名も無・・ある村の廃墟城

フランス南西部 城の廃墟 入り口

今夏の課題、フランス国内の「廃墟」を連日一人で巡っております。

フランス南西部 小さな村 教会脇の小道

フランス南西部地方にある小さな村、名も無き・・とは失礼な、ちゃんと名前を、
「モリエール村」
13世紀にイングランド人が作った城塞に囲まれた村です。(百年戦争前、この辺の地はフランス人とイングランド人がそれぞれの共同体を作り共に住んでいました。)

フランス南西部 城塞都市 アーケード

村中央には城塞都市の通路が残され、

フランス南西部 城の廃墟 立ち入り禁止

村の外れに14世紀の城の廃墟があるということで訪れましたが、中には入れず。

フランス南西部 城の廃墟 城壁 十字架

残る外壁、十字架。

フランス南西部 城の廃墟

村役場を訪ね、なんとか中に入れませんか?と。
「私有地なので昔から公開していないのです、今は外壁も脆く危険ですし、ごめんなさいね。」と。

フランス南西部 城の廃墟 外壁

フランス南西部 城の廃墟 内部 立ち入り禁止 崩壊

入口の鉄柵の中にカメラを押し込み撮影、中はほとんど崩壊しています。

フランス南西部 村の教会 天井は木組み

村中央の教会の天井は木組み。

フランス南西部 小さな村の教会 イエスと聖人の像

十字架から降ろされるシーンのイエス像ですね。

フランス南西部 小さな村の教会 ステンドグラス

フランス南西部 小さな村の教会 黄トラ猫が涼む

教会で涼んでいた黄トラ猫、外は35度超え、でも湿気は少なく苦痛ではありません。

フランス南西部 小さな城塞村 昔のガソリンスタンド

村の真ん中に面白いものを発見、古式ゆかしいガソリンスタンド。
当然役割は終え、オブジェとしてキレイに管理されていました。

フランス南西部 小さな村 昔のガソリンスタンド フランスフラン払い

フランスフラン払いでお願いします。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です