アジアンカルチャー情報誌 KOÏ

北朝鮮特集

こちらはフランス国内におけるアジア文化を紹介する隔月刊誌 KOÏ コイです。
この11・12月号には北朝鮮特集が組まれています。

編集長はベトナム系のユーロアジアン、Julie Hamaïdeさん。
フランスに根付いたアジア系の人口は少なくないのに、記事になる文化活動は「旧正月」くらいしかなく、だから全てのアジア系コミュニティ、そしてアジアの文化に興味を持つフランスの人々のために作りました、とのこと。クラウドファンディングで資金を募り、2017年の9月に創刊されました。

かつてはインドシナ地域に植民地を持っていたフランス(その中の現在のベトナム・ラオス・カンボジアに相当 L’indochine française.)、なので現在のフランスにはこの国々からの移民がたくさん住んでいます。+その後も移住してくるアジア系住民もけっこうな勢いで増えているように感じます。

フランスの今現在のアジア系住民の人口数が・・出てこないんですけれど、それはフランスは出生地主義を取っているので、フランス国内で生まれた子供全員にフランス国籍が与えられること(たとえ両親が違法滞在の外国人であっても、)生まれると自動的に一人のフランス人とカウントされるので、血統主義的な統計はなかなか出せないとのこと。でも北アフリカ系フランス人(フランスの旧植民地にルーツ)よりはずっと少ないのでは、と思います。
移民、差別、宗教問題を語るのはとても難しいのでちょっとパスしますが、アジア系の住民はわりと目立たず静かに生活しているように感じます。自分もその一人ですけどね。

余談で、、インドシナって印度と中国に挟まれた場所ってこと? ずいぶん大雑把な言い方だよね、とフランス人の友人に言いましたら「え、とても的確な呼び方でしょ?」え? もし日本・台湾・両コリアが「中国の東端」とかまとめて呼ばれたらムッとしますけど。

コイ 雑誌の名前 日本の錦鯉から

KOÏ?何だろう? と思いましたら、日本の錦鯉から名付けたとのこと。
逆流を登る勇姿を見習って、というコンセプトだそうです。

アジアンカルチャー誌 コイ 11.12月号 目次

現号の目次です、フランスで活躍するアジア系住民のインタビュー、料理家、インスタグラマー、歌手、画家など、

アジアンカルチャー誌 11.12月号 北朝鮮滞在記 フランス人学生

表紙の北朝鮮特集ですが、フランス人学生グループがレポする北朝鮮滞在記、この写真のようなパンフレット的ツアーレポの他に、後で必ず語られるけして写真に残せなかった闇の部分、という構成で。

アジアンカルチャー誌 文化活動カレンダー フランス国内

フランス国内でのアジア関連の展覧会やイベント、映画の告知など、

アジアンカルチャー誌 コイ 写真特集 東京築地

写真特集は東京「築地」であります。

アジアンカルチャー誌 コイ one ok rock パリ公演の告知記事 

あら、かの有名な歌手のご夫婦のご子息、という前書きはもういらないでしょうか、フランスでのコンサート(12月)の告知記事などもありました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です