建築家ヌーヴェル 光のミュージアム ヴェスンナ

ペリグー市 ヴェスンナミュージアム ジャンヌーヴェルのガラス建築 ローマ時代のヴィラ遺跡

フランスの建築家ジャン・ヌーヴェル氏の造ったガラスのミュージアム、ヴェスンナ
Vesunna Gallo-Roman Museum
以前ご紹介したフランス南西部ペリグー市にある
ガロローマ時代の神殿と円形闘技場(過去記事)のすぐ脇で発掘された、1~2世紀建立のローマ式ヴィラ(特権階級の邸宅)をそのまま覆うように建てられたミュージアムです。

ガロロマン時代のペリグー市の模型 1~2世紀 楕円形闘技場 神殿

その当時、1~2世紀のこの街の模型図。(館内展示)
右上に楕円形闘技場、真ん中の四角い部分が神殿、その左脇がヴィラです。

ペリグー市 ヴェスンナミュージアム ジャンヌーヴェル設計のガラス建築 ガロロマン時代のヴィラ

発掘されたヴィラをどのように保護・展示するかということで複数の建築家によるコンペが行われ、権利を受けたのはフランス南西部ロテガロンヌ県出身の
ジャン・ヌーヴェル氏。
ガラス建築で有名は氏は、パリのアラブ世界研究所(過去記事)で一躍世界に名を知らしめた建築家です。

ヴェスンナミュージアム ペリグー市 ガロロマン時代のヴィラと神殿の遺跡 ジャンヌーヴェルの建築

展示物も保存状態が良く充実しているのですが(彫刻の数々はぜひ実際にご覧になっていただきたいです)今回は光の美しく入る館内の図を中心に撮ってまいりました。
ちょっと見えづらいですが、窓の外に神殿の廃墟が見えます。(高さ24.5m)

ペリグー市 ヴェスンナミュージアム ガロロマン時代のヴィラの遺跡 ジャンヌーヴェルの建築

色鮮やかな壁画が多数そのままに発掘されまして、

ヴェスンナミュージアム ペリグー市 ジャンヌーヴェルの建築 ガロロマン時代のヴィラ 噴水の遺跡 海の生物の壁画

中央の丸い部分は噴水でした。周りには魚や貝、海の生き物の壁画が残っています。

ペリグー市 ヴェスンナミュージアム ガロロマン時代のヴィラ遺跡 ジャンヌーヴェルの建築

ペリグー市 ガロロマン時代のヴィラ遺跡 ヴェスンナミュージアム ジャンヌーヴェルの建築 人柱像

市内各地から発掘される支柱の彫刻。

ペリグー市 ヴェスンナミュージアム ガロロマン時代のヴィラ ジャンヌーヴェルの建築 柱の彫刻

ペリグー市 ヴェスンナミュージアム ジャンヌーヴェルの建築 ガロロマン時代のヴィラ遺跡 剣闘士の脚の防具

こちらは剣闘士の脚の防具。生々しく、、

ペリグー市 ヴェスンナミュージアム ガロロマン時代のヴィラ遺跡 小さなヴィーナス像

小さめの家庭用ヴィーナス像。

ペリグー市 ヴェスンナミュージアム ガロロマン時代のヴィラ遺跡 ジャンヌーヴェルの建築 マルス像

中央は軍用のヘルメットを被ったマルス像。

ペリグー市 ガロロマン時代のヴィラ遺跡 ジャンヌーヴェルの建築 アポロン像

アポロン像です。キリスト教が入る前のフランスの地なのだ、と思っても違和感をぬぐえず、

ペリグー市 ジャンヌーヴェルの建築 ガロロマン時代のヴィラ遺跡 墓標 ラテン語

これは墓標なのですが、ラテン語で事細かく事情が書かれてあったりして、親戚関係がどうのこうのと、なんだか面白いです。

ペリグー市 ガロロマン時代のヴィラ遺跡 ヴェスンナミュージアム ジャンヌーヴェルの建築 ガラスの建築

外はペリグー市の古く新しい(?)街並み。

ヴェスンナミュージアム ペリグー市 ジャンヌーヴェルの建築 ガロロマン時代のヴィラ遺跡 入口の大木

この邸宅跡は新しいビルを建てようと地面を掘り起こしたところで発見されたそうです。1959年のこと、必然的に新ビル計画は白紙に。
ミュージアムのオープンは2003年、入口の丁寧に保存された大木です。

お読みいただきましてありがとうございます。ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です