レオナールフジタのカメラ ライカ IIIf

レオナールフジタ展 マイヨール美術館 氏所有だったライカ

春前のパリの街はフジタ展のポスターで埋め尽くされました、→ Expo Foujita
レオナール・フジタ 藤田嗣治氏、1910~30年代のパリ画壇の寵児と言われた日本人画家の展覧会です。
先日 会場のMaillol 美術館に行き、そしていろんな意味でやられたー、とポーっとして帰ってまいりました。
絵画は大作も揃っております、ぜひ展示会場で実物を直接に、とおすすめいたします。

レオナールフジタのポートレート 猫と一緒

会場の巨大ポートレート、ブツッと切ってしまってごめんなさい。
(持っていくレンズを間違えました、)

会場を回りながら 半端じゃない洒落者 この言葉に尽きました。
あの時代(1910年代)に洋行して画家を目指す、設定がすでに次元違いですから。
ここまでキレたカッコよさ、モテたんだろうなあ・・
そして次々と現れる歴代の「彼女たち」の美女っぷり(絵、写真、動画)にも眩暈がしました。

レオナールフジタ所有だったライカ フジタ展 マイヨール美術館

展示されていたフジタ氏のカメラが気になりまして、
LEICA IIIf おそらくこちらだろうと。1950年からの製造です。
調べたらライカは20年代から今のコンデジに近い型のカメラを作っているのですね。
同時期に蛇腹カメラ Kinax babyなども存在していましたから、この辺の開発競争はどんな風だったのでしょう?(勉強します、、)

実は拝読している磯守航史郎氏のブログ http://phi-grid.com
こちらでこの Leica IIIf についての大変詳しいレポートを読むことが出来ます。実際に所有されていたそうです。

フジタ展 マイヨール美術館 猫1924年

・・・絵を一枚だけ、日本風の面影を見せる猫。

お読みいただきましてありがとうございます。
ブログランキングのリンクをクリックしていただけますと励みになります。

スポンサーリンク




4件のコメント

  1. めるもさま
    お返事いただきありがとうございます!
    パリの様子が眼に浮かび、朝から心が踊るようです…住まい兼アトリエは絵葉書だと道路側?が写っており地味ですが、実は反対側がとても可愛いお家(!)と伺っておりますので、また楽しみにしています

    恐らく先に東京で催されると思いますが、私はこちら 10月からの京都国立近代美術館に行く予定です
    http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2018/

    語学、必要に迫られないとなかなか習得は難しいですが いつかパリやランスへ行くことを目指して頑張ります…!

    1. ユリさま
      お返事ありがとうございます。
      これからもフランスの季節ごとの見どころを紹介していけたら、と思っております。
      ぜひご旅行の参考にしていただけましたら、幸いです。
      またこのブログに遊びにいらしてくださいませ。めるも
      (フランス語、難しいですよね。)

  2. 初めまして、こんにちは
    いつも素敵な景色や美味しそうなお料理 可愛いお嬢さんの写真など楽しみに拝見しております

    私はレオナール・フジタに憧れて 昨年フランス語の勉強を始めました
    今年は没後50年ということで日本でも大きな展覧会が企画されているようで嬉しいことです
    パリへは7/15までに駆けつけられそうにないので残念ですが情報ありがとうございます

    これからもブログ楽しみにしています

    1. ユリさま
      コメントをいただきましてありがとうございます。大変に嬉しいです。
      フジタ展は大盛況です。開催前の宣伝も華やかで、街角に駅にバスの側面にも
      あの丸眼鏡のフジタ氏のアップが載っているものですから不思議な光景にも見えました。
      この展示会が終わったら、フジタ氏の晩年の住まい兼アトリエにもうかがう予定です。
      (今は展示に貸し出されている絵画があるようです。)その時はまた書きますので、
      ぜひまたブログを見に来ていただけたら嬉しいです。
      外国語の習得は大変ですよね、フジタ氏は小学校からフランス語を習い始めたそうで。
      あの時代のパリでは日本人も少なかったでしょうし、でも交友関係も賑やかだったそうですから、きっとフランス語はきっちりと習得されていたのでしょうね。
      日本でも展示会が企画されているとのこと、これから作品がグルリと各地をまわるのでしょうか。

      話題は何でもあり、の稚拙なブログではありますが、また遊びに来ていただけましたら幸いです。めるも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です