋を作っていたのですね。排水溝などもきちんと整備されています。

colors-france.com フランス南西部 マドレーヌ村 集落の遺跡

一段上の部分が人間の居住用、というか寝室なのだそうです。
下は作業場&家畜スペースということで。

フランス南西部 ドルドーニュ川 集落の遺跡 colors-france.com

真ん中の礼拝堂を逆方向から、下のドルドーニュ川は小舟による産物・商品の重要な輸送路でした。ただし、この川が災いの元でもあって、ヨーロッパを荒らしまくったヴァイキングが川沿いの村々も襲ってくるものですから、この崖上の住居にも様々な自衛装置が造られていました。上から防護板を落とし、巨石を投げつける、熱湯をぶちまける、上から槍で応戦するなど。村々には見張り台があって、笛による危険シグナル網も張り巡らされていました。

colors-france.com フランス南西部 マドレーヌ村 集落遺跡 礼拝堂に続く石の階段

中央の礼拝堂に登ります、崩れかけた階段を、

フランス南西部 マドレーヌ村 14世紀の礼拝堂 集落の遺跡 colors-france.com

見事なゴシック式の内陣と祭壇と、(建立14世紀)

colors-france.com マドレーヌ村 フランス南西部 礼拝堂 マリア像

置かれたマリア像。

フランス南西部 マドレーヌ村 集落の遺跡 暖炉のある室内 colors-france.com

長屋式住居の内部、暖炉も排気穴も備わっています、19世紀までごく普通の農家として機能していました。
ここだけでなく、南西部大河沿いには太古から続く村があちこちにあるのです、ちょっと驚いてしまいますが。

colors-france.com フランス南西部 マドレーヌ村 集落の遺跡 台所 オーブン

キッチン、大きなオーブンですこと。

フランス南西部 ドルドーニュ川 カヌー下り

カヌー下りが楽しめます、フランスよりも北方の国からのヴァカンス客が多いのですが(夏は南下したくなるものですよね、)もしかしてヴァイキングの末裔だったりしませんか?

現在のマドレーヌ村は屋外ミュージアムとして運営されています。
The troglodyte village of La Madeleine


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です