奇岩高原 (フランス中央高地)

monpellier le vieux 奇岩の連なる山

ちょっと時空を飛びますが、この8月に行った先史時代の巨石文化 メンヒルの里の旅の続きです。
フランス南部にある中央高地( Massif central ) の中にある奇岩の連なる高原地帯
Monpellier le vieux モンペリエ・ル・ヴュウに行って参りました。

monpellier le vieux 壁のように連なる奇岩 モンペリエルヴュウ

2億年前のこの辺は熱帯の海底で、サンゴなどの堆積物が固まって石灰岩を作っていったのですが、地殻変動によりピレネーやアルプスが盛り上がっていくと同時にこの辺りも地表に押し上げられました。石灰岩は柔らかいために水(河川など)に侵食されやすく、今現在はこんな状態に。(標高800m~1000m)

モンペリエルヴュウ monpellier le vieux 侵食された奇岩

モンペリエルヴュウ monpellier le vieux 蛙の形の奇岩

ある形に見える岩もあり、当然名前などもつくわけでして、これはいわずもがな。

モンペリエルヴュウ 鷲の形の奇岩 monpellier le vieux

これはライオンだったかしら、鷲だったかしら・・

monpellier le vieux モンペリエルヴュウ 侵食された奇岩

モンペリエルヴュウ 侵食された奇岩

ここ一帯はアヴェイロン県の管理公園としてハイキングコースも整備されています。アップダウンも少なく、コースの長さもレベル別に分かれているので気軽に歩けます。靴もスニーカー以上で大丈夫、ワンピースをたくし上げてワシワシと歩く私。

モンペリエルヴュウ 木の根が這うハイキングコース monpellier le vieux

でもこんなかんじの所もありますので。

monpellier le vieux モンペリエルヴュウ 奇岩

モンペリエルヴュウ 奇岩 monpellier le vieux

la grotte d'aven armand  アヴェンアルマン鍾乳洞窟 モンペリエルヴュウ

石灰岩といえば鍾乳洞窟、有名どころが複数個所ありますよ。
今回潜ったのは アヴェンアルマン鍾乳洞窟 地下100m、パリのノートルダム寺院がすっぽり入るほどの大空洞に数百本の鍾乳石の列柱が連なります。

モンペリエルヴュウ 奇岩の続く山脈 monpellier le vieux

monpellier le vieux モンペリエルヴュウ 奇岩の続く山

モンペリエルヴュウ 奇岩の続く山 monpellier le vieux


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です